佐賀記念 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

佐賀記念は佐賀競馬場の2000mコースで行われるダートグレード競走です。佐賀記念の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向をさぐっていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は4勝と平凡で、本命が堅いイメージの強いダートグレードの割には信頼度は普通ですが、さすがに馬券圏内には8回も来ていて、2番人気と3番人気もそれに全く同じに並んでいます。

うまめし偏差値:39

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は39とかなり堅い傾向を示していて、過去10年間で3連単ですら万馬券になったのが2回だけという事を見ても、荒れづらいレースだと言えそうです。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 280 400 1350
2017 290 350 1900
2016 900 2790 25030
2015 290 410 1760
2014 460 490 5930
2013 150 130 940
2012 3130 4850 91820
2011 320 330 4850
2010 670 550 2340
2009 110 480 990

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、真ん中よりもやや外側で競馬できる方がデータ的には良さそうに見えますが、多分上位馬と下位馬の能力差が大きいので枠順の差はあまりシビアに考えなくても良さそうな気がします。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 ほぼフラット

2018年は1枠→5枠→7枠の順で決着しました。

佐賀競馬場の2000mコースについては佐賀2000m特徴でも書いているので、よかったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、圧倒的に逃げ・先行が優勢。ただし、これはJRA勢と地方勢の能力格差があって、弱い馬が必然的に後方ポジションになりやすいだけという事もあります。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

形状的にも差し・追い込みが有利なコースとは言いがたいので、この傾向も当然ですかね。

2018年は7番手→6番手→2番手の順で決着しました。

予想のヒント

所属傾向

所属の傾向を見てみると、JRA所属馬と地方競馬所属馬が一緒に走るものの、過去10年間で地方馬が馬券に絡んだのはたった1回きりとJRAが優勢です。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする