黒潮盃 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

黒潮盃は大井競馬場の1800mコースで行われる3歳限定の重賞です。黒潮盃の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

黒潮盃の過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は7.1.1.1でかなり安定した成績なので信頼度は高めだと言えますね。

うまめし偏差値:50 Fタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は50のFタイプで、ほぼ毎年3連単は2万円台から8万円台ぐらいの「よくある普通の配当域」で決着する事が多いレースだと言えます。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 380 300 7300
2017 180 2030 21630
2016 230 1030 36480
2015 900 5710 64500
2014 240 320 1990
2013 280 2880 44170
2012 220 4820 82810
2011 200 3790 36960
2010 340 1120 8480
2009 770 740 29190
2008 1180 6890 69640

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、勝率では1枠2枠の極端に内枠の馬か、もしくは大外にならないチョイ外ぐらいの馬が有利な傾向が出ているようです。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

大雑把に連対率を見ると、やはり内枠の方が優勢ですね。

2018年は5枠→3枠→6枠の順で決着しました。

大井競馬場の1800mコースについては大井1800m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、最後方からの追い込みは決まりにくく、逃げ・先行から差しポジションの馬は大体同じぐらいの成績ですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 優勢 劣勢

2018年は9番手→4番手→14番手の順で決着しました。

予想のヒント

過去10年間で南関東の佐藤賢二厩舎の馬が4勝もしているので、ちょっと頭の片隅に入れておいた方が良い情報かも知れません。

2018年は佐藤賢二厩舎の馬が6番人気で3着とやや好配当の原因に

2017年は佐藤厩舎からの出走は無し

勝ち馬の9割が南関東(船橋&大井)の所属馬で、残りは園田ですから、他地区でお山の大将していても、遠征馬にはかなり高いハードルのレースだと言えそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする