クロッカスステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

クロッカスステークスは東京競馬場の芝1400mで行われるオープン特別競走です。クロッカスステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は3.0.3.4で、信頼度はあまり高くは無いです。

うまめし偏差値:48 Nタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は48 Nタイプ(ニュートラル)なので、特に毎年堅いとか、毎年のように大荒れになるとか、そういう極端な傾向はありません。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 1520 2760 28080
2016 460 1170 25760
2015 460 1950 9900
2014 220 620 3030
2013 410 2050 15970
2012 1630 8750 52870
2011 550 3900 73410
2010 330 950 10740
2009 2510 38100 302000
2008 330 1590 32430

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、けっこうハッキリと内枠が有利になってますね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

2016年は3枠→5枠→4枠の順で決着。人気上位馬の中では外枠を引いた馬の方が着順が悪い傾向が出ているようです。

2017年は8枠→5枠→2枠の順で決着

2018年は4枠→2枠→5枠の順で決着

東京競馬場の芝1400mコースについては、東京芝1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、かなり差し馬天国の様子…。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 劣勢 優勢 劣勢

予想のヒント

クロッカスとは冬に咲く花の名前で、花言葉は「青春の喜び」とか「切望」だそうです。

距離が芝の1400mという事もあり、クロッカスステークスの勝ち馬は、この後牡馬(オス)ならニュージーランドトロフィーやNHKマイルカップなどに出走し、牝馬(メス)ならフィリーズレビューや桜花賞に駒を進めるケースが多いレースです。

クロッカスステークスの勝ち馬はあまり出世していないのが現状のようですね。

ニュージーランドT・NHKマイルCなどで勝ち負け出来るような馬はここじゃなくてシンザン記念だったり、または年明け前の2歳重賞で勝ち負けの競馬してたりします。クロッカスステークスがやはりそれなりのレベルの馬の集まりになってしまうのは仕方がありません。

別定戦なので各馬の実績に応じて斤量が調整されるのですが、単純に馬券に絡んだ数だけで言えば牡馬56キロ牝馬54キロが多いです。ただ、それは該当する斤量の頭数が多いので当たり前ではありますが。

牡馬の57キロの馬は9頭で(0.1.1.7)の成績、牝馬の55キロは2頭で(0.0.0.2)ですから、少なくともここ5年の結果では軸馬としての信頼性はあまり高いとは言い難いのではないでしょうか。

2016年は斤量57キロの馬は1頭出走していて2着、これで(0.2.1.7)になったわけですが、やはり勝ちきるには至らない感じですね。

2017年は斤量57キロの馬は2頭出走していて1着、これで(1.2.1.8)になりました。

2018年は斤量57キロの馬はおらず、56キロの馬は9頭もいたので、あまり斤量差で区別できない状態ですね。

突き抜けた存在の馬の出走が少ない事もあり、年が明けたばかりの3歳馬たちなので、東高西低の色が強く、1着は関東馬率がすごく高いです。

2016年は上位3頭が関東勢で決着しました。

2017年も上位3頭が関東勢で独占。

2018年も上位3頭が関東勢で独占。

競馬必勝法が存在する証拠・競馬で絶対勝つ方法

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする