中山競馬場芝1800m
特徴と傾向

最終更新日:

YouTubeで登録者数3万人のうまめし競馬チャンネルを運営しているうまめし君です!

中山・芝1800メートルの特徴や傾向について調べてみました。枠順データや脚質データ・人気データ・騎手データ・血統データ・などを毎週追加更新し、常に最新のデータを参考にコース分析をしています。

もくじ

競馬場特徴の一覧に戻る
札幌 函館 福島 新潟 東京 中山 中京 京都 阪神 小倉 地方 海外

中山芝1800m 重賞・OP

中山芝1800m 枠順・脚質

脚質とは?

2023年1回開催以降、中山競馬場の芝1800メートルコースの枠順別の脚質成績データを見てみると…

1枠の成績は(1着3回・2着9回・3着4回・着外45回)で、勝率は4パーセント・連対率は19パーセント・複勝率は26パーセントとなっています。

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:14%先行:40%差し:27%追込:12%となっております。

2枠の成績は(1着8回・2着3回・3着9回・着外44回)で、勝率は12パーセント・連対率は17パーセント・複勝率は31パーセントとなっています。好枠 逃げ警戒 道悪実績

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:40%先行:52%差し:16%追込:20%となっております。

3枠の成績は(1着1回・2着3回・3着10回・着外54回)で、勝率は1パーセント・連対率は5パーセント・複勝率は20パーセントとなっています。 逃げ警戒

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:75%先行:20%差し:16%追込:14%となっております。

4枠の成績は(1着7回・2着5回・3着7回・着外53回)で、勝率は9パーセント・連対率は16パーセント・複勝率は26パーセントとなっています。好枠 逃げ警戒 道悪実績

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:42%先行:41%差し:16%追込:5%となっております。

5枠の成績は(1着6回・2着7回・3着4回・着外57回)で、勝率は8パーセント・連対率は17パーセント・複勝率は22パーセントとなっています。好枠

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:37%先行:19%差し:32%追込:6%となっております。

6枠の成績は(1着7回・2着4回・3着5回・着外62回)で、勝率は8パーセント・連対率は14パーセント・複勝率は20パーセントとなっています。好枠 逃げ警戒 道悪実績

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:50%先行:29%差し:11%追込:4%となっております。

7枠の成績は(1着7回・2着8回・3着4回・着外66回)で、勝率は8パーセント・連対率は17パーセント・複勝率は22パーセントとなっています。好枠 逃げ警戒 道悪実績

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:100%先行:41%差し:17%追込:3%となっております。

8枠の成績は(1着6回・2着6回・3着2回・着外75回)で、勝率は6パーセント・連対率は13パーセント・複勝率は15パーセントとなっています。 道悪実績

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:20%先行:25%差し:10%追込:8%となっております。

下の表は枠を考慮しない脚質成績

逃げ先行差し追込
勝 率15%10%5%1%
連対率33%21%10%3%
複勝率40%33%14%7%

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

中山芝1800m コース分析

中山競馬場の芝1800mコースは中山記念・中山牝馬ステークス・フラワーカップ・スプリングステークスなどの重賞が行われるコースです。中山競馬場の芝1800mコースの特徴を分析して、競馬予想に役立つ傾向を考察していきたいと思います。

中山競馬場 芝1800mコース図

中山競馬場の芝1800mコースはホームストレッチの真ん中あたりからスタートして、馬場を1周するコースレイアウトになっています。最初のコーナーまでの距離が205mしか無いため多頭数の外枠馬や、先行力の無い内枠馬には厳しい条件ですね。

以下のドット絵で騎手の目線で千八と二千のコースを比較してみると、外枠の先行しづらさが感覚的に見えてくるかと思います。

中山芝1800後方視点 中山芝2000後方視点

こういう若干クセのあるコースなので、やっぱり統計的に見ても外枠馬の成績は芳しくありませんが、それでも重賞が4つも行われるわけです。

1600mコースはスタートして最初のコーナーまでが違いって事が最近は知られて来たように思いますが、実はコーナーへの進入角度やRのきつさなどから考えても、この中山芝1800mの方がもっと厳しい特徴を持っていると言えそうです。

中山1800全体 1番人気勝率
枠番号12345678
勝率42%28%40%27%30%30%23%25%

ただ、重賞に限っていうと実は意外と外枠(この場合は6枠から8枠)の馬も結構高い頻度で馬券に絡んでいます。唯一フラワーカップだけは若干他の重賞と比べると8枠の出現率が低いようですが、3歳牝馬限定戦なので能力上位と下位の格差が大きいのが原因だと思います。

つまり、牡馬や古馬の重賞だと外枠からでもねじ伏せる、または内枠同士が潰しあうようなメンバーが揃いやすいけれど、若い牝馬限定だとそういう状況が発生しづらいという事ですね。しかし、馬券には絡めても勝ちきるまでとなると、やはり8枠では厳しい場合が多いようです。

中山1800重賞 1番人気勝率
枠番号12345678
勝率50%25%41%30%28%37%25%14%

上記の事を踏まえると、競馬ファンがもっとも勝利に近いと考える単勝1番人気の馬ですらこの差ですから、下位人気の馬で外枠はかなり苦戦しているという事が言えます。

ただ枠番別の勝率は確かに外枠が劣勢で不利に見えるのですが、これが18頭立ての8枠と8頭立ての8枠とでは意味が全然違ったものになります。むしろ少頭数の外枠は動きやすい分有利な場合もありますからね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

中山芝1800m 人気傾向

2023年1回開催以降、中山競馬場の芝1800メートルコースの人気別成績データを見てみると…

1番人気の成績は(1着11回・2着8回・3着8回・着外18回)で、勝率は24パーセント・連対率は42パーセント・複勝率は60パーセントとなっています。

単勝1番人気の勝率はJRA全体の平均よりも低く、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は52パーセント程度だと考えられます。

2番人気の成績は(1着10回・2着10回・3着5回・着外20回)で、勝率は22パーセント・連対率は44パーセント・複勝率は55パーセントとなっています。

単勝2番人気の勝率はJRA全体の平均とほぼ同じで、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は88パーセント程度だと考えられます。

3番人気の成績は(1着7回・2着7回・3着5回・着外26回)で、勝率は15パーセント・連対率は31パーセント・複勝率は42パーセントとなっています。

単勝3番人気の勝率はJRA全体の平均とほぼ同じで、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は91パーセント程度だと考えられます。

4番人気の成績は(1着6回・2着2回・3着9回・着外28回)で、勝率は13パーセント・連対率は17パーセント・複勝率は37パーセントとなっています。

単勝4番人気の勝率はJRA全体の平均よりも高く、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は115パーセント程度だと考えられます。

5番人気の成績は(1着3回・2着4回・3着5回・着外33回)で、勝率は6パーセント・連対率は15パーセント・複勝率は26パーセントとなっています。

単勝5番人気の勝率はJRA全体の平均よりも低く、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は68パーセント程度だと考えられます。

6番人気の成績は(1着4回・2着1回・3着7回・着外33回)で、勝率は8パーセント・連対率は11パーセント・複勝率は26パーセントとなっています。

単勝6番人気の勝率はJRA全体の平均よりも高く、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は128パーセント程度だと考えられます。

下位人気のデータも見るには【ここ】を押してね

7番人気の成績は(1着3回・2着3回・3着2回・着外37回)で、勝率は6パーセント・連対率は13パーセント・複勝率は17パーセントとなっています。

8番人気の成績は(1着1回・2着6回・3着1回・着外37回)で、勝率は2パーセント・連対率は15パーセント・複勝率は17パーセントとなっています。

9番人気の成績は(1着0回・2着2回・3着2回・着外40回)で、勝率は0パーセント・連対率は4パーセント・複勝率は9パーセントとなっています。

10番人気の成績は(1着0回・2着2回・3着1回・着外36回)で、勝率は0パーセント・連対率は5パーセント・複勝率は7パーセントとなっています。

11番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外33回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

12番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外29回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

13番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外27回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

14番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外23回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

15番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外19回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

16番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外16回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

17番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外0回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

18番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外0回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

中山芝1800m 騎手傾向

2023年1回開催以降、中山競馬場の芝1800メートルコースの騎手別成績データを見てみると…

C.ルメール騎手の成績は7-2-3-7で、1~4番人気での成績は7-2-3-7で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-0でした。

坂井 瑠星騎手の成績は1-0-1-4で、1~4番人気での成績は1-0-1-3で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

川田 将雅騎手の成績は0-1-0-1で、1~4番人気での成績は0-1-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-0でした。

横山 武史騎手の成績は7-3-4-11で、1~4番人気での成績は7-2-3-6で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-1-5でした。

松山 弘平騎手の成績は1-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-2で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-0-0でした。

武 豊騎手の成績は0-0-1-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-2でした。

西村 淳也騎手の成績は0-0-1-6で、1~4番人気での成績は0-0-1-4で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

戸崎 圭太騎手の成績は6-3-4-15で、1~4番人気での成績は5-3-2-11で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-2-4でした。

岩田 望来騎手の成績は0-0-1-1で、1~4番人気での成績は0-0-1-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

田口 貫太騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

丹内 祐次騎手の成績は2-0-1-20で、1~4番人気での成績は1-0-1-3で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-0-17でした。

横山 和生騎手の成績は2-3-1-14で、1~4番人気での成績は2-1-1-5で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-2-0-9でした。

小林 勝太騎手の成績は0-0-0-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-4でした。

田辺 裕信騎手の成績は0-4-1-19で、1~4番人気での成績は0-3-0-3で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-1-16でした。

津村 明秀騎手の成績は3-1-4-16で、1~4番人気での成績は3-0-1-4で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-3-12でした。

R.キング騎手の成績は0-2-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-2で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-2-0-1でした。

藤岡 佑介騎手の成績は1-0-0-0で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-0-0でした。

浜中 俊騎手の成績は1-1-0-0で、1~4番人気での成績は1-1-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-0でした。

和田 竜二騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

原 優介騎手の成績は1-1-0-16で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-1-0-16でした。

菅原 明良騎手の成績は1-4-3-22で、1~4番人気での成績は1-3-2-8で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-1-14でした。

石川 裕紀人騎手の成績は1-2-4-15で、1~4番人気での成績は1-1-2-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-2-14でした。

西塚 洸二騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

武藤 雅騎手の成績は0-0-0-6で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-6でした。

野中 悠太郎騎手の成績は0-0-1-5で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-5でした。

大野 拓弥騎手の成績は0-0-1-13で、1~4番人気での成績は0-0-1-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-12でした。

丸田 恭介騎手の成績は0-0-0-5で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-4でした。

横山 典弘騎手の成績は1-0-0-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-2で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-0-2でした。

岩田 康誠騎手の成績は0-1-2-4で、1~4番人気での成績は0-0-1-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-1-4でした。

他の騎手のデータも見るには【ここ】を押してね

勝浦 正樹騎手の成績は0-0-0-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-3でした。

小林 美駒騎手の成績は0-0-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-3でした。

佐々木 大輔騎手の成績は0-0-0-6で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-6でした。

池添 謙一騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-0でした。

R.ピーヒュレク騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

幸 英明騎手の成績は0-1-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-2で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-1でした。

北村 友一騎手の成績は0-0-0-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-3でした。

吉田 豊騎手の成績は0-1-0-11で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-11でした。

三浦 皇成騎手の成績は1-1-1-12で、1~4番人気での成績は1-1-1-4で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-8でした。

団野 大成騎手の成績は0-1-0-1で、1~4番人気での成績は0-1-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

吉田 隼人騎手の成績は0-1-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-2で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-0でした。

柴田 大知騎手の成績は1-2-0-15で、1~4番人気での成績は0-0-0-3で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-2-0-12でした。

北村 宏司騎手の成績は1-0-1-13で、1~4番人気での成績は1-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-12でした。

黛 弘人騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

秋山 稔樹騎手の成績は0-0-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-3でした。

横山 琉人騎手の成績は0-0-1-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-3でした。

石橋 脩騎手の成績は0-3-0-13で、1~4番人気での成績は0-3-0-3で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-10でした。

今村 聖奈騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

松岡 正海騎手の成績は0-0-0-13で、1~4番人気での成績は0-0-0-2で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-11でした。

R.キングスコート騎手の成績は0-1-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-1でした。

L.モリス騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

丸山 元気騎手の成績は1-0-1-4で、1~4番人気での成績は0-0-1-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-0-4でした。

柴田 善臣騎手の成績は0-0-0-5で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-4でした。

内田 博幸騎手の成績は1-1-0-8で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-1-0-7でした。

M.デムーロ騎手の成績は1-0-2-7で、1~4番人気での成績は1-0-1-3で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-4でした。

藤田 菜七子騎手の成績は0-0-0-5で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-5でした。

小林 凌大騎手の成績は0-0-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-3でした。

菊沢 一樹騎手の成績は0-0-0-7で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-7でした。

伊藤 工真騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

木幡 初也騎手の成績は0-0-1-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-1でした。

木幡 巧也騎手の成績は1-0-0-16で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-0-15でした。

江田 照男騎手の成績は0-0-0-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-4でした。

杉原 誠人騎手の成績は0-0-0-6で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-6でした。

永野 猛蔵騎手の成績は2-0-0-14で、1~4番人気での成績は1-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-0-14でした。

宮崎 北斗騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

原田 和真騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

佐藤 翔馬騎手の成績は0-0-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-3でした。

武士沢 友治騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

的場 勇人騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

岩部 純二騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

中山芝1800m 血統傾向

どの種牡馬の産駒がどの程度馬券に絡んでいるのか、種牡馬ごとに馬券に絡んだ回数をカウントしたのが以下の表です。血統の系統別に馬名を色分けしています。

ヘイルトゥリーズン系
サンデーサイレンス系
ミスプロ系キングマンボ系
ノーザンダンサー系
エーピーインディ系

種牡馬名馬券内①〜④人気⑤〜⑱人気
ドゥラメンテ16142
ハービンジャー1293
ディープインパクト1257
キズナ1165
エピファネイア1183
ロードカナロア10100
モーリス1073
ゴールドシップ10100
ルーラーシップ862
ハーツクライ844
リオンディーズ532
ダイワメジャー532
ディープブリランテ413
スクリーンヒーロー413
ヴィクトワールピサ312
シルバーステート312
キングカメハメハ330
キタサンブラック321
メイショウサムソン202
ブラックタイド211
イスラボニータ220
リアルインパクト101
ミッキーアイル101
ノヴェリスト110
ドレフォン110
ダンカーク101
ジャスタウェイ110
ザファクター110
オルフェーヴル101
エイシンフラッシュ101

ロードカナロア産駒には少々距離が長い印象で、ただ同じ系統のドゥラメンテ産駒は活躍しています。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

中山芝1800m 重・不良馬場

道悪になると1番人気の勝率が低下して、ディープインパクト産駒はさらに過剰人気する傾向があり、内枠有利になる事が多い。

馬場改修後には中山競馬場は水捌けが圧倒的に改善され、そもそも重不良馬場になる事が少なく、また今後は上記のような傾向も緩和されると予測されます。

ターフ状況

最近の枠番別連対数(芝)

日付12345678
24年02回08日02110321
24年03回01日12200212
24年03回02日00311111
24年03回03日20021012
24年03回04日02113111
24年03回05日11122001
24年03回06日21101302
24年03回07日11211110
24年03回08日11001331

タイム

コース 年齢 平均タイム 平均1F
中山・芝1800 2歳 110.80 12.31
中山・芝1800 3歳 109.95 12.22
中山・芝1800 古馬 108.77 12.09

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※当ページへのリンクや、論文・SNSでの紹介などは大歓迎です。単なるコピペパクリなど引用の法的要件を満たさない記事泥棒的な転載は禁止です。

関連記事

新着レース

おすすめ記事

サイトメニュー

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
│ ├競馬必勝法
│ ├馬連 馬単 三連複 三連単 WIN5
│ ├追い上げ競馬
│ ├競馬勝つ方法
│ ├競馬確率統計
│ ├競馬新聞おすすめ
│ ├予想ファクター
│ ├夏競馬
│ ├ダート競馬
│ ├雨競馬
│ ├競馬初心者向け
│ ├競馬アプリ
│ ├馬データベース
│ └ご案内
競馬場特徴と傾向
│ ├札幌 函館 福島 新潟 東京
│ ├中山 中京 京都 阪神 小倉
│ ├地方 海外
│ ├大井 川崎 船橋 浦和
│ ├門別 園田 高知 佐賀
│ ├名古 笠松 盛岡 水沢
│ └金沢 姫路 ば帯
うまめし競馬ブログ
 └重賞過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ