きさらぎ賞 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

きさらぎ賞は京都競馬場の芝1800mコースで行われる重賞です。きさらぎ賞の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は3.3.0.4で信頼度はまずまず平凡な水準はキープしていると言えそうです。

うまめし偏差値:43

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は43で、どちらかと言えば平穏な決着の年が多い事を示しています。ただ3歳限定のレースなので、その世代の当たりハズレや粒の揃い方によって、その傾向は違ってくると思います。

開催年 単勝 馬連 3連単
2019 540 7460 141960
2018 690 1440 23040
2017 1720 960 14180
2016 120 700 1570
2015 170 260 1270
2014 250 150 3310
2013 830 2770 28120
2012 210 830 4970
2011 510 10280 89500
2010 1380 1300 23630
2009 150 320 31180

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、内枠も外枠もほぼ五分な印象を受けますが、若干内枠の方が優勢だと言えるでしょう。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

脚質の傾向を見てみると、追い込み馬はあきらかに分が悪く、逃げ馬の馬券圏内への粘りこみは10年間で4頭。馬券候補の多くは先行・差しのポジションの馬でした。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 優勢 劣勢

京都競馬場の芝1800mについては、京都 芝1800m特徴にも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

2019年

2018年

予想のヒント

前走に注目してみると、前走が新馬戦を勝った「1戦1勝」の馬というのは、底を見せていないぶん「この馬もしかして大物の可能性があったりなかったり…」と惑わされがちですが、戦績を見るとハッキリと苦戦しています。

やはり新馬戦で戦ったメンバーとは明らかにレベルが違うんでしょうね。

ただし、新馬戦での成績がまるっきり関係ないという事はなく、デビューから素質の片鱗を見せている馬の方が、きさらぎ賞でも好走率は高いです。

新馬戦はすんなり勝ち上がって、なおかつ何度かレースの経験を積んで成長している馬の方が有利なんでしょうね。

私からのプレゼントです!

累計1万900名以上が読んだ無料レポート『競馬必勝法はじめの第一歩』差し上げます!

このレポートだけでも充分あなたにとって有益だと思いますが、さらにメルマガを読み続けてくれた方にはこっそりと…

  • 誰でも馬券回収率が57%アップしてしまう方法とは?
  • 競馬予想会社の闇手口を全て暴露!
  • 馬券でほぼノーリスクで100万円儲けた話
  • 競馬予想アプリの罠を無断で公開します!
  • 初心者でも三連単で簡単に勝ちまくる話
  • 上級者の勝ち組だけが知ってる予想ファクターとは?

などなど、上記はほんの一部ですが、そういう表には出てこないような裏話も公開していきたいと思います。興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。1分以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない時は迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除ができます。他のサイトとは違い迷惑メールは送りませんし、去るもの追わずで気持ちよく即時に解除できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする