京都競馬場 特徴傾向と開幕週分析

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

京都競馬場の特徴や傾向について考察していきたいと思います。

京都競馬場コースの要点

京都競馬場の芝コースの特徴は3コーナーを頂点とする高低差があることと、ゴール前の直線が平坦である事。

京都競馬場コース図

3コーナーの上り坂でスタミナを削られるものの、直線が平坦なので最後の踏ん張りがききやすく、逃げ・先行馬にとっては走りやすい競馬場だと言えます。

京都競馬場の人気傾向

京都競馬場の単勝1番人気の勝率を見ると、ほぼ平均的な勝利となっています。

1番人気 勝率判定
31.3%
ダート 29.6%

京都競馬場の枠順脚質傾向

芝コース

芝コースでは全体的に内枠が有利な傾向があり、逃げ・先行タイプの馬が馬券に絡む確率が高くなっています。

ならば内枠の逃げ馬はさぞ有利かと思いきや、実は1枠よりも8枠の逃げ馬の方がわずかですが勝率は高くなっています。

ダートコース

京都競馬場のダートコースでは逃げ・先行タイプの馬券に絡む確率が芝コースよりももっと高くなっています。

枠順では短距離では若干外枠が有利になっていますが、1800mコースではコーナーが4回に増える影響で内枠が有利になっています。

京都競馬場のコース分析

京都競馬場は各距離設定のコースによって多彩な傾向があります。詳しくは以下のリンクで見たいコースのページに飛んでみてください。

京都競馬場の血統傾向

京都競馬場の芝コースではディープインパクトを筆頭にサンデーサイレンスの血を引く産駒の適性が合うようですね。あとはキングカメハメハを代表格にミスプロ系も。

順位種牡馬名勝率
1 ディープインパクト13.5%
2 キングカメハメハ10.3%
3 ハーツクライ8.5%

まだ産駒が少ないのでリーディングサイアーのトップ3には上がっていないものの、ロードカナロアやフランケルも今後伸びていくでしょうね。

ダートコースのリーディングサイアートップ3は以下の通り。

順位種牡馬名勝率
1 キングカメハメハ11.1%
2 エンパイアメーカー10.0%
3 ゴールドアリュール7.9%

芝コースでは高いパフォーマンを見せたディープインパクト産駒も、ダートではサッパリですね。

京都競馬場の騎手傾向

順位種牡馬名勝率
1 M.デムーロ20.7%
2 川田将雅16.0%
3 ルメール21.8%

近年の勝利数を基準とした順位では上記3名がトップ3ですが、それらに続く武・福永も勝率は優秀。ただ、馬券的にはさらに続く和田・松山あたりが美味しくなるケースも多い。

京都競馬場の開幕週傾向

単に開催の始まる週を開幕週とすると、毎年京都競馬場は1月と2月を連続で開催するので、純粋に芝の状態が良いと言える1月・5月・10月の開幕週傾向について解説します。

やはり芝の状態が良いだけあって、初日〜4日目ぐらいまでの逃げ馬は開催後半の逃げ馬と比べて馬券に絡む確率が高くなっています。

ここ数年の開幕週データによると、京都の開幕週は1番人気の勝率がかなり低くなっているので馬券的には難しいレースが多いと言えますね。

また、開幕週は芝の状態が良いのでラチ沿いを走れる内枠が良いイメージがありますが、実際には逆に開幕週はインに各馬が殺到する分不利を受けやすくなっています。

京都競馬場の主要な重賞

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項