東京競馬場芝2000m特徴

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

東京競馬場の芝2000メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

東京芝2000mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳平均以上
3歳平均以上
4歳以上平均以上

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5×
6 7 8×

詳しいコース分析

東京競馬場の芝2000mはG1天皇賞(秋)とフローラステークスが行われるコースです。観客席から見て右側の1コーナー奥にあるポケットからスタートします。

東京競馬場-芝2000mコース図

スタートしてすぐに左にカーブを描いていて、外枠よりは内枠の方が有利になっていますが、意外な事に6枠は突出して勝率が高いです。

スタート直後にコーナーを迎えるという事は、それだけ外枠の馬にとっては良いポジションを獲得するのが難しいわけです。以下の画像を見てください。

スタート後すぐコーナーのコースで後方視点の図

スタート前はこうして横一列の状態です、一番右側のピンクの帽子の騎手になったつもりでイメージしてみて欲しいのですが、もし先行馬なら絶対にスタートを決めてダッシュもきかせないとレースになりませんよね。

スタート後すぐコーナーのコースで後方視点の図2

上図のように行き損ねてしまえばコーナーで外々を通らされて、向正面に出た時には中団よりも後ろのポジションに下がってしまう事になります。

上記の図では画像作成の都合で8頭立てになっていますが、これが最高18頭立てで行われる事もあるのですから大外の馬にとってはかなりレース序盤は重要です。

で、以下のコース図で1800mと2000mの最初のコーナーでの角度を見比べてみてください。(上段2000m:下段1800m)

東京競馬場-芝2000mコース図

東京競馬場-芝1800mコース図

見ての通り1800mコースでは最初のコーナーで身体の向きを約45度転回させるのに対して、2000mでは90度の転回をしなければなりません。

1800mコースなら外側を通らされる外枠の馬は一瞬だけ無理すれば良かったのが、2000mだとさらに数秒の無理をするか、あるいは諦めて後ろのポジションに甘んじなければならないという事です。

東京競馬場 芝2000mの脚質傾向

JRA全10場の全ての競馬場に芝2000mの距離設定がありますが、脚質による有利不利は結構違いがあります。東京競馬場の芝2000mは中山や小倉とともにワースト3に入るほど芝2000mの中では逃げ馬の勝率が低いコースです。

2000mを逃げきるだけのスタミナを持っていたとしても、東京競馬場は他の競馬場と比べてコーナーの通過回数が少なく直線部分が長いため流れが速くなりやすいし、コーナーの径も大きいためそこでもスピードが落ちづらいですし、最後の直線には上り坂もあります。

逃げ馬にとってはあまり歓迎しない条件が多々重なっているコース。

東京競馬場 芝2000mの人気傾向

東京競馬場の芝2000mでは単勝1番人気の勝率は平均よりも少し良いといったところです。1番人気から3番人気あたりの上位人気馬は、オッズ以上の仕事をしてくれる事も多いのが統計データからは伺えます。

種牡馬別の成績を見てみるとディープインパクト産駒がとても活躍していて勝率も高いのですが、すでに周知の事実…という感じなのか過剰人気になってしまうケースが多くて、回収率を見るとディープインパクト産駒は買い時を選ぶ必要があります。

東京芝2000mの血統種牡馬

東京芝2000mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

直線の長い東京の中距離とあって、いかにもディープインパクト産駒は合いそうで、実際合う。

なので出走数も勝利数も多いが、好走できるのは「アタリ」だけで「ハズレ」は普通に走らない。

東京芝2000m重不良馬場での傾向

東京芝2000m騎手傾向

東京芝2000mで行われる重賞・主要レース

コースレコード 1:56.1

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項