エルムステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

エルムステークスは札幌競馬場のダート1700mコースで行われる重賞です。エルムステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探って行きたいと思います。

エルムステークスの過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は2.1.4.3で、3着以内には平均レベルで来ているものの、単・連という視点だと信頼度がかなり低めである事が伺えます。

うまめし偏差値:49 Nタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は49のNタイプ(ニュートラル)で、特にガチガチに堅い傾向も、大波乱ばかりになる傾向も出ていません。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 410 1270 7700
2017 1220 850 63650
2016 2850 9660 68270
2015 410 1460 63770
2014 520 3410 117750
2013 800 2950 15740
2012 150 260 3430
2011 160 2890 20850
2010 370 1750 9100
2009 480 14290 241320
2008 500 2170 67490

枠順傾向

枠順傾向を見てみると、やや内枠が優勢ですが、インコースになればなるほど有利というわけではありません。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

2018年は5枠→2枠→3枠の順で決着しました。

2017年は上位3頭が2枠3枠で占められました。

札幌競馬場のダート1700mコースについては札幌ダート1700m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質傾向を見てみると、ほぼ先行一色で、差し・追い込み馬を買うぐらいならまだ逃げ馬を買った方がマシですが、せいぜい3着止まりが殆どです。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 優勢 劣勢 劣勢

2018年は3番手→逃げ馬→14番手の順で決着しました。

予想のヒント

枠順と脚質に傾向があるので、内目の枠である程度好位置につけられる先行馬がいれば、人気薄でも警戒しておいた方が良いでしょうね。

過去10年間の勝ち馬の半数ほどが「前走1着」で、前走のクラスはG2やG1などの格が高いレースでも今回の成績に直結していない場合が殆どですから、前走のレースの格付けの高さよりも好調さをキープできているかどうかが重要なポイントになりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする