クラスターカップ 過去10年データと傾向

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

クラスターカップ(2022/08/16・別定・盛岡・1200m・Jpn3)過去10年間の配当・人気・枠順・脚質などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

ダートグレードの重賞とは言っても、実質のレベルとしてはオープン特別と大差無いレベルなので、前走が中央競馬のダート重賞で2ケタ着順から上位に来た例は多い。

それ以外だとダートグレードで掲示板や南関東の重賞で勝ち負けぐらいの実績が無いと、やや厳しい戦いになるでしょうね。

できれば前走から2ヶ月以内ぐらいのローテーションが理想ですが、地方馬が弱いのでJRAの馬が休み明けの調教代わりに走っても上位になってしまいがち。

馬券の中心となるのは4歳〜5歳ですが、決して高齢馬も軽視はできません。

斤量は52キロとかの軽量馬もチラホラとは馬券に絡むんですが、タイセイレジェンド59キロで2着とか、ダノンレジェンド60キロで1着とか、結局斤量が重くても強ければ勝てちゃうんですよね。

地元のベテラン騎手や、JRAのダートグレード慣れした騎手と比べると、やはり若手や新人だと盛岡のコースはクセも強く乗りづらいんじゃないかと思います。

ただ、いくら地元の騎手がコースに慣れていても、馬の質が違い過ぎるので、結局JRAの強い馬に無難な騎手が乗っているのが一番狙い目なのかも知れません。

サンデーサイレンス系の血統の馬でも上位に来ています。

コース特徴

人気傾向

人気 1 2 3 4 5
1着 5 2 1 2 0
2着 1 2 4 1 2
3着 2 2 1 2 1

過去10年間の勝ち馬は1番人気~5番人気までで10頭出ています。

1番人気

単勝1番人気は5.1.2.2

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
1 5 8 リュウノユキナ 牡6 55 柴田善臣 1:11.1 6-5 36.0 2.1 1
1 6 9 マテラスカイ 牡6 55 武豊 1:08.5 2-2 34.6 2.1 1
3 6 9 コパノキッキング セ4 55 藤田菜七 1:09.6 2 2-2 35.3 1.8 1
4 6 10 ディオスコリダー 牡4 55 津村明秀 1:10.0 クビ 2-4 35.5 3.0 1
3 6 9 サイタスリーレッド 牡4 54 高倉稜 1:09.1 2 1-1 34.7 2.1 1
2 1 1 ブルドッグボス 牡4 54 C.ルメ 1:09.4 2 5-3 34.0 1.9 1
1 6 10 ダノンレジェンド 牡5 56 M.デム 1:11.1 1-1 35.9 1.4 1
4 3 4 アドマイヤサガス 牡6 55 岩田康誠 1:10.1 3/4 7-5 34.7 2.3 1
1 8 13 ラブミーチャン 牝6 55 戸崎圭太 1:09.5 3-3 34.8 2.3 1
1 1 1 タイセイレジェンド 牡5 54 内田博幸 1:09.2 1-1 35.2 1.9 1

単勝1番人気の勝率は結構優秀ですね。1番人気の信頼度は高そうです。

複勝率で見ると平均以上で優秀なので、複勝やワイド・三連系の軸馬としてはそれなりの信頼度がありそう。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2021 210 110
190
110
1,540 380
140
390
2,570 1,000 6,180
2020 210 120
160
170
600 260
310
580
1,010 1,180 3,460
2019 280 100
110
100
510 170
130
170
960 290 1,880
2018 440 160
160
140
1,170 350
330
320
2,270 1,170 8,080
2017 720 190
150
120
1,040 390
330
280
2,120 1,160 8,940
2016 250 110
110
240
200 140
400
350
490 790 3,140
2015 140 100
140
380
310 180
620
1,140
360 1,650 3,920
2014 690 170
160
140
1,100 410
340
320
2,670 1,520 8,620
2013 230 110
150
150
990 310
240
660
1,380 1,410 5,330
2012 190 100
110
190
140 110
410
470
290 800 2,040

過去10年間で高配当決着がほとんど出ておらず、かなり平穏な決着が多い傾向のレースだと言えます。

歴代優勝馬

1着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
1 5 8 リュウノユキナ 牡6 55 柴田善臣 1:11.1 6-5 36.0 2.1 1
1 6 9 マテラスカイ 牡6 55 武豊 1:08.5 2-2 34.6 2.1 1
1 6 10 ヤマニンアンプリメ 牝5 53 岩田康誠 1:09.1 7-4 34.1 2.8 2
1 3 4 オウケンビリーヴ 牝5 52 北村友一 1:09.1 2-1 34.7 4.4 3
1 1 1 ブルドッグボス 牡5 54 左海誠二 1:08.8 3-3 34.1 7.2 4
1 4 5 ダノンレジェンド 牡6 60 M.デム 1:09.1 1-1 34.1 2.5 2
1 6 10 ダノンレジェンド 牡5 56 M.デム 1:11.1 1-1 35.9 1.4 1
1 6 9 サマリーズ 牝4 52 藤岡佑介 1:09.7 2-2 34.7 6.9 4
1 8 13 ラブミーチャン 牝6 55 戸崎圭太 1:09.5 3-3 34.8 2.3 1
1 1 1 タイセイレジェンド 牡5 54 内田博幸 1:09.2 1-1 35.2 1.9 1

過去10年間、すべて上位人気から順当に勝ち馬が出ていて、上位人気馬の信頼度は高そうです。

枠番で見てみると、内枠から勝ち馬が出る頻度が少なく、外枠の方が有利かも知れませんね。

2着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
2 3 3 サイクロトロン 牡4 54 松山弘平 1:11.6 3 2-2 37.1 13.0 5
2 1 1 ヒロシゲゴールド 牡5 54 藤岡康太 1:08.6 1/2 1-1 34.9 6.4 3
2 4 6 ヒロシゲゴールド 牡4 54 武豊 1:09.3 1 1-1 35.1 4.1 3
2 6 9 ネロ 牡7 55 吉原寛人 1:09.1 クビ 1-1 34.8 4.5 4
2 8 13 ラブバレット 牡6 54 山本聡哉 1:08.8 クビ 2-2 34.3 5.5 3
2 1 1 ブルドッグボス 牡4 54 C.ルメ 1:09.4 2 5-3 34.0 1.9 1
2 3 4 ポアゾンブラック 牡6 54 阪野学 1:12.0 6 5-5 36.4 5.6 3
2 8 13 スイートジュエリー 牝5 52 戸崎圭太 1:09.7 クビ 4-3 34.3 3.5 2
2 4 5 タイセイレジェンド 牡6 59 内田博幸 1:09.6 3/4 2-2 35.0 5.2 5
2 2 2 セレスハント 牡7 56 田中勝春 1:10.2 6 5-3 35.6 2.3 2

過去10年間で2着は1番人気~5番人気までで10割カバーできています。

3着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
3 6 10 ヒロシゲゴールド 牡6 55 幸英明 1:11.9 2 4-3 37.1 3.4 2
3 3 3 ブルドッグボス 牡8 59 御神本訓 1:09.0 2.1/2 8-8 34.0 8.2 4
3 6 9 コパノキッキング セ4 55 藤田菜七 1:09.6 2 2-2 35.3 1.8 1
3 4 5 ラブバレット 牡7 54 山本聡哉 1:10.0 6 2-3 35.6 4.3 2
3 6 9 サイタスリーレッド 牡4 54 高倉稜 1:09.1 2 1-1 34.7 2.1 1
3 8 14 ラブバレット 牡5 54 山本聡哉 1:10.1 4 1-1 35.1 17.5 5
3 8 13 ラブバレット 牡4 54 南郷家全 1:12.7 4 3-3 37.3 45.3 6
3 8 14 シルクフォーチュン 牡8 56 藤岡康太 1:10.0 1.3/4 13-10 34.2 4.1 3
3 6 10 ノーザンリバー 牡5 55 武豊 1:09.6 アタマ 6-6 34.3 5.1 4
3 8 12 アイルラヴァゲイン 牡10 55 松岡正海 1:10.8 4 7-5 35.8 28.1 6

過去10年間で3着は1番人気~5番人気までで8割カバーできています。

枠順・脚質傾向

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
1着 2 0 1 1 1 4 0 1
2着 2 1 2 2 0 1 0 2
3着 0 0 1 1 0 4 0 4

枠番で見てみると、内枠から勝ち馬が出る頻度が少なく、外枠の方が有利かも知れませんね。

脚質

脚質 逃げ 先行 差し 追込
1着 3 5 2 0
2着 3 7 0 0
3着 2 4 3 1

馬券に絡んだ馬のうち24頭が逃げ・先行タイプの馬で、先行有利な傾向があるレースだと言えますね。

逃げ馬

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
14 1 1 シークザトゥルース 牝5 52 小林凌 1:18.0 7 1-10 43.7 207.4 8
2 1 1 ヒロシゲゴールド 牡5 54 藤岡康太 1:08.6 1/2 1-1 34.9 6.4 3
2 4 6 ヒロシゲゴールド 牡4 54 武豊 1:09.3 1 1-1 35.1 4.1 3
2 6 9 ネロ 牡7 55 吉原寛人 1:09.1 クビ 1-1 34.8 4.5 4
3 6 9 サイタスリーレッド 牡4 54 高倉稜 1:09.1 2 1-1 34.7 2.1 1
1 4 5 ダノンレジェンド 牡6 60 M.デム 1:09.1 1-1 34.1 2.5 2
3 8 14 ラブバレット 牡5 54 山本聡哉 1:10.1 4 1-1 35.1 17.5 5
1 6 10 ダノンレジェンド 牡5 56 M.デム 1:11.1 1-1 35.9 1.4 1
4 4 6 サマリーズ 牝5 53 藤岡佑介 1:12.8 1/2 1-2 37.7 12.1 4
6 1 1 タイセイレジェンド 牡7 60 内田博幸 1:10.3 3/4 1-1 35.5 7.7 5
6 3 3 ドスライス 牡7 55 村上忍 1:09.9 3/4 1-1 35.4 71.4 6
1 1 1 タイセイレジェンド 牡5 54 内田博幸 1:09.2 1-1 35.2 1.9 1

過去10年間で逃げ切った馬は3頭いて、やや逃げ馬にとっては競馬しやすい傾向があると言えそうです。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む