門別競馬必勝法(ホッカイドウ競馬)は格より調子

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

門別競馬はホッカイドウ競馬の開催する競馬場の1つでしたが、旭川や札幌での開催が現在行われなくなり、 ホッカイドウ競馬は門別競馬場だけで開催されるようになりました。

元々は調教コースだった門別競馬場ですが、広大な敷地を利用しているためコースは地方競馬の中でも広く、 直線も長いのが特徴的ですが、その分設定できる距離が限定的で、1000m・1200m・1700m・1800m・2000m・2600mの6パターンでレースが行われています。

門別競馬(ホッカイドウ競馬)では冬季は開催が行われないため、毎年5月から11月の7ヶ月間だけの開催となります。 12月から4月までの5ヶ月間は他の競馬場に遠征しない限り競走馬はレースを行いませんから、毎年開幕時期には5ヶ月の休み明けの馬が殆どで、 開幕に向けてみっちり調教を積んだ…と言う馬は殆ど皆無で、普通は11月にかけてレースを使いながら調整していきます。

つまり、開幕から1ヶ月から2ヶ月の間は冬季の間に他場に遠征して競馬で使っていた馬が圧倒的に有利で、 冬季をずっと休んでいた馬は前年のシーズンである程度の成績を残すと人気しますが、休み明けなので直線失速してしまい、 冬季休まなかった格下馬にあっさりと負けてしまいます。

ところが開幕から3ヶ月から4ヶ月すると冬季休んでいた馬も1回・2回競馬で使われて本来の動きを取り戻し、 反対に冬季休みなく使われてきた馬はそろそろ疲労が蓄積してきたりする馬も出てくる訳です。

そんな訳でこの頃からじょじょに開幕からしばらくは良い成績だった馬がサッパリ走らなくなり、 本来能力のあった馬が真の実力を発揮するようになります。

元々7ヶ月しか開催期間の無い門別競馬ですが、開幕から4ヶ月ぐらいはまともに馬柱の成績だけ見て予想をしようとしても、 実績よりも「デキ」がモノを言うケースが多くてあまり容易ではありません。

門別競馬の騎手は外に出す傾向がある

ホッカイドウ競馬所属の騎手はちょっと癖があります。 これは冬休みがある地方競馬場全てに共通する事でもあると思うのですが、7ヶ月と言う短い期間しか騎乗機会が与えられないため、 やはり通年開催している競馬場の騎手と比べると騎乗技術を磨く機会がどうしても少ないと言えます。

例えば、門別競馬場は地方競馬の中では最後の直線が330mと長めのコースではあるのですが、 そうは言っても川崎や船橋と比べても30mほど長いだけですし、ほぼ平坦なコースなのでそれほど追い込みが決まるコースではありません。

しかしながら、門別競馬の騎手は4コーナーで大外にぶん回して行く騎手がものすごく多いです。 確かに一概に内を突けば良いと言うものではありませんが、3コーナーまでインでじっとしていて、 4コーナーで思い切り外に持ち出すので、これは大きなロスになります。

外に出したは良いが全然伸びない…と言う事も多く、 一体いつになったら学習するのかな?と毎年見ているのですが、やはり毎年そんな感じです。

コースの幅も広いイメージがあるものの、他の地方競馬場と比べて飛び抜けて広いと言うわけでもありませんから、 これは門別競馬の騎手の特徴なんじゃないかと思います。

じゃあ、馬券を買う側としてはどういう対策を取れば良いかと言うと、 1番良いのは馬券を買わない事なんですが、出来るだけ先行して逃げられる馬を買う(外に出す必要がない)とか、逆に追い込みで大外をぶん回してくれた方が良いタイプの馬を買う…と言うところでしょうか。

門別競馬のコース特徴

門別競馬場は地理的に気温がそれほど高くならず、一度雨が降って馬場が水分を含むと、なかなか乾きません。 また濃い霧が発生する事が多く、それでもレースを強行する場合もあり、騎手も前方が殆ど見えていないためペースが乱れて、 普通なら先行2頭で完全に行った行ったになるようなレースが、先行馬が完全にバテて、ただ後ろでモタモタしていただけの馬が脚が残っていたから勝ってしまうと言うケースもあります。

1000mコースの特徴・傾向

門別競馬の1000m戦は最初のコーナーまでの距離が270mで、それほど極端に内枠が有利になるほど短いゲートからコーナーの距離が短いと言う訳では無いが、 統計をとってみると、やはり外枠よりは内枠の馬の方が若干成績が良い事がわかる。

1000mなので基本的には先行馬を狙って馬券を買えば良いのだが、その先行するために肝心なスタートが下手な馬も多く、 反対に外枠でスタートを決めているにも関わらず内枠の馬に譲ってコーナーを大回りして最後でそのツケが来る馬もいる。

圧倒的に能力が抜けていて、そして調子も良い馬を買えるかどうかが門別では大きい。

1200mコースの特徴・傾向

1200mになるとゲートから最初のコーナーまでの距離は470mとなり、2列縦長程度の馬群になるのか、団行状態のまとまった馬群になるのか、 それによって外枠の馬の有利不利は大きく変わってきます。

1000mと比較して200m向正面が長い分、前半でスタミナを消費しやすく最後の直線で止まるケースも当然1000mよりは増えます。

1700mコースの特徴・傾向

1700mではホームストレッチからのスタートとなり、ゴール板の前を一度通過してから1コーナーに進入するコースとなっています。 ゲートの位置から最初のコーナーまでの距離は170mとやや短めで、これは理論上は内枠の先行馬が有利になりやすい。

ただ、門別の競馬は今までスタートを決めていた馬が急に出遅れたり、今まで差し・追い込みばかりだった馬がいきなり逃げ馬に競りかけてみたりと、 調子やスタートの決まり具合1つで全く思い描いた展開と違って来る事も多いので、展開を読んでもアテにならない事は多い。

JRAからホッカイドウ競馬への移籍馬狙い 過去の走破タイムを見比べてみよう

先日地方競馬の門別競馬場で行われた「優駿の里安平町うまかまつり特別」での単勝勝負が競馬必勝法の参考になるんじゃないかと思うので書き記しておきます。

2014年7月2日の門別競馬10レース・距離はダート1200mのレースで、私が狙ったのは10番のケイアイエイトでしたが、単勝人気は3番人気でした。

1番人気が9番のセーラパシフィックで、2番人気が4番フジノダイヤだったんですが、この2頭のダート1200mの時計(走破タイム)を見てみると、 せいぜい過去5走の実績で言うと1分15秒台(良馬場)ぐらいのタイムしか出せていません。

ところが私が単勝で買ったケイアイエイトは中山競馬場のダート1200mで1分14秒2と言う速い時計を持っています。

つまり、タイムを基準に考えるとケイアイエイトはぶっ千切りで勝ってもなんらおかしくないだけの能力は備えている事がわかります。 しかし、馬の体調やアスリートとしての身体の出来具合がどうなのか?と言うのが問題で、強い能力を持った馬でも体調が悪ければ勝てません。

馬体重の増減を見ると+18kgとなっていて、恐らくこの2ケタ増が能力の割に馬券で嫌われた理由なのではないかと推測できます。

また、今回の出走メンバーでは過去2走で馬券の対象になった走りをした馬は、たった2頭しかおらず(1番人気の馬と2番人気の馬がそうです)、 かなりの弱メン揃いだった事もあり、どうしてもJRAで13着・12着・14着と言った地味な順位が並び馬体重も+18kgのケイアイエイトよりも、 門別競馬とは言え2着・2着・2着のセーラパシフィックの方が勝つ確率が高そうに感じる人が多かったのかも知れません。

パドックや返し馬の様子を見ても、確かにケイアイエイトはもうひと絞り欲しいなと言う印象でしたから、 少なくとも抜群の仕上がりとは言えないですし、ナイター初経験・騎手もテン乗り(初めて乗る事)・また、JRAからの移籍緒戦は 勝負せずに「周って来るだけ」にとどめる指示が出されていても不思議はありません。

それらの事を踏まえても、なおケイアイエイトの勝利する確率はかなり高いと読んで、単勝馬券を購入しました。

今回展開を考えた時のポイントは、他の馬は門別競馬のレベルでさえ「常にハナ(先頭)を切っている馬がいない」と言う事で、 JRAの500万下クラスでハナを切れるスピードがあれば、楽に先頭に立てるはずだと考えられます。

もちろん、JRA時代よりもスタミナを消費せずに先頭に立てるわけですから、 レース後半のタイムもJRA時代の上がり3Fタイムよりも速い時計が出て不思議ありません。 そこに状態面や騎手が初めての騎乗で手探りである点を加味すれば良いわけです。

実際にレースでは外枠から楽にハナを奪って先頭に立ち、上がり3FタイムはJRA時代の未勝利戦で出した38.4秒(ダート)と同じ自己最速3Fタイムで勝ちました。

WIN5や3連単の大万馬券を見慣れてしまうと、4.3倍の単勝馬券は地味に見えてしまいますが、スイチ(1点買い)での4.3倍ですから、 これは馬連10点買いで43倍とか、3連単50点買いで215倍などを的中させたのと回収率は同じです。

馬券を買う前にはもう1つ重要なチェックポイントがあるのですが、それは競馬教科書に書いたのでここでは書けません。 それを知らないと馬券を当てる事は出来ても収支を黒字にする事は難しいので、本気で勝ち組になりたい人、私から競馬必勝法を学びたい人は、 競馬教科書を読んでみてください。

競馬に絶対は無い!
…けど、馬券で毎月60万ぐらい稼ぐ方法ならあります。詳細はこちら
※人数限定のため急いでください!

私からのプレゼントです!

累計8300名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。30秒以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。内容が濃すぎて解除したくはならないとは思いますが、去る者追わずで気持ちよく簡単に解除できるので、気軽に申し込んでください。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項