中山競馬場芝2500m特徴

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

中山競馬場の芝2500メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

中山芝2500mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳なし
3歳平均以上
4歳悪い
5歳以上平均以下

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5××
6 7 8×

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

中山競馬場の芝2500mコースは重賞だと有馬記念と日経賞で使用されるコースです。中山競馬場の芝2500mコースの詳しい特徴を分析して、競馬予想に役立つ傾向や攻略法を考察していきたいと思います。

中山競馬場 芝2500mコース図

中山競馬場の芝2500mコースのスタート地点は外回りコースの3コーナー入り口あたりで、上記のコース図を見てわかるようにスタート自体がすでにコーナーの途中と言っても良いような場所に設置されています。

もう1つ特徴的なのはスタートは外回りコース部分からですが、馬場を1周する時には内回りコースだけを使用します。ただこれは珍しいというだけでさほど競走に影響を及ぼすような事ではありませんけどね。

ほぼコーナーからスタートする上にコーナーの通過が合計6回と外枠馬泣かせなコースレイアウト。

ただし外枠が不利である事は騎手も承知していますから、外枠を引いた先行馬はスタートして出来るだけ早くインに切れ込むような動きを見せます。

その証拠に内枠馬と外枠馬に挟まれる中枠馬が窮屈になるため統計的にも成績が悪いんですよね。で、外枠を引いた差し・追い込みの馬は別に慌てる事なく馬群の隊列が縦長になって行く過程で、それなりのポジションを取れれば良いんです。

コーナーでは若干のロスがあるかも知れませんが、直線の急激な上り坂で逃げ・先行馬がバテて失速した場合、コーナーロスを気にして馬群に潜っている馬は身動きが取れません。

でも馬群の隊列の外側にいれば直線で進路確保には困らないわけです。

中山競馬場の芝2500mコースは基本的に2歳限定戦・3歳限定戦で使われる事は殆どありません。古馬戦およびダービーが終わってからの3歳以上戦で使われます。

つまり、新馬・未勝利で中山競馬場の芝2500mコースは使われないわけですね。行われる重賞は有馬記念と日経賞だけで、それ以外のレースは大体古馬になっても重賞戦線にまで出世できない馬同士の戦いになるわけです。

要するに比較的能力が拮抗するレースが多くなるという事で、人気やオッズがアテにならないって事は覚えておいた方が良いかも知れません。

中山芝2500m 血統傾向

中山芝2500mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

ステイゴールド自身は現役時代に実は中山競馬場で1回も勝った事が無いし、中山芝2500mのG1である有馬記念も3着が1度あるだけ。

…であるにも関わらず、ステイゴールド産駒のドリームジャーニー・オルフェーヴル・ゴールドシップは有馬記念を勝っているし、オジュウチョウサンも中山でジャンプG1を5勝しています。

現役時代もファンに愛された馬でしたが、種牡馬としての活躍もすごく、ステイゴールド産駒の人気馬は中山芝2500mコースでの信頼度は高いです。

キングカメハメハは現役時代に唯一負けたのは中山コース、ディープインパクトも国内で唯一負けたのは有馬記念なので中山コース。

ただキングカメハメハは勝ってない中山のイメージがファンになく、ディープインパクトは翌年きっちり勝っているせいか、明らかにディープインパクト産駒の方が人気を集め過ぎてしまっているのが現状ですね。

中山芝2500m 重・不良馬場

…というデータになってはいるんですが、2014年に中山競馬場は路盤の水捌け改善の工事を行っており、その結果そもそも重不良馬場になる事自体が減りました。

そして水捌けがかなり改善されているので、まとまった雨が降っても馬場の回復は早く、上記のような傾向は和らぐ事が想定できます。

中山芝2500m 騎手傾向

過去10年間のトータルで言えば戸崎騎手が勝率も高く、馬券的にも貢献度が高いのですが、そもそも年間の使用頻度が少ないコースな上に戸崎騎手の成績も年度によってムラがあります。

過去10年間で関東日本人で勝った事のある騎手の名前を見てみると、やはりある程度経験を積んだ中堅以上の騎手ばかり。

ペーペーの騎手だと枠順の有利不利や仕掛けの勘が鍛えられていないでしょうし、過度の期待は禁物でしょうかね。

関西のジョッキーは一部勝率の高い騎手はいますが、大体騎乗するのは日経賞か有馬記念と有馬当日のレースだけで、それなりの馬質の馬に乗せてもらえてるので、コースが得意で勝ってるとは言い切れないでしょう。

中山芝2500m 重賞・OP

コースレコード 2:29.5

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ