門別競馬場1700m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ここでは門別競馬場の1700mコースの特徴や傾向について攻略していきたいと思います。門別競馬場の1700mコースは外回り走路を使用して、ホームストレッチの中程からスタートして馬場を1周するコースレイアウトです。

門別競馬場1700mコース図

スタートから最初のコーナーまでが170mと短めで、先行争いが窮屈になる分、最後の直線が330mと長めで、長く追い比べの攻防が続くのが特徴です。

門別競馬場1700m 枠順傾向

門別競馬場の1700mコースは形状から考えると、スタートして170mでコーナーに進入するため、一見すると内枠有利で外枠不利のように見えます。

しかし、過去の統計データによると実際には外枠の方が若干有利になっています。距離損を嫌った外枠馬がインに殺到するため、内枠馬は被せられて馬群に包まれやすいのが原因です。

ただ、外枠も出走頭数が多くなると流石に不利になるので、間の中枠が一番有利不利なくフラットな環境かも知れませんね。

門別競馬場1700m 脚質傾向

門別競馬場1700mコースの脚質傾向を見てみると、逃げ馬の成績はJRAの札幌・福島・小倉の千七とほぼ同程度で、可もなく不可もなくと言った感じ。

データの数字からは、とりあえず中団より前で競馬が出来れば大丈夫という程度で、何か極端な他と違う傾向が出ているという事はありません。

つまり特定の脚質云々ではなく、馬の能力の絶対値と、あとは展開(含むペース)がどうなるか?の方が重要だという事です。

門別競馬場1700m 人気傾向

門別競馬場1700mコースの人気傾向を見てみると、単勝1番人気は勝率42%で連対率63%に複勝率75%でした。特に門別平均値から見て多くも少なくも無い感じですね。

単勝1番人気の騎乗に限って言うと、騎乗機会の多い中では服部茂史騎手・桑村真明騎手・岩橋勇二騎手あたりが妙に勝率が低いのが気になります。

しかし上記の騎手でも1番人気に限定しなければむしろ勝率は良い部類なので、それだけ人気薄に騎乗している時に注意が必要なジョッキーであると言えそうですね。

人気に関係なく安定して高勝率をキープしているのは五十嵐騎手ぐらいですね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

私からのプレゼントです!

累計1万900名以上が読んだ無料レポート『競馬必勝法はじめの第一歩』差し上げます!

このレポートだけでも充分あなたにとって有益だと思いますが、さらにメルマガを読み続けてくれた方にはこっそりと…

などなど、上記はほんの一部ですが、そういう表には出てこないような裏話も公開していきたいと思います。興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。1分以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない時は迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除ができます。他のサイトとは違い迷惑メールは送りませんし、去るもの追わずで気持ちよく即時に解除できます。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項