白富士ステークス 過去データ 傾向

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

白富士ステークス東京競馬場の芝2000mコースで行われるオープン特別競走です。白富士ステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は2回しか勝っておらず、意外とあっさり着外に飛ぶ事が多いので信頼度はあまり高いとは言えなさそうですね。

うまめし偏差値:46 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は46のBタイプ(バランス)で、1番人気が頼りないわりにはあまり3連単が高配当ばかりにもならないのは、2番人気3番人気あたりの好走率が良いからでしょう。

枠順傾向

過去のデータを見てみると、距離や施行時期には変動がなく1月末から2月頭ごろの東京競馬場で4歳以上のOP特別となっています。

東京競馬場の芝2000mはスタートから間もなくコーナーがあるので、理屈としては内枠が有利になりやすそうなコース形状をしているのですが、実際には内過ぎず外過ぎず好位から中団あたりに無理なくつけて、最後の直線で切れる脚を使える馬が上位に来やすいようです。

2016年は6枠→1枠→7枠で決着しました。枠順よりも能力の方が重要ですね。

2017年は1枠→8枠→7枠で決着しました。比較的上位人気の差し馬が多く馬券に絡みました。

斤量傾向

別定戦なので実績のある馬ほど斤量が重くなりますが、馬券の中心は4歳から5歳の斤量55キロから56キロあたりの極端ではない馬の方が良いようですね。過去5年間では負担重量が出走メンバーの中で最も重かった馬は3着が1回だけで後は全部着外ですが、あまり人気にもなってません。

2016年は出走メンバーの中で斤量が最重量だったのは58キロのサトノアポロで、11番人気という事もあり11着でした。ちなみに上位3頭はいずれも56キロ。

2017年も上位3頭は56キロで、それより重いのは57キロが3頭いましたが、いずれも6着以下と凡走。

ローテーションの読み

過去5年の1番人気で馬券圏内の3着にも入れなかった馬はトップカミングとワールドエースの2頭で、トップカミングは約5ヶ月の内に8戦とかなり過密なローテーションで、ワールドエースの場合は逆に1年半以上の休み明けだった。やはり順調に無理のないローテーションでレースを使っているかどうかは注目しておきたいですね。

2015年の白富士Sは2番人気→3番人気→1番人気と比較的平穏な決着となりましたが、やはり1番人気でありながら3着に負けたスーパームーンは約3ヶ月ぶりのレースで、2着のエックスマークも2ヶ月ぶりのレースだったが、1着のアズマシャトルは金杯からの約1ヶ月という一般的なレース感覚で、前走がG3での戦いだと考えると、相手関係は楽になっていてのも勝因の1つだと思います。

2016年は2番人気→1番人気→3番人気と、やや平穏な決着になりました。

2017年は3番人気→5番人気→2番人気で決着。1番人気は飛んだものの、上位人気がそれなりに好走するのは近年の傾向と言えます。

近年の傾向としては、関東で行われるレースですが、関西からの遠征馬がよく活躍しているのが目立ちますね。まぁその馬達は人気も集めてるんで、必然と言えば必然ですかね。

2016年は関西馬が掲示板独占でした。

2017年は関西→関東→関西で、やはり関西馬がやや優勢。

東京競馬場の芝2000mコースについては、東京 芝2000m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする