シルクロードステークス 過去データ 傾向

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

シルクロードステークスは京都競馬場の芝1200mコースで行われる重賞です。シルクロードステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年の払戻金データから、過去配当傾向を見てみると、単勝1番人気は2勝だけと苦戦していて信頼度は低め、その一方で2番人気3番人気の成績が良好です。

うまめし偏差値:57

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は57で、どちらかというと荒れる決着なる年の方が多い事を示しています。

ただ、最初にも言ったように1番人気が頼りないので荒れはしているものの、2番人気3番人気がその分好走するので、3連単の配当は超高配当にもなりづらく、荒れるレースというよりは堅くはないレースと言った方が適切かも知れません。

10年間で馬連万馬券は1本だけ。

枠順傾向

枠順の有利不利があるかどうかを見てみると、外枠が全然ダメという事は無いのですが、それでも真ん中より内側の枠と比べると外枠の馬は馬券に絡む頻度が乏しいですね。

外枠だと勝ちきれてないケースが多いです。

2017年は5枠→7枠→6枠で決着しました。

馬齢傾向

馬齢で見てみると短距離戦ではありますが6歳以上の馬でもバンバン馬券に絡んでいます。ハンデ戦なので、それなりの馬にはそれなりのハンデが課されるからでしょう。

目安としては8歳以降は馬券に絡んだ実績が少ないので、年齢で判断するならそのあたりがボーダーラインかなと思います。

2017年は7歳→4歳→5歳の順で決着しました。

斤量については特に傾向を感じません。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ馬は馬券圏内には4割来ているものの勝利がなく、先行ポジションがもっとも有利。差しと追い込みはほぼ同等と見て良さそう。

2017年は10番手→3番手→同3番手の順で決着しました。やはり先行ポジションは馬券に絡む頻度が高いという傾向にあてはまってますね。

ローテーションの読み

勝ち馬の過去成績を見てみると、レースの格こそ1600万下条件から重賞まで差があるものの、過去10年の勝ち馬の内9頭が前走3着以内でした。格より調子と言えそうな傾向です。

京都競馬場の芝1200mコースについては、京都 芝1200m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする