中山競馬場特徴と傾向

最終更新日:

競馬場特徴 - 競馬場一覧に戻る

中山は高低差すごい!パワーとスタミナが必要な厳しいコースだ!

直線距離・他場比較図 / 天気

コース1周距離直線
芝・内回り1,667m310m
芝・外回り1,839m310m
ダート1,493m308m

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

中山競馬場の特徴や傾向について調べてみました。枠順データや脚質データ・人気データ・騎手データ・血統データ・などを毎週追加更新し、常に最新のデータを参考にコース分析をしています。

もくじ

中山競馬場の芝コース特徴

中山競馬場の特徴は何と言っても起伏の激しさ!高低差が大きく、パワーとスタミナのある馬で無ければ簡単には勝てないし、騎手にもペース配分の手腕が問われる。

2014年に馬場改修が行われて以降、あれほど悪かった水はけの問題が完璧に解消され、もはや「重馬場って何?」レベルで馬場は良くなった。

ゴールドシップやオルフェーヴルが、わりと印象的な勝ち方をしている事から、ステイゴールド系の産駒が人気を集めるが、馬場改修以降は普通にディープインパクト系の瞬発力タイプの活躍が目立つ。

芝コース高低差

内回り

中山競馬場-芝内-高低差
画像引用:JRA

中山競馬場の芝内回りコースは高低差5.3mとかなりの起伏があるコースとなっていて、1800m・2000m・2500mなどの距離ではその高低差をMAXに体感する事になる。

外回り

中山競馬場-芝外-高低差
画像引用:JRA

中山競馬場の芝外回りコースも高低差5.3mとかなりの起伏があるコースとなっているが、1200n・1600mなど短距離ではレース序盤から延々と下り坂が続き、スピードが出やすいが故にスタミナを消耗されやすい。

中山・芝1200m特徴

中山競馬場・芝1200mコース図

スプリンターズステークスオーシャンステークスの舞台となるコースで、最後の直線まで緩いカーブが続く感じのコースで、ジョッキー心理としては出来るだけインに入りたい。レース序盤が下り坂と言う事もあり、外からインを奪取する動きも見られ、外から被せられた内枠の馬が不利になるケースがわりと多い。
もっと詳しく見る

中山・芝1600m特徴

中山競馬場・芝1600mコース図

フェアリーステークスターコイズステークス京成杯オータムハンデキャップニュージーランドトロフィーダービー卿チャレンジトロフィーなど数多くの重賞の舞台となるコースで、スタートしてすぐにコーナーがあるため、先行力の無い内枠の馬は不利になりやすい。
もっと詳しく見る

中山・芝1800m特徴

中山競馬場・芝1800mコース図

中山記念中山牝馬ステークススプリングステークスフラワーカップなどの舞台となるコースで、スタートしてすぐに急激な坂を延々と駆け上がる事になり、スタミナの無い先行馬には相当厳しいコースと言える。
もっと詳しく見る

中山・芝2000m特徴

中山競馬場・芝2000mコース図

2歳王者を決めるホープフルステークスや、3歳3冠の1戦目皐月賞と、その前哨戦となるディープ記念をはじめ、京成杯中山金杯紫苑ステークスなどの舞台となるコースで、目一杯坂を登らされるため逃げ馬の成績は悪い。
もっと詳しく見る

中山・芝2200m特徴

中山競馬場・芝2200mコース図

アメリカジョッキークラブカップオールカマーセントライト記念などの舞台となるコースで、レース前半は坂を登り続ける事になるが、比較的長めの距離設定のためか、短距離戦のような激しい先行争いは普通は起きず。長いホームストレッチを使って淡々と馬群が形勢される事が殆どでわりと前が残る。
もっと詳しく見る

中山・芝2500m特徴

中山競馬場・芝2500mコース図

有馬記念日経賞などの舞台となるコースで、スタートしてすぐにコーナーになる事から外枠の馬は不利になりやすい。中外の馬がインに切れ込んで来るため、内枠は窮屈になる不利を受ける場合があり、先行力も重要。
もっと詳しく見る

中山・芝3600m特徴

中山競馬場・芝3600mコース図

ほぼステイヤーズステークス専用コースと言ってよく、逃げ切りや追い込みなど極端な競馬が決まりづらく、好位・中団でレースを進めた馬は上位に来やすく、コーナー8回もあるわりに外枠が極端な不利にならない。
もっと詳しく見る

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

中山競馬場の芝重賞一覧

年始の金杯、グランプリの有馬記念、締めのホープフルステークスと、JRAの競馬は中山に始まり中山に終わる。それに3歳クラシックの1冠目である皐月賞と、主要なレースが多い。

同じ中山競馬場のレースでも、距離・メンバーレベル・馬場の路面状況によって、全く傾向が異なります!G1や重賞を予想する場合には、個々のレース、個々のコースの特徴を細かく知っておくと馬券的に有利!以下に一覧表にしておくので、リンク先の解説記事を読んでみて!

レース名距離
中山金杯中山 芝2000m 特徴
フェアリーステークス中山 芝1600m 特徴
京成杯中山 芝2000m 特徴
AJCC中山 芝2200m 特徴
中山記念中山 芝1800m 特徴
オーシャンステークス中山 芝1200m 特徴
ディープインパクト記念中山 芝2000m 特徴
中山牝馬ステークス中山 芝1800m 特徴
フラワーカップ中山 芝1800m 特徴
スプリングステークス中山 芝1800m 特徴
日経賞中山 芝2500m 特徴
ダービー卿チャレンジトロフィー中山 芝1600m 特徴
ニュージーランドトロフィー中山 芝1600m 特徴
皐月賞中山 芝2000m 特徴
紫苑ステークス中山 芝2000m 特徴
京成杯オータムハンデ中山 芝1600m 特徴
セントライト記念中山 芝2200m 特徴
オールカマー中山 芝2200m 特徴
スプリンターズステークス中山 芝1200m 特徴
ステイヤーズステークス中山 芝3600m 特徴
ターコイズステークス中山 芝1600m 特徴
有馬記念中山 芝2500m 特徴
ホープフルステークス中山 芝2000m 特徴

もし、探しているレースが上記リストに無い場合は、うまめし競馬ブログにアクセスして、検索して探してみてください。

中山競馬場の芝血統データ

2022年3月以降の全レースを対象に、種牡馬名を馬券に絡んだ回数の多い順に並べています。上位種牡馬の血統的共通点や特徴を見極めるのがポイントです。

種牡馬名馬券圏内数
ディープインパクト33
ロードカナロア28
ドゥラメンテ27
ハービンジャー26
モーリス24
シルバーステート23
ゴールドシップ21
ハーツクライ19
エピファネイア18
ルーラーシップ16
キズナ16
スクリーンヒーロー14
オルフェーヴル13
キタサンブラック12
ダイワメジャー11
ヴィクトワールピサ9
ジャスタウェイ9
リオンディーズ7
ドレフォン7
ミッキーアイル6
ワールドエース5
ブラックタイド5
ディープブリランテ5
リアルインパクト4
キンシャサノキセキ4
キングカメハメハ4
イスラボニータ4
ノヴェリスト3
ホッコータルマエ2
エイシンフラッシュ2
アイルハヴアナザー2
メイショウサムソン1
マクフィ1
ステイゴールド1
ザファクター1
ゴールドアリュール1
アドマイヤムーン1

中山競馬場の開幕週特徴

JRAの競馬開催は大体8日間が1括りになっていて、開催1日目2日目の土日を「開幕週」と呼びます。開催期間中もっとも芝の状態が良い事から、競馬ファンの間では「開幕週は内枠先行が有利!」なんて言われますが、本当かどうか知りたくて、実際に馬券に絡んだ馬を集計した結果が以下の表です。

日付12345678
2022年03回01日目02021201
2022年03回02日目01243000
2022年03回03日目11032010
2022年03回04日目11210023
2022年03回05日目11110220
2022年03回06日目00012124
2022年03回07日目00112013
2022年03回08日目10002232

表を見る限りでは、開幕週にあたる1日目2日目も特に内枠の馬が特別に優秀な成績であるように思えません。

とは言え、上記の表は連続開催の時なので、厳密には開幕週とは言えないでしょうから、過去数年の「連続開催ではない開幕週」をチェックしてみましたが、内枠は別に悪くも無ければ良くも無い…って感じでした。

一般的に開幕週は芝の状態が良好なため逃げ馬先行馬に有利と言われていますが、中山競馬場の場合は夏競馬が終わった9月の開催の開幕週は逃げ馬の成績がメッチャ良いです。

3日目以降からは逃げ馬成績は下がる一方なので、狙いめは9月の開幕週!

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

中山競馬場の夏競馬特徴

中山は4月の開催を終えると、次は9月なので、夏競馬シーズンに開催される事はありません。(他の競馬場の工事・被災などでかなり変則開催になった場合はこの限りでは無いかもだけど)

さっきも言ったように夏競馬の間しっかりと芝が育成され、9月の開幕週の逃げ馬勝率はかなり高いので、そのタイミングは逃げ馬を積極的に狙ってみよう!

夏競馬全体の特徴や傾向については夏競馬荒れる理由【当たらない】に書いたから読んでみて!

中山競馬場のダートコース特徴

※ダートとは地面が砂で出来たレースコースの事を言います。

中山競馬場のダートコースは芝と違ってバリエーションが1200mと1800mの2種類しか無い。どちらの距離でも中山ダートは逃げ・先行馬が圧倒的に有利で、データを確認した限りでは若干内枠の成績が良い。

ダートコース高低差

中山競馬場-ダート-高低差
画像引用:JRA

中山競馬場のダートコースは高低差4.5mとかなりの起伏があるコースとなっていて、ゴール前100mでほぼ平坦になる芝とは違い、レース残り200mはずっと上り坂が続く最後までパワーとスタミナが必要なコース。

中山・ダート1200m特徴

中山競馬場・ダート1200mコース図

カペラステークスの舞台となるコースで、スタートが芝でスピードが出やすい上にバックストレッチは急激な下り坂となっていてハイペースになりやすい。そのためインの馬はオーバーペースになりやすく、外枠からマイペースに競馬できる馬が有利になりやすい傾向がある。
もっと詳しく見る

中山・ダート1800m特徴

中山競馬場・ダート1800mコース図

マーチステークスの舞台となるコースで、ただでさえ力のいるダートコースなのに、中山のダート1800mコースはレース序盤に強烈な上り坂を登り続け、最後の直線でもゴール200m手前から上りが続く。とにかくパワーとスタミナが無ければ勝てないコース。
もっと詳しく見る

中山競馬場のダート重賞一覧

同じ中山競馬場のレースでも、距離・メンバーレベル・馬場の路面状況によって、全く傾向が異なります!ダートの主要なレースを以下に一覧表にしておくので、リンク先の解説記事を読んでみてください!

レース名距離
カペラステークス中山 ダート1200m 特徴
マーチステークス中山 ダート1800m 特徴

探しているレースが上記リストに無い場合は、うまめし競馬ブログにアクセスして、検索して探してみてください。

中山競馬場のダート血統データ

2022年3月以降の全レースを対象に、種牡馬名を馬券に絡んだ回数の多い順に並べています。上位種牡馬の血統的共通点や特徴を見極めるのがポイントです。

種牡馬名馬券圏内数
ヘニーヒューズ35
ドレフォン22
ホッコータルマエ20
キンシャサノキセキ20
アジアエクスプレス17
ロードカナロア16
リオンディーズ15
ミッキーアイル14
イスラボニータ13
ルーラーシップ12
ダンカーク12
ジャスタウェイ11
エスポワールシチー11
パイロ9
スクリーンヒーロー9
クロフネ8
キズナ8
エピファネイア8
ハーツクライ7
ドゥラメンテ7
キングカメハメハ7
ヴィクトワールピサ5
マクフィ5
ディープブリランテ5
ダイワメジャー5
ザファクター5
サウスヴィグラス5
ゴールドシップ5
オルフェーヴル5
モーリス4
シルバーステート4
ゴールドアリュール4
キタサンブラック4
アイルハヴアナザー4
リアルインパクト3
ブラックタイド3
ハービンジャー3
ディープインパクト2
エイシンフラッシュ2
ワールドエース1
メイショウサムソン1

中山競馬場の障害コース特徴

中山競馬場コース図
画像引用:JRA

中山競馬場の障害コースは日本国内では唯一G1が開催されるコースで、障害のバリエーションも坂路・竹柵・水ごう・いけ垣と多く、その1つ1つも馬に対する負荷はかなり大きく、かなりのガチコース!パワーとスタミナが要求されるコースなので、逃げ・追い込みは苦戦傾向。→もっと詳しく見る

中山競馬場の人気傾向

中山競馬場・芝コースの人気傾向

2023年1回開催以降、中山競馬場・芝コースの人気別成績データを見てみると…

単勝1番人気の成績は(24-17-11/85)で、勝率は28パーセント・連対率は48パーセント・複勝率は61パーセントとなっています。

単勝1番人気の勝率はJRA全体の平均よりも低く、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は61パーセント程度だと考えられます。

単勝2番人気の成績は(21-12-9/85)で、勝率は24パーセント・連対率は38パーセント・複勝率は49パーセントとなっています。

単勝2番人気の勝率はJRA全体の平均よりも高く、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は96パーセント程度だと考えられます。

単勝3番人気の成績は(10-11-12/85)で、勝率は11パーセント・連対率は24パーセント・複勝率は38パーセントとなっています。

単勝3番人気の勝率はJRA全体の平均とほぼ同じで、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は67パーセント程度だと考えられます。

単勝4番人気の成績は(8-9-11/85)で、勝率は9パーセント・連対率は20パーセント・複勝率は32パーセントとなっています。

単勝4番人気の勝率はJRA全体の平均とほぼ同じで、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は80パーセント程度だと考えられます。

単勝5番人気の成績は(5-11-14/85)で、勝率は5パーセント・連対率は18パーセント・複勝率は35パーセントとなっています。

単勝5番人気の勝率はJRA全体の平均よりも低く、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は57パーセント程度だと考えられます。

単勝6番人気の成績は(5-5-10/85)で、勝率は5パーセント・連対率は11パーセント・複勝率は23パーセントとなっています。

単勝6番人気の勝率はJRA全体の平均とほぼ同じで、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は80パーセント程度だと考えられます。

下位人気のデータも見るには【ここ】を押してね

単勝7番人気の成績は(4-7-6/85)で、勝率は4パーセント・連対率は12パーセント・複勝率は20パーセントとなっています。

単勝8番人気の成績は(2-4-5/85)で、勝率は2パーセント・連対率は7パーセント・複勝率は12パーセントとなっています。

単勝9番人気の成績は(2-3-2/84)で、勝率は2パーセント・連対率は5パーセント・複勝率は8パーセントとなっています。

単勝10番人気の成績は(2-2-2/77)で、勝率は2パーセント・連対率は5パーセント・複勝率は7パーセントとなっています。

単勝11番人気の成績は(1-0-1/73)で、勝率は1パーセント・連対率は1パーセント・複勝率は2パーセントとなっています。

単勝12番人気の成績は(0-2-1/63)で、勝率は0パーセント・連対率は3パーセント・複勝率は4パーセントとなっています。

単勝13番人気の成績は(1-1-0/56)で、勝率は1パーセント・連対率は3パーセント・複勝率は3パーセントとなっています。

単勝14番人気の成績は(0-0-0/50)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

単勝15番人気の成績は(0-1-0/43)で、勝率は0パーセント・連対率は2パーセント・複勝率は2パーセントとなっています。

単勝16番人気の成績は(0-0-0/40)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

単勝17番人気の成績は(0-0-1/14)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は7パーセントとなっています。

単勝18番人気の成績は(0-0-0/5)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

中山競馬場・ダートコースの人気傾向

2023年1回開催以降、中山競馬場・ダートコースの人気別成績データを見てみると…

単勝1番人気の成績は(38-30-12/125)で、勝率は30パーセント・連対率は54パーセント・複勝率は64パーセントとなっています。

単勝1番人気の勝率はJRA全体の平均よりも低く、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は66パーセント程度だと考えられます。

単勝2番人気の成績は(23-23-17/125)で、勝率は18パーセント・連対率は36パーセント・複勝率は50パーセントとなっています。

単勝2番人気の勝率はJRA全体の平均とほぼ同じで、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は72パーセント程度だと考えられます。

単勝3番人気の成績は(19-25-16/125)で、勝率は15パーセント・連対率は35パーセント・複勝率は48パーセントとなっています。

単勝3番人気の勝率はJRA全体の平均とほぼ同じで、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は91パーセント程度だと考えられます。

単勝4番人気の成績は(14-8-14/125)で、勝率は11パーセント・連対率は17パーセント・複勝率は28パーセントとなっています。

単勝4番人気の勝率はJRA全体の平均よりも高く、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は97パーセント程度だと考えられます。

単勝5番人気の成績は(7-14-8/125)で、勝率は5パーセント・連対率は16パーセント・複勝率は23パーセントとなっています。

単勝5番人気の勝率はJRA全体の平均よりも低く、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は57パーセント程度だと考えられます。

単勝6番人気の成績は(2-7-15/125)で、勝率は1パーセント・連対率は7パーセント・複勝率は19パーセントとなっています。

単勝6番人気の勝率はJRA全体の平均よりも低く、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は16パーセント程度だと考えられます。

下位人気のデータも見るには【ここ】を押してね

単勝7番人気の成績は(7-2-9/125)で、勝率は5パーセント・連対率は7パーセント・複勝率は14パーセントとなっています。

単勝8番人気の成績は(6-3-11/125)で、勝率は4パーセント・連対率は7パーセント・複勝率は16パーセントとなっています。

単勝9番人気の成績は(4-4-7/125)で、勝率は3パーセント・連対率は6パーセント・複勝率は12パーセントとなっています。

単勝10番人気の成績は(2-4-3/125)で、勝率は1パーセント・連対率は4パーセント・複勝率は7パーセントとなっています。

単勝11番人気の成績は(1-1-6/125)で、勝率は0パーセント・連対率は1パーセント・複勝率は6パーセントとなっています。

単勝12番人気の成績は(0-2-1/122)で、勝率は0パーセント・連対率は1パーセント・複勝率は2パーセントとなっています。

単勝13番人気の成績は(1-2-2/117)で、勝率は0パーセント・連対率は2パーセント・複勝率は4パーセントとなっています。

単勝14番人気の成績は(0-0-1/111)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

単勝15番人気の成績は(1-0-2/107)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は2パーセントとなっています。

単勝16番人気の成績は(0-0-1/94)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は1パーセントとなっています。

単勝17番人気の成績は(0-0-0/0)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

単勝18番人気の成績は(0-0-0/0)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

中山競馬場のクラス別人気傾向

中山競馬場に限らずJRAでは未勝利→1勝クラス…と成績によってクラス分けされてレースが行われますが、実はクラスによって1番人気の勝率は結構違います。

中山競馬場-クラス別1番人気勝率グラフ

上記のグラフは各クラスの単勝1番人気勝率を表したものですが、条件〜オープン特別だと大体どのクラスでも大きな差では無いですが、G1以外の重賞では高配当狙いの方が正解かも。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

中山競馬場の枠順傾向

多くの人が知りたいのは過去◯年…とかじゃなくて、今まさにどこの枠がホットなのか!?では無いでしょうか。今まさに中山競馬場の馬場の傾向はどうなのか?以下をごらんください。

最近の枠番別連対数(芝)

日付12345678
23年02回04日10230211
23年02回05日12102220
23年02回06日02221111
23年02回07日12011023
23年02回08日01102222
23年03回01日02101310
23年03回02日22111111

ダートコースについては各コースごとのページを参考にしてね!

中山競馬場の脚質傾向

中山競馬場の脚質の傾向ですが、全てのレースを理解する上で最も重要なのは逃げ馬です。なぜなら逃げ馬が誰にも1頭も抜かされなければ、逃げ馬がそのまま1着になるからです。

以下は中山クラス別の逃げ馬勝率です

中山競馬場-クラス別逃げ馬勝率グラフ

2勝クラスでは逃げ馬の苦戦が目立ちます。しかし、他のクラスでは大体どのクラスでも同水準の勝率をキープしてますね。

中山競馬場-距離別逃げ馬勝率グラフ

逃げ馬の成績を距離別に集計したのが上記のグラフですが、距離の長さは逃げ切りにあまり関係なく、スタート直後に坂を登らないといけない2000mが極端に勝率が下がっています。2200mもほぼスタートラインは同じですが、距離が伸びるぶんペースが落ち着くのか、もしくは少頭数のレースが多く、競走自体が少ないのでデータ自体がそれほど信頼できないのかも知れない。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

中山競馬場の騎手傾向

2022年3月以降の全レースを対象に、種牡馬名を馬券に絡んだ回数の多い順に並べています。上位種牡馬の血統的共通点や特徴を見極めるのがポイントです。

2023年1回開催以降、中山競馬場・芝コースの騎手別成績データを見てみると…

川田 将雅騎手の成績は(1-1-0/4)で、勝率は25パーセント・連対率は50パーセント・複勝率は50パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は4回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先2・差0・追0となっています。

C.ルメール騎手の成績は(6-3-4/30)で、勝率は20パーセント・連対率は30パーセント・複勝率は43パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は25回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃2・先7・差4・追0となっています。

横山 武史騎手の成績は(12-7-2/62)で、勝率は19パーセント・連対率は30パーセント・複勝率は33パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は32回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃2・先11・差5・追3となっています。

戸崎 圭太騎手の成績は(9-4-1/53)で、勝率は16パーセント・連対率は24パーセント・複勝率は26パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は25回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先10・差3・追1となっています。

岩田 望来騎手の成績は(0-0-1/3)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は33パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は0回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先1・差0・追0となっています。

坂井 瑠星騎手の成績は(0-0-0/3)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は0回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差0・追0となっています。

B.ムルザバエフ騎手の成績は(1-1-1/8)で、勝率は12パーセント・連対率は25パーセント・複勝率は37パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は5回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差3・追0となっています。

武 豊騎手の成績は(0-0-2/6)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は33パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は1回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃1・先0・差1・追0となっています。

松山 弘平騎手の成績は(2-2-0/8)で、勝率は25パーセント・連対率は50パーセント・複勝率は50パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は4回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃1・先1・差2・追0となっています。

西村 淳也騎手の成績は(1-0-1/10)で、勝率は10パーセント・連対率は10パーセント・複勝率は20パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は2回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃1・先1・差0・追0となっています。

幸 英明騎手の成績は(0-0-0/5)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は1回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差0・追0となっています。

田辺 裕信騎手の成績は(7-11-5/50)で、勝率は14パーセント・連対率は36パーセント・複勝率は46パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は18回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃2・先7・差11・追3となっています。

横山 和生騎手の成績は(6-5-0/43)で、勝率は13パーセント・連対率は25パーセント・複勝率は25パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は16回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃2・先7・差1・追1となっています。

浜中 俊騎手の成績は(0-1-0/1)で、勝率は0パーセント・連対率は100パーセント・複勝率は100パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は0回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差1・追0となっています。

今村 聖奈騎手の成績は(0-0-0/2)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は0回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差0・追0となっています。

鮫島 克駿騎手の成績は(0-0-0/2)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は0回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差0・追0となっています。

岩田 康誠騎手の成績は(1-1-0/10)で、勝率は10パーセント・連対率は20パーセント・複勝率は20パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は1回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先2・差0・追0となっています。

津村 明秀騎手の成績は(4-3-6/43)で、勝率は9パーセント・連対率は16パーセント・複勝率は30パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は6回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃1・先3・差6・追3となっています。

松若 風馬騎手の成績は(0-0-1/1)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は100パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は1回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃1・先0・差0・追0となっています。

T.バシュロ騎手の成績は(3-4-7/31)で、勝率は9パーセント・連対率は22パーセント・複勝率は45パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は14回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃2・先8・差3・追1となっています。

菅原 明良騎手の成績は(3-4-6/58)で、勝率は5パーセント・連対率は12パーセント・複勝率は22パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は8回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先7・差6・追0となっています。

M.デムーロ騎手の成績は(3-3-5/34)で、勝率は8パーセント・連対率は17パーセント・複勝率は32パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は19回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃2・先8・差0・追1となっています。

三浦 皇成騎手の成績は(1-4-6/42)で、勝率は2パーセント・連対率は11パーセント・複勝率は26パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は12回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃4・先5・差1・追1となっています。

吉田 隼人騎手の成績は(0-0-1/6)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は16パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は3回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先1・差0・追0となっています。

団野 大成騎手の成績は(0-0-0/2)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は0回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差0・追0となっています。

横山 典弘騎手の成績は(0-1-0/4)で、勝率は0パーセント・連対率は25パーセント・複勝率は25パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は2回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先1・差0・追0となっています。

丹内 祐次騎手の成績は(1-0-2/37)で、勝率は2パーセント・連対率は2パーセント・複勝率は8パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は4回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃1・先1・差1・追0となっています。

角田 大河騎手の成績は(0-0-1/1)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は100パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は0回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差0・追1となっています。

永野 猛蔵騎手の成績は(2-4-2/40)で、勝率は5パーセント・連対率は15パーセント・複勝率は20パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は7回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先6・差2・追0となっています。

内田 博幸騎手の成績は(1-0-6/26)で、勝率は3パーセント・連対率は3パーセント・複勝率は26パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は3回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃1・先3・差1・追2となっています。

大野 拓弥騎手の成績は(4-3-2/38)で、勝率は10パーセント・連対率は18パーセント・複勝率は23パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は8回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先6・差3・追0となっています。

古川 奈穂騎手の成績は(0-0-1/1)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は100パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は0回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差1・追0となっています。

ダート

2022年3月以降の全レースを対象に、種牡馬名を馬券に絡んだ回数の多い順に並べています。上位種牡馬の血統的共通点や特徴を見極めるのがポイントです。

2023年1回開催以降、中山競馬場・ダートコースの騎手別成績データを見てみると…

川田 将雅騎手の成績は(2-1-0/4)で、勝率は50パーセント・連対率は75パーセント・複勝率は75パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は4回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先3・差0・追0となっています。

C.ルメール騎手の成績は(4-8-1/35)で、勝率は11パーセント・連対率は34パーセント・複勝率は37パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は24回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃2・先9・差2・追0となっています。

横山 武史騎手の成績は(17-7-9/73)で、勝率は23パーセント・連対率は32パーセント・複勝率は45パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は47回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃6・先19・差6・追2となっています。

戸崎 圭太騎手の成績は(7-9-4/54)で、勝率は12パーセント・連対率は29パーセント・複勝率は37パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は38回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃2・先16・差2・追0となっています。

岩田 望来騎手の成績は(0-0-0/2)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は1回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差0・追0となっています。

坂井 瑠星騎手の成績は(1-0-1/4)で、勝率は25パーセント・連対率は25パーセント・複勝率は50パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は2回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先1・差0・追1となっています。

B.ムルザバエフ騎手の成績は(1-1-1/7)で、勝率は14パーセント・連対率は28パーセント・複勝率は42パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は4回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃1・先1・差1・追0となっています。

武 豊騎手の成績は(1-2-2/8)で、勝率は12パーセント・連対率は37パーセント・複勝率は62パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は5回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃1・先3・差0・追1となっています。

松山 弘平騎手の成績は(0-0-0/12)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は4回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差0・追0となっています。

西村 淳也騎手の成績は(0-0-0/9)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は0回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差0・追0となっています。

幸 英明騎手の成績は(0-0-0/4)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は2回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差0・追0となっています。

田辺 裕信騎手の成績は(7-7-4/61)で、勝率は11パーセント・連対率は22パーセント・複勝率は29パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は27回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃4・先8・差4・追2となっています。

横山 和生騎手の成績は(5-4-7/36)で、勝率は13パーセント・連対率は25パーセント・複勝率は44パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は16回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃4・先6・差5・追1となっています。

浜中 俊騎手の成績は(0-0-0/1)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は0回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差0・追0となっています。

今村 聖奈騎手の成績は(0-1-0/1)で、勝率は0パーセント・連対率は100パーセント・複勝率は100パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は0回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差0・追1となっています。

鮫島 克駿騎手の成績は(0-0-0/1)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は0回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差0・追0となっています。

岩田 康誠騎手の成績は(1-0-0/6)で、勝率は16パーセント・連対率は16パーセント・複勝率は16パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は1回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差1・追0となっています。

津村 明秀騎手の成績は(10-7-6/64)で、勝率は15パーセント・連対率は26パーセント・複勝率は35パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は16回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃5・先14・差3・追1となっています。

T.バシュロ騎手の成績は(5-11-2/41)で、勝率は12パーセント・連対率は39パーセント・複勝率は43パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は23回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先15・差3・追0となっています。

菅原 明良騎手の成績は(4-6-6/65)で、勝率は6パーセント・連対率は15パーセント・複勝率は24パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は16回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃4・先7・差4・追1となっています。

M.デムーロ騎手の成績は(7-2-3/27)で、勝率は25パーセント・連対率は33パーセント・複勝率は44パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は11回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃2・先4・差6・追0となっています。

三浦 皇成騎手の成績は(4-7-4/55)で、勝率は7パーセント・連対率は20パーセント・複勝率は27パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は17回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃8・先4・差1・追2となっています。

吉田 隼人騎手の成績は(0-0-0/8)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は2回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先0・差0・追0となっています。

横山 典弘騎手の成績は(0-1-0/3)で、勝率は0パーセント・連対率は33パーセント・複勝率は33パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は1回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃1・先0・差0・追0となっています。

丹内 祐次騎手の成績は(2-2-3/42)で、勝率は4パーセント・連対率は9パーセント・複勝率は16パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は4回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃3・先3・差1・追0となっています。

永野 猛蔵騎手の成績は(3-3-3/84)で、勝率は3パーセント・連対率は7パーセント・複勝率は10パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は9回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃3・先4・差2・追0となっています。

内田 博幸騎手の成績は(2-2-5/67)で、勝率は2パーセント・連対率は5パーセント・複勝率は13パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は8回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃0・先8・差1・追0となっています。

大野 拓弥騎手の成績は(3-4-5/61)で、勝率は4パーセント・連対率は11パーセント・複勝率は19パーセントとなっています。上位人気馬への騎乗回数を調べてみると、1番人気~3番人気への騎乗回数は7回でした。馬券に絡んだレースで脚質タイプの内訳を見てみると逃3・先4・差2・追3となっています。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

サイトメニュー

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴と傾向
│ └地方競馬特徴・攻略・傾向・勝ち方のコツ・必勝法
うまめし競馬ブログ
重賞過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ