クラスターカップ 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

クラスターカップは盛岡競馬場のダート1200mで行われる重賞競走です。クラスターカップの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は5.1.1.3で、勝率は高めですが、軸馬としての信頼度は普通レベルです。

うまめし偏差値:37

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は37なので、かなり堅い決着が多いレースと言えますね。過去10年間の配当は3連単でも1万円を超えた事が1度もありませんからね。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 440 1170 8080
2017 720 1040 8940
2016 250 200 3140
2015 140 310 3920
2014 690 1100 8620
2013 230 990 5330
2012 190 140 2040
2011 190 1250 3160
2010 120 120 930
2009 110 160 420

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、外枠の方が優勢なんですが、内枠だと1枠だけは好成績ですね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢 優勢

2018年は3枠→6枠→4枠の順で決着しました。6枠以外の外枠馬は人気薄ばかりだった事も一因だと考えられます。

盛岡競馬場のダート1200mコースについては、盛岡ダート1200m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ・先行タイプが圧倒的に好成績で、差し・追込みタイプはかなり展開運に恵まれないと勝てないレースですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

2018年は2番手→逃げ馬→同2番手の順で決着しました。

予想のヒント

比較的傾向がはっきり出ているレースというのは、例年と何か違う点は無いか?という視点を持つのが大切ですね。

毎年荒れるレースでも、上位人気の馬がその年に限って強ければ荒れづらいし、逆に毎年堅いレースでもどんぐりの背比べみたいなレースになれば堅くは決まらないかも知れません。

例年と違う点があれば、それがどの程度結果に影響するか?その考察が重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする