京都競馬場ダート1200m特徴

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

京都競馬場のダート1200メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

京都ダート1200mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳平均以上
3歳ほぼ平均
4歳以上平均以下

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5×
6 7 8×

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

京都のダート1200mコースは向正面側の2コーナー終了付近からのスタートです。京都ダート1200mコースは逃げ・先行馬が有利なコースです。

京都競馬場 ダート1200mコース図

スタート地点から最初のコーナーまでは直線で400mと充分な距離があり、これは阪神ダート1200mと比べて50mほど長いわけですが、通常ですと外から先行しようとする馬がしつこく内枠の先行馬に絡んで競り合いになりがち。

結果的に内枠の馬が不利になってしまうため内枠の先行馬がやや不利を受けるケースが多いようです。

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5×
6 7 8×

ただし外枠なら何でも良いかというとそういうわけではありません。

京都のダート千二はスタートから200mほどはかなり緩やかな上り坂になっているのですが、ほぼ平坦と考えても良いレベルの勾配です。

そして200m地点から400m地点あたりまでが急激な上り坂になっています。なので例えば外枠の先行馬が、この上り坂で無理をして内枠の先行馬を競り落とそうとすると、相手よりも自分の方がレースの終盤で苦しくなってしまいます。

その為、京都競馬場のダート1200mは基本的には先行争いは長期化せず、内枠でスタートをきちんと決めた先行馬は外の馬を見ながら上り坂に到達するのを待てば、自然とポジションが固まるわけですね。

コーナーについての分析

そして3コーナー4コーナーは綺麗な曲線と言うよりは京都競馬場特有の「折れ曲がるような」カーブになっているのが特徴です。

なので外枠の馬はさらに大回りする事により距離損が発生してしまい、そのロスを埋めるには十分な能力が必要で、五分五分の能力であれば枠順の違いがクッキリと出てしまいます。(ペースにもよる)

さらに直線は高低差の無い平坦な直線で329mと他場コースと比べて長いと言うわけでもなく、直線に上り坂などのスタミナを削る要因も無いため、逃げ先行した馬がそのまま粘り込む条件が綺麗に揃ったコースだと言えます。

京都ダート1200m 血統傾向

京都ダート1200mコースで単勝オッズ5倍以上で勝つ事が多い種牡馬を調べてみました。(出走機会30回以上のみ集計)

ただし、プリサイスエンド産駒は単勝オッズ5倍以下の人気馬だと成績が悪かったですね…。こういう場合は血統的な背景ではなく単なる偶然だったという可能性も考えられます。

上記のそれ以外の種牡馬は人気だとさらに活躍していますから、血統的に適性が合うんじゃないかと推測できますね。ダート血統の産駒が成績悪し。

京都ダート1200m 重・不良馬場

京都ダート1200m 騎手傾向

京都ダート1200m 重賞・OP

コースレコード 1:09.1

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項