うまめし.com 競馬必勝法

うまめし.com 競馬必勝法

京都競馬場ダート1200m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

こんにちは、うまめし.comの北村です。

京都競馬場のダート1200メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向をお話したいと思います。京都のダート1200mコースは向正面側の2コーナー終了付近からのスタートです。

京都競馬場 ダート1200mコース図

京都のダート千二は内枠の逃げ・先行馬が有利なコースです。理由は以下の通り。

スタート地点から最初のコーナーまでは直線で400mと充分な距離があり、これは阪神ダート1200mと比べて50mほど長いわけですが、通常ですと外から先行しようとする馬がしつこく内枠の先行馬に絡んで競り合いになりがち。

結果的に内枠の馬が不利になってしまうのが通常のパターンですが、京都はちょっと事情が違います。京都のダート千二はスタートから200mほどはかなり緩やかな上り坂になっているのですが、ほぼ平坦と考えても良いレベルの勾配です。

そして200m地点から400m地点あたりまでが急激な上り坂になっています。なので例えば外枠の先行馬が、この上り坂で無理をして内枠の先行馬を競り落とそうとすると、相手よりも自分の方がレースの終盤で苦しくなってしまいます。

これと真逆なのが中山競馬場のダート1200mで、スタート地点から最初のコーナーまでのおよそ500mはずっと下り坂が続いているため、外枠の先行馬が消耗しないためそう簡単に内枠の先行馬に楽をさせません。

その為、京都競馬場のダート1200mは基本的には先行争いは長期化せず、内枠でスタートをきちんと決めた先行馬は外の馬を見ながら上り坂に到達するのを待てば、自然とポジションが固まるわけですね。

脚質と枠順の有利不利について

そして3コーナー4コーナーは綺麗な曲線と言うよりは京都競馬場特有の「折れ曲がるような」コーナーで、外枠の馬はさらに大回りする事により距離損が発生してしまい、相当能力の高い馬でなければそこから盛り返す事は難しく、五分五分の能力であれば枠順の違いがクッキリと出てしまいます。(ペースにもよる)

さらに直線は高低差の無い平坦な直線で329mと他の競馬場のダートコースを比べて長いと言うわけでもなく、直線に上り坂などのスタミナを削る要因も無いため、逃げ先行した馬がそのまま粘り込む条件が綺麗に揃ったコースだと言えます。

2013年から2015年までの馬番号別の統計(16頭立てのレースのみで集計したものです)を見ると外枠が極端に勝率が低いという事はありません。

2013年以降馬番別データ

むしろ逆で内で馬群に閉じ込められやすい枠順・脚質の馬の方が勝率が低くなってますね。1200mという事もあって先程も言ったように枠順を問わずスッと先手を取れる逃げ馬・先行馬の成績はやっぱり安定しているようです。

京都競馬ダート1200mで行われる重賞は以下の通り

うまめし.comで本物の競馬必勝法をあなたに。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項

うまめし.com 競馬必勝法

Copyright © 2002-2017 www.umameshi.com All Rights Reserved.