笠松競馬場1600m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

笠松競馬場の1600mはダートコースで、3コーナー奥のポケットから4コーナーに向かって先行争いになります。レースの映像はゲートを斜め横から捉えているので、スタートから先行争いの様子はハッキリ言って見づらいです。

笠松競馬場1600mコース図

笠松競馬場1600m 枠順傾向

外枠が有利だった1400mと違って、1600mでは一気に内枠有利に偏ります。なぜかと言うと、スタートして最初のコーナーまでの距離が200mしかなく、外枠で先行したい馬はトップスタート、好ダッシュが出来るような馬でないと、内枠のそこそこ良いスタートで、そこそこの行き脚の馬に先行争いで負けてしまうからです。

笠松競馬場1600mスタート地点写真

1週目のホームストレッチで先行ポジションを取り返そうと動く外枠馬もたまにいるのですが、ただでさえ最初のコーナーを外を周っただけで数メートルの距離損を食らってますから、よほど強い馬で無い限り、そこで先頭を奪えたとしても最後に潰れてしまいます。

裏を返せば強い馬なら無理に最初のコーナーでは脚を使わず内枠の馬を消耗させておいて、ホームストレッチで改めてハナのポジションを頂くと言う作戦も有りです。

各馬が動き出す仕掛けどころなんかは千四と大差なく、差し・追い込み馬はバックストレッチを一杯に使って加速して捲る事が多いですね。脚質的にはやはり逃げが有利ではあるんですが、やっぱり200mの距離が増える分差しが決まりやすくはなってます。先行争いをいかに楽をして乗りきれるか?が予想のポイントです。

あと1つ注意して欲しいのは1600mコースの先行争いで、外枠の馬が最初のコーナーまでに先行してインを取りきってしまおうと強引に動いて行くと、1枠2枠あたりの馬は窮屈になり最悪3コーナー側に押しやられてしまう場合があります。

笠松競馬の先行争い1600メートル

これも通常の競馬中継では横からの映像なので全然わかりませんが、超危険ですし、もう押し込められた馬はレースになりません。

一旦馬群をやり過ごして最後方から行くしかありません。内枠有利のレイアウトでも、内枠なら何でも良いわけではなく、意外と外枠が馬券的には美味しかったりします。

笠松競馬場1600m 脚質傾向

笠松競馬場の1600mコースはコーナーを5回通過する上に直線部分が少ないので、基本的にはペースはさほど速くならないのですが、向正面で動いた馬がいてペースが上がると差しやマクリが決まりやすくなります。

統計データによると逃げ馬の勝率は20%程度で、これが1番人気の逃げ馬になると48%まで勝率がアップします。(ちなみに複勝率は84%程度)

しかし、先行ポジションに付けた単勝1番人気の馬は勝率56%あり、むしろ適当な馬に逃げさせておいて、2番手3番手で脚を溜める競馬に持ち込んだ方が有利だということです。

笠松競馬場1600m 人気傾向

笠松競馬場1600mコースの人気順別データを見てみると、言うまでもなく単勝1番人気が最も勝率が高いのですが、前走の人気が高い馬も勝率が高い傾向にあります。

前走勝率
1番人気23%
2番人気19%
3番人気16%
1着17%
2着21%
3着18%

前走勝った馬の勝率が2着の馬より低いのは昇級して強い馬と戦っているからでしょうが、それにも関わらず意外と高い勝率をキープしている事は覚えておきたいですね。

笠松競馬1600mで行われる重賞は以下の通り

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項