競馬 斤量(負担重量)の影響 【関係ない?】

競馬では馬は斤量(きんりょう)と呼ばれる騎手や鞍(くら)を含めた負担重量を背負ってレースに出走する決まりになっています。

先に結論から言うと、斤量は確かに競走能力に影響があるものの、我々競馬ファンのイメージよりもその影響度はかなり小さいと言えると思います。斤量なんて関係ないという考え方の人がいますが、関係なくはないものの、1キロ2キロの差は殆ど考慮に値しない場合も多いです。

※ちなみに「斤量 – きんりょう」と読みます。時々「斥量 – せきりょう」と間違ってる人がいますが、正しくは斤量(きんりょう)です。これは尺貫法の1斤≒600gである事を考えてもわかりますね。

馬齢戦・定量戦では各馬等しい斤量(牝馬は少し減る)で、別定戦では通常は獲得した収得賞金や特定のレースの勝利があるかどうかで重量が変わり、ハンデ戦では各馬の現時点の能力によってハンデキャッパーの人が判断して斤量を決めます。

他にも女性騎手や新人騎手には減量と言って斤量が少し軽くなる恩恵があります。

このように競馬では強い馬ばかりが勝ちすぎたり、技術で若手にまさるベテラン騎手ばかりに騎乗依頼が集中しないよう、斤量でバランス調整してるわけですね。

競馬に絶対は無い!
…けど、馬券で毎月60万ぐらい稼ぐ方法ならあります。詳細はこちら
※人数限定のため急いでください!

本当に斤量は馬の競走能力に影響があるのか!?

400kgを超えるような体重の馬に、55kgや57kgの斤量を乗せて、そのたかだか2kgほどの斤量差や増減で競走能力に変化があるのか?と誰しも考えます。

中央競馬にハヤブサペコチャンという馬がいたんですが、この馬は500万下クラスの時に札幌競馬場のダート1700mで55キロの斤量で1分45秒8の時計を出しています。

しかし、2勝クラスになって負担重量51キロにも関わらず、同じ札幌競馬場のダート1700mで1分46秒1で走っています。この時の方が斤量が軽く、しかも馬場状態は「やや重」で水分を含んでいて、乾いた良馬場よりも速いタイムが出やすいのにです。

馬場がスピードが出やすい馬場であり、かつ斤量が4キロも減ったのに、走破タイムが遅くなった事例は他にもありますから、斤量が重い=遅いという考えは何か間違っているんじゃないかという気にもなりますよね。

1キロ≒1馬身≒0.2秒なの?

昔からよく言われるのが1キロ≒1馬身≒0.2秒という説なんですが、先程のハヤブサペコチャンの事例を見てもイマイチ納得しきれない、説得力に欠けるなあというのが本音です。

重さは最高速より加速に影響する

実はサラブレッドの疾走する速度ぐらいになると、斤量の1キロやそこらの重量は最高速のスピードにはほとんど影響がありません。

速度の速い物体の場合、スピードが最高速以上に上がらない理由は重量ではなく空気抵抗が殆どの原因を占めるからです。

以前、ミニ四駆におもりを載せて走らせる実験をした事があります。

その時の重量別の走破タイムのグラフですが、やはり重いほどタイムがかかっているので、重さが「走る」という事に何らかの影響があるのは事実です。

2000gを超えるとミニ四駆はピクリとも動かなかった事から、競走馬もあまりに斤量が重すぎて、馬がまともに走れないほどの重さだったら、空気抵抗どうこうではなく重量そのものが走りを遅くさせると言えますね。

安全な私有地内で自転車の二人乗りをすれば、一人で乗ってる時より二人で乗った時のほうが多くのパワーを必要とするという理屈は簡単に理解できるでしょう。それもスピードによる空気抵抗よりも重量そのものがトップスピードに影響してますよね。

競馬でも騎手が落馬した空馬(からうま)がトップでゴールするのはよくある光景ですから、重さも走りに影響があるのは間違い無いですが、空馬は他の馬と比べて40キロ以上軽いのですから、そりゃそこまで軽ければ違いますよという話です。

ちなみに余談ですが【1キロ≒1馬身】説が正しいなら、空馬はたとえ人気薄の馬だったとしても、レース1着馬より40馬身ぐらい前にゴールしてなきゃ辻褄が合いませんが…

トップスピード域では空気抵抗の影響が大きく、重さの影響の割合が大きいのは低速域、つまり加速の部分だと考えられます。

競走馬の場合スタートの瞬間、スタートしてある程度流れが落ち着くまでのダッシュ、あとはラストスパートで速度を上げる時に重量の影響が出るでしょう。

他にも上り坂があると重量の影響が出やすいですね。

もっとも多くハンデ戦が行われているのが1200m戦だという事を見ても、やはり最高速やスタミナではなく、瞬発力に斤量の影響が出やすいと判断できそうです。

ミニ四駆の大きさやパワーに対して2000gは相当な負荷ですし、自転車に2人が乗れば単純に重さは2倍になりますが、それでも動かないほどではありません。

恐らく前走で57kg背負ってた馬がハンデ戦で59kg背負ったとしても、馬が「もうムリ!重たくてかなわん!」とはあまり思ってないんじゃないでしょうか?

実際オジュウチョウサンは63キロで障害飛越が必要な中山グランドジャンプを勝ってますからね、サラブレッドにとって57キロや58キロなんて、少なくともまともに走れなくなるほどの限界値では無いはずです。

実際に統計をとっての考察

過去10年間にJRAで行われた1200mのハンデ戦で、1番人気の勝率を調べてみたんですが、芝・ダートともに斤量が重くなるほど勝率が下がったり、斤量が軽くなるほど勝率が上がったりというわかりやすい傾向は見られませんでした。

コースに坂のあるコースと平坦なコースで分けてみても、これと言って何か特徴があるようなデータはありませんでした。

むしろ斤量が重い方が勝率が良かった場合もあり、普段の経験則から見てもハンデ戦で斤量の軽い馬ばかり勝ってるわけでは無いという事からも、斤量の1キロや2キロの差の影響というのははっきり言って我々競馬ファンが思っている以上に誤差的な違いのようです。

実際ハンデ重賞なんかでは斤量の重い馬の方が馬券回収率が良かったりするわけで、斤量の重さにファンが馬券を買うのを敬遠した結果オッズが上がり、さほど走りに影響が無いのでオッズに見合わない活躍をしてしまう結果になるわけです。

凱旋門賞の事例

フランスの凱旋門賞では3歳牝馬の斤量は54.5kgで、それに対して4歳以上の牡馬は59.5kgなので、実に5kgもの斤量差が生じます。

そして、凱旋門賞を目指すような馬は一流の馬たちなわけで、能力があって5キロの差があると、やはり過去の歴史を振り返ってみても3歳牝馬は凱旋門賞をよく勝っています。

新人騎手の事例

新人騎手はデビューから規定の勝利数をクリアするまでは斤量の減量という措置があり、たしかにこの時期の若手騎手はある程度勝てて、減量が減ったり、減量がなくなったりするとスランプに陥る…という事例が過去にたくさんあります。

新人騎手の減量の場合、別定戦やハンデ戦のように馬の能力や実績的に斤量差を設けるのが妥当であると判断されての減量では無いため、新人当時からそこそこの腕がある騎手であれば、勝ちやすくなるのは当然だと言えます。

そもそも新人がやってしまいがちなペース配分・スタートや位置取り・コース取りのミスとかは、斤量1キロや2キロどころでは足りないほどのミスが殆どですから、技術や経験の未熟さを全て埋めるのに、減量は「役には立っているが、十分とは言えないかも知れない」と言ったところでは無いでしょうか。

馬の能力的には減量する必要が無い馬が減量されるわけですから、ミス無く無難に乗ってくれさえすれば、減量される前よりも勝率はいくらかアップするはずです。

日本のG1の事例

日本のダービーなんかは牡馬57キロ・牝馬55キロで牝馬の方が斤量的に有利であるにも関わらず、牝馬は殆ど出走すらして来ませんし、出走しても活躍できるのはその中のほんのひと握りの馬でしかありません。

2キロの恩恵があるのだから、どんどん出れば良いのに…と思うかも知れませんが、2キロ程度じゃ牡馬と牝馬の一般的な能力差は埋まらないという事の証明だと思います。

ハンデ戦の考え方

ハンデ戦というのは強いであろう馬には斤量を重く、弱いであろう馬には斤量を軽くする事によって、全馬が差なく横並びな力量になるようにと調整されています。

しかし、多くの競馬ファンは「軽ハンデだから狙い目なのでは?」とか「ハンデ重いから不利なのでは?」と考えたりしますが、実際には理論上は「差がない」状態に調整されているのだから、軽ハンデ馬が有利という考え方はおかしいわけですね。

だって差が無いわけですから。

実際には斤量を軽くしなきゃいけないほど弱い馬は、斤量が1キロ2キロ軽くなったとしてもやっぱり弱くて、そして実際馬券的には斤量重い馬の方が回収率が良かったり…。

結論

上記のようなことを総合的に考えてみると、斤量は確かにある程度は競走能力や競走結果に影響を与えるのは確かだが、普段競馬ファンの多くがイメージしているような1キロ程度の増減などは、ほとんど馬券的に考慮する必要がないほどのわずかな違いと言えるでしょう。

ハヤブサペコチャンの事例を見てもわかるように、斤量が軽くなる=タイムが縮む…ではありませんからね。

斤量差の競馬予想で有効な考え方というのは、本来能力的に差が無いはずなのに、こっちの馬は斤量が軽く、こっちの馬は斤量が重い…という時に斤量の軽い方が馬券的に狙い目であると考えるべきなんですね。

函館スプリントステークスなんかは斤量の軽い牝馬がよく活躍するレースですが、夏競馬シーズンとあって、高松宮記念組は休み明けだったり、強い馬は休養に入っていたり、それほどレース当日に発揮できる能力の高くない馬が、別定戦であるがゆえに重い斤量になってしまっている可能性が考えられます。

差が無いのに差をつけられている。そういう時は斤量の影響がハッキリ見えますね。

競馬に絶対は無い!
…けど、馬券で毎月60万ぐらい稼ぐ方法ならあります。詳細はこちら
※人数限定のため急いでください!

私からのプレゼントです!

累計8300名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

  • 誰にでもできる馬券回収率が57%アップしてしまう方法とは?
  • 1分30秒で200万円儲かった競馬必勝法とは?
  • 上級競馬ファンだけが使っている予想ファクターとは?
  • 予想会社の裏側のカラクリを全部言っちゃいます!
  • 競馬予想アプリを使うのは、ちょっと待った!実は…
  • 三連単の多点買いでかんたんに勝てた、ある方法とは?
  • あなたが競馬で勝てるようになるための、ある秘策とは?

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。30秒以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。内容が濃すぎて解除したくはならないとは思いますが、去る者追わずで気持ちよく簡単に解除できるので、気軽に申し込んでください。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする