東京記念 過去データ 傾向【大井競馬場2400mコースの特徴】

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

東京記念は大井競馬場の2400mコースで行われる重賞です。東京記念の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

※大井競馬場の2400mコースは現在東京記念以外で使用されない東京記念専用コースなので、この記事は大井競馬2400mの特徴分析の記事も兼ねています

東京記念の過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は2.4.0.4と連対率は6割とまずまずなんですが、勝率が低く、信頼度が高いとは言い難いですね。

うまめし偏差値:45

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は45なので、どちらかと言えば三連単が安めの配当で決着する年が多いレースですが、過去10年で10万円以上の配当になった年も2回あるので、平穏な年と荒れる年の格差が大きいレースだと言えます。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 480 960 34390
2017 12320 32180 687250
2016 210 1770 5830
2015 510 590 7550
2014 280 180 2090
2013 690 4500 440110
2012 1060 4160 84260
2011 350 610 4510
2010 140 1560 12390
2009 450 950 45500
2008 180 270 1090

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、外枠は若干不利なようですね。少頭数だと8枠でも馬券に絡んでますが、多頭数の年だと8枠が苦戦しているのが良くわかります。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢 劣勢

2018年は2枠→3枠→4枠の順で決着しました。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ馬は過去10年間で勝ち馬こそ出ていないものの、6頭が馬券に絡んでいて、無視はできない存在ではありますね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 優勢 劣勢 劣勢

まずは先行タイプの馬を中心視するのがセオリーってところでしょうか。

2018年は逃げ馬→2番手→4番手の順で決着しました。

予想のヒント

斤量は56キロ未満の馬は過去5年馬券対象になっておらず、年齢は意外と高齢馬でも馬券に絡んでいて、毎年のように7歳・8歳・9歳ぐらいの馬が馬券に絡んでます。

人気は比較的上位人気で決まりやすい傾向がありますね。

過去10年のローテーションで共通しているのは、1着になった馬は8月に1回競馬を使っているか、休み明けの場合は帝王賞から直行している場合が多い事。ある程度能力が高いか、順調にレースをこなしている調子の良い馬が狙い目と言うことかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする