大井競馬場必勝法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

大井競馬場の特徴から傾向、予想のコツや攻略法・必勝法の考察などについて話したいと思います。まず最初に各コースごとのざっくりとした有利不利を見てみましょう。

距離 1 2 3 4 5 6 7 8
1000
1200
1400
1500
1600
距離 1 2 3 4 5 6 7 8
1700
1800
2000
2400
2600
距離 1 2 3 4 5 6 7 8

過去10年間の実際の統計データを使用して有利・並・不利に分類していますが、ほとんどのコースでは有利と不利でもデータ上の数値の差はあまり大きくありません。コーナー通過回数の増える長距離になると枠順の有利不利が顕著になっている印象です。

大井競馬場の特徴

大井競馬場には内回りコースと外回りコースの2種類があって、コーナーの長さやカーブのアール(きつさ)はどちらも同じですがバックストレッチとホームストレッチの直線の長さが外回りコースの方が長くなっています。

外回りコースの場合、4コーナーを終えてゴールまでのラストスパートは南関東の4競馬場の中で最も長い距離となり、豪快な差しや追い込みが決まる事も多いですね。

南関東4競馬場直線比較グラフ

大井競馬場には芝生のコースはなく、全ての競走はダートと呼ばれるクッション砂を敷き詰めたコースを使用します。地理的に海が近いので風が強い日が多いのが特徴です。

風の影響については日本の競馬では雨などの天気と比べてあまり話題になることがありませんが、フランスなどのホースマンは風の抵抗をすごく気にします。

以前競馬の空気抵抗について考察した時の記事があるので、詳しく知りたい人は競馬空気抵抗の考察 風の抵抗とスリップストリームについての実験結果を読んでみてください。

フルゲート時の出走頭数も地方競馬最大の16頭となり、とにかく荒れて荒れて高配当が出現する事で知られていて、現在地方競馬の三連単最高記録である2600万円馬券も大井競馬で出現しています。

大井競馬場の傾向

大井競馬場の馬券的な傾向は、単勝1番人気が地方競馬の中で最も信頼出来ないという点が重要なポイントになるのでは無いかと思います。

以下は大井競馬場と川崎競馬場の人気別勝率を比較したグラフですが、上位6番人気ぐらいまでを見ると大体川崎の方が上位人気馬が頼りになるかなという印象を受けますね。

大井競馬と川崎競馬の人気別勝率の比較

とは言え川崎競馬も地方競馬の中ではさほど人気馬の勝率が高い方とは言えませんので、大井の方がさらに人気馬がアテにならないという事がよく分かります。

大井競馬が日本で最も荒れる理由

大井競馬の馬券の特徴はとにかく荒れると言うイメージです。統計をとってみればJRAと同様の確率で1番人気は勝っていますが、実際に馬券を買ってみるとどうも他の競馬場とは勝手が違います。

わけのわからない馬が来る。

これが大井競馬に慣れ親しんだファンの声です。よく言われる事なのですが、中央競馬では荒れたとしても新聞などの過去の成績を見れば「なるほど、まぁ来ても不思議はない」と思える馬が穴を開けます。

しかし、大井競馬の場合は「なんでこの馬が来たのか?」と長年競馬をしている人間でも首を傾げるような結果になる事が珍しくありません。

その理由は様々な要因によりますが、いくつか紹介します。

まず、大井競馬場と言う存在の日本でのポジションが荒れやすい原因の1つです。と言うのも、強い馬はJRAに行きます。そして、弱い馬は最終的には名古屋・笠松や岩手・金沢・高知と言った地方競馬場に流れて行きます。

必然的に他の地方競馬場よりも賞金の高い大井競馬場には、「JRAではそこそこまでしか通用しないけど、他の地方競馬に行くほど弱くもない」と言う中間層の競争馬たちが集まって来ると言う事です。

JRAのレースでも一番弱い馬たちが走る未勝利戦や、一番強い馬たちが走るG1よりも、1000万クラス・1600万クラス・G3などの中間クラスが最も荒れているデータを見ても、大井競馬が荒れるのも当然の話だと言えます。

また、基本的にJRAではそこそこしか通用しないレベルの馬たちなので、結局どこか問題を抱えている馬が多いわけですね。

例えばスタートにムラがある、雨が顔に当たるのが極端に嫌い、能力はあるのに走ってる途中で気分が変わる、好体調を長く維持出来ない…

そこに16頭と言う地方競馬最大のフルゲート頭数と、さらにトップジョッキー内田博幸・戸崎圭太などがJRAに移籍して騎手の能力がリーディング上位と下位との差が小さくなり、ここでも中間層現象が発生していて、そのため大井競馬と言うのは、よく荒れるわけですね。

大井競馬場予想のコツ

大井競馬場予想のコツは枠順による有利不利が読めるかどうかが大きいです。南関東競馬の大井競馬は基本的に月火水木金曜日の5日間連続で開催されるので、以下のような事が起きます。

晴雨雨曇晴
不良稍重

中央競馬の2日間と比べて、5日間となると天候によって馬場の状態が少しずつ変化する場合があり、クッション砂の下の路盤はコース外側から内側に向かって傾斜しているため、雨風による砂の流動や、馬場の乾き具合が内外によって違う場合があるわけです。

ご存知かも知れませんが、当然砂のダートコースは乾いている方が時計が遅くなりかつパワーを要求されて、湿っていれば時計は早く力もそれほどいりません。

参考:ダート雨 重馬場 不良馬場 競馬予想への影響

なので、もっとも良い枠からスタートして、もっとも良い「ゴールデンレーン」とも呼べる(芝で言うグリーンベルトですね)場所を通った馬がよく馬券にからみます。

今日は外差しばかりで決まるなぁとか、内枠しか来ないぞ…とか、前半は内枠が良かったが後半は内外フラットになったな…とか、そういう変化に敏感に対処する必要があります。

ただし、馬場と枠順だけで競馬の着順が決まるわけではありませんから、レース結果が順当な能力の差によるものなのか、それとも馬場に何か変化や偏りが発生しているのか、そういうところを見抜く目と言うのは必要になります。

大井競馬場の攻略法・必勝法

上記のような事を踏まえて大井競馬場の馬券的な攻略法・必勝法について考えてみると、やはり馬鹿正直に本命ばかりを狙って的中だけを目指すよりも、的中率自体は若干下がったとしても穴狙いをする方が馬券の収支は上向くはずです。

競馬ファンの多くは一番勝ちそうな馬の馬券を買いますから、先ほど話した中間層のレースで各馬の能力差が小さくても同様に馬券を買ってしまい、結果どれが来てもおかしくは無いのに上位人気の馬のオッズが不当に低い事はよくあります。

また大井競馬場の過去データを分析してみると、単勝1番人気がオッズ1倍台の時に買い続けると回収率はとても低くなります。しかし、3倍台ぐらいのやや頼りなさを感じてしまう程度の1番人気だと、勝率は1倍台より随分悪いですが、回収率は良くなります。

もちろん全体の3割程度は1番人気が勝つのですから、荒れないレースも多いわけですが、ガチガチのレースが好きならもっと適した競馬場があるだろうとは思いますね。

たとえばレースがスタートした瞬間に勝ちが確定してしまうという競馬必勝法を私が以前競馬必勝法が存在する証拠・競馬で絶対勝つ方法で書いた事があるんですが、そういう方法ならいくら荒れても関係ありません。

競馬に絶対は無い!
…けど、馬券で毎月60万ぐらい稼ぐ方法ならあります。詳細はこちら
※人数限定のため急いでください!

私からのプレゼントです!

累計8300名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。30秒以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。内容が濃すぎて解除したくはならないとは思いますが、去る者追わずで気持ちよく簡単に解除できるので、気軽に申し込んでください。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項