小倉競馬場特徴と開幕週傾向 夏競馬傾向

最終更新日:2019/03/17

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

小倉競馬場の特徴や傾向について考察していきたいと思います。小倉競馬場はコーナーが右回りで、スパイラルカーブを採用している競馬場です。

小倉競馬場 芝2000mコース図

スパイラルカーブは3コーナーに進入する時は緩やかなカーブで、4コーナーを抜ける時にはきついカーブになっている形状の事を言います。

スパイラルカーブになっているとスピードを落とさずコーナーに進入し、4コーナーでは遠心力によって馬群が散らばるので、差し馬が活躍しやすくなる特徴があります。

小倉競馬場の直線は293mとそれほど長くはありません。統計データを見る限りでは内枠が若干有利な傾向があるようです。

向正面からゴール板までは平坦か下り坂しかなく、従って全てのレースでレース後半はスタミナの消耗が少ないコースだと言えます。

枠々馬場傾向(芝)

日付12345678
2022年02回01日目12011322
2022年02回02日目01120244
2022年02回03日目22012212
2022年02回04日目11121422
2022年02回05日目22211301
2022年02回06日目15403001
2022年01回01日目31012032
2022年01回02日目00214133
2022年01回03日目22121031
2022年01回04日目02022314
2022年01回05日目00212322
2022年01回06日目03314201
2022年01回07日目01321221
2022年01回08日目01323131

小倉競馬場 開幕週の傾向

小倉競馬場の芝コースで行われるレースは、半分以上が1200m戦で、1200m戦は向正面側からスタートするため一切上り坂がありません。

さらにそこに開幕週で芝の状態も良好となれば、さぞ逃げ馬の成績が良いだろうとイメージできますが、実際には開幕初日の逃げ馬成績は一番悪いぐらいです。

恐らく上記のような条件を騎手が意識して、出来るだけ逃げ先行ポジションを取ろうと積極的に動いた結果、結局ハイペースになり過ぎて逃げ馬が潰れるのが原因です。

開幕2日目になると、今度は騎手が初日の反省をしてペースが落ち着くためか、開催期間のどの日よりも逃げ馬が残ります。

そこから3週目ぐらいまでは緩やかに逃げ馬の成績は下降して行き、4週目以降は再び逃げ馬の成績は上昇していきます。

小倉競馬場 夏競馬の傾向

どこかの競馬場が改修工事などで使えないなどの事情が無ければ、通常小倉競馬は2月スタートの開催と7月スタートの開催の2パターンしかありません。

例えば1番人気の馬の勝率を見てみると、冬競馬と夏競馬で大きく違うかと言うと、さほど特筆するほどの差は見受けられません。

冬競馬では内枠の勝率が上がって外枠の勝率が落ちますが、夏競馬では逆に内枠の勝率が下がって外枠の勝率が上がる傾向にあります。

夏競馬全体の特徴や傾向については夏競馬荒れる理由【当たらない】に書いているので読んでみてください。

小倉競馬場 ダートコースの特徴

小倉競馬場のダート番組はほとんどが1000mと1700mの2パターンで、1000m戦は1枠2枠8枠が有利な傾向で1番人気の勝率は平均的。

一方1700m戦の1番人気勝率はJRA全体の平均から見てもやや悪く、枠順的には内枠が有利というよりは外枠が若干不利な感じの傾向がありますね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├オープン特別データ
  └ダートグレード

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項