ギャラクシーステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ギャラクシーステークスは阪神競馬場のダート1400mで行われるオープン特別競走です。ギャラクシーステークス過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気の成績は0.1.0.3

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
15 6 12 メイショウテンスイ 牡3 55 酒井学 1:25.4 3 1-1 38.5 3.5 1
4 8 16 スズカコーズライン 牡5 57 北村友一 1:24.8 3/4 1-1 37.1 4.9 1
2 2 4 ユラノト 牡4 57 坂井瑠星 1:21.5 ハナ 4-4 35.4 3.4 1
10 1 2 コウエイエンブレム 牡4 57.5 松山弘平 1:24.5 1/2 3-3 38.3 3.4 1

こんな感じ。

波乱度

特に毎年堅いとか、毎年のように大荒れになるとか、そういう極端な傾向はありませんが、堅いレースとは言い難いかな。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2020 740 210
350
220
1,260 4,510 1,060
840
1,150
7,830 8,830 59,950
2019 600 230
310
450
1,950 2,770 890
2,030
2,230
4,640 13,530 68,340
2018 2,740 500
160
180
660 5,960 1,740
1,980
330
15,170 7,040 71,740
2017 700 300
620
510
5,700 10,320 2,720
2,020
6,070
16,550 42,760 226,410

こんな感じ。

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、今のところは馬券に絡んだ馬の内訳は以下の通り。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 不利 有利

各馬の脚質やペースにもよりますが、阪神ダート1400mコースは、外枠が有利な展開になりやすい距離ではあるんですよね。

脚質の傾向を見てみると、今のところは逃げ・差しが馬券に絡む割合が高いですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 不利 有利 有利 不利

阪神競馬場のダート1400mコースについては、阪神ダート1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

予想のヒント

ハンデ戦なので近走のちょっとした数字の良し悪しを重視したところで、実際のレースは展開次第の出たとこ勝負になりやすいと言えそうです。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む