笠松競馬場特徴

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

笠松競馬の特徴や傾向について解説していきます。

笠松競馬場の特徴

笠松競馬場の特徴は、向正面に緩やかな下り坂があり、これによって後ろに控えていた馬がスピードを上げやすくなっているため、逃げが有利なわりに意外と差しも届きやすくなってる。

※笠松競馬場コース図
笠松競馬場コース図

内ラチに近いインコースは砂が深いので、通るとスタミナを消耗しやすい。最後の直線は201mと短く、基本的には逃げ・先行タイプに有利なコース。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

笠松競馬場の予想のコツ

笠松競馬は基本的には逃げ馬に有利なコースなので、逃げ・先行タイプの馬を中心に予想すると良い。差し・追い込みタイプの馬は後ろで脚を溜めていると言うよりは、追走一杯になっているだけのケースも多い。

笠松競馬は名古屋競馬と地理的に近いため連携をとっていて、名古屋競馬の馬やジョッキーが笠松のレースに出る事はよくある。名古屋の方が若干賞金が高いにも関わらず笠松に来ると言う事は、それだけ勝算があるので、名古屋所属の馬やジョッキーを重視するのがセオリー。

笠松競馬は外枠が有利なので、覚えておくと良い。

笠松競馬場の枠順傾向

笠松競馬場は「やや外枠有利な競馬場」だと言えます。とは言え、内枠の強い馬と外枠の弱い馬では、当然内枠の強い馬の方が勝率は高いですが、強い馬が外枠に入ると鬼に金棒と言えます。

枠々馬場傾向

日付12345678
2022/11/1441334636
2022/11/1644175534
2022/11/1746351464
2022/11/1817682414
2022/11/2836655212
2022/11/2933655620
2022/11/3025634550
2022/12/0124367242
2022/12/0223455443
2022/12/0934346733

笠松競馬場の人気傾向

笠松競馬の人気別勝率グラフ

単勝人気別の勝率を見てみると、やはり1番人気が最も勝率が高く、人気が無くなるに連れて、勝率も順当に低下していきます。全体の7割のレースで1番人気か2番人気のどちらかが勝っていますね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

笠松競馬場の騎手傾向

笠松競馬は2021年に不祥事により多くの騎手・調教師が処分され、その関係もあって所属騎手が9人しかいません。フルゲート10頭から12頭に発馬機やシステムを改善したにも関わらず、皮肉にも笠松単独では9人しか騎手がいません。

当面は名古屋競馬の騎手に遠征してもらって人数を合わせていて、名古屋の岡部騎手・今井騎手らが好成績を残していて、地元笠松所属では渡邊竜也騎手がそれに並ぶと言ったところ。

笠松競馬の馬のレベル

笠松競馬所属の馬は、正直言ってレベルが高くはありませんね。もちろん笠松でもトップクラスの馬になれば、賞金の高い園田や名古屋の重賞で勝ち負けできる馬もいます。

でもダートグレードなどでJRAの馬に匹敵するほどの馬は滅多にいません。また笠松の法人馬主の中には勝ち負けして賞金を稼ぐのでは無く、とにかく数多く出走させる事で採算を合わせている馬主もいます。

賞金額も低いため、強い馬が集まりづらく、さらに上記のような場合だと馬の健康面・状態面でも安定しているとは言えない場合もあり、その見極めが重要になります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ