報知オールスターカップ 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

報知オールスターカップは川崎競馬場の2100mで行われる重賞競走です。報知オールスターカップの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は6.1.2.1で、信頼度はかなり高めです。

うまめし偏差値:54

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は54なので、三連単は平均的な配当域か、それよりやや高配当で決着する事が多い傾向のレースだと言えます。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 170 1520 11140
2017 220 720 3970
2016 480 9000 48380
2015 310 4010 49820
2014 330 880 12330
2013 670 3880 20310
2012 410 40210 373750
2011 370 530 23150
2010 430 7390 53680
2009 170 1390 11000

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、過去10年間で1枠2枠から勝ち馬が出ていませんから、一見内枠が不利な印象を受けましたが、連対率・複勝率を見てみると、ほんの少し内枠が優勢な数値ですが、ほとんどフラットと考えて良さそうです。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 微優勢 微劣勢

川崎競馬場の2100mコースについては、川崎2100m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、先行タイプがもっとも優勢で、それ以外の脚質はほとんど同レベルのデータになっていますね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 優勢 劣勢 劣勢

予想のヒント

2100mという長めの距離設定なので、逃げ・先行馬が潰れやすく、本来は差し・追い込みに有利とは言えない競馬場であるにも関わらず差しが届くパターンが頻発しています。

馬齢に目を向けると高齢馬が多く活躍していますが、とはいうものの新年を迎えたばかりのレースなので実際の感覚としては馬齢から1歳引いた年齢の方がしっくり来るかと思います。

ただ、それを加味してもなお高齢馬が馬券によく絡みます。

単勝1番人気は軸として信頼度が高い反面、ヒモ荒れ・相手荒れの決着が多いですね。

川崎競馬場では基本的には川崎競馬所属のジョッキーが勝率高いんですけど、この報知オールスターカップに関しては近年川崎競馬場所属のジョッキーはあまり勝てていません。

地の利よりも、南関東全体でリーディング上位常連のジョッキーが勝つ確率が高いです。

歴代勝ち馬の共通点としては、過去5年の勝ち馬は皆、報知オールスターカップまでに着順やレースの格付けの違いはあれど2000m以上のレースを経験しています。ただ、これはこのレースに出走するような馬は大体該当してしまうでしょう。

ただ過去10年の勝ち馬の殆どは「前走1着馬」であり、負けていても2着・3着ぐらいまでで、大敗から巻き返しての1着はあまり例がありません。レース開催時に好調をキープ出来ている馬が結果を出しやすいと言えます。

人気してたのに馬券圏外に飛んでしまった馬には、共通点というほどの事はありませんが、騎手がテン乗りだったり、パートナーを組んだ回数の少ない騎手だったり、または牝馬、芝からダートに路線変更して間もない馬だったり、何かしら不安材料あり。

川崎競馬攻略法 part2

競馬必勝法が存在する証拠・競馬で絶対勝つ方法

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする