東京競馬場芝1600m特徴

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

東京競馬場の芝1600メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

東京芝1600mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳ほぼ平均
3歳平均以上
4歳以上平均以下

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5×
6 7 8×

詳しいコース分析

東京競馬場の芝1600mはNHKマイルCや安田記念、ヴィクトリアマイルなどG1レースでも使用される事が多い開催頻度の高いコースの1つです。

東京競馬場-芝1600m

2コーナー終点付近からスタートして、バックストレッチ(向正面)を目一杯使って走るので、最初のカーブである第3コーナーまでの距離は500m以上あり、極端に内枠が有利になったり外枠が有利になったりするコースではありません。

しかし、コーナーまでの直線距離が長いと言う事は、内枠の先行馬にとっては外枠の馬に長く競りかけられる機会が増えると言う事であり、その場合は内枠の先行馬がレース前半でスタミナを大きく消費する可能性はあります。

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5×
6 7 8×

安田記念などは毎年のように荒れるレースの1つですが、1600mと言う距離は先行馬がゆったりとした流れにはなかなかならないし、最後まで粘り切るにはかなりスタミナが必要です。

そして、上記のような先行馬にとって苦しい特徴がありますから、 先行馬がバテてしまった場合、その直後にポジションを取ったインコースの差し馬はバテた先行馬が壁になって、 すぐには馬群から抜け出せないシーンが良く見られます。

芝の痛み具合によっては直線で芝の状態の良い場所を通りたい馬が「横移動」するため、 (または壁になっている前の馬が直線の上り坂で単純にフラつく場合もあるでしょうし) 抜け出るチャンスがあるのですが、芝の状態が内外でフラットな状態だったりすると、 インコースに閉じ込められた馬が馬群から抜け出た頃には外側から差して来た馬は一気にスピードに乗って差し切ってしまいます。

下級条件になればなるほど、差し・追い込みの馬が大して切れ味が無かったりするので、 結局中団より前のポジションの馬だけで馬券になってしまったりもあるのですが、 上級クラスになるとレース全体のペースも早くなりますし、差し・追い込み馬も末脚のレベルが未勝利や500万クラスとは違ってきますから注意が必要です。

東京芝1600mの血統種牡馬

東京芝1600mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

ディープインパクト産駒は出走数も多く勝率も高いのですが、その分馬券も人気が集中してしまい大きく損はしないが得もしない平凡な結果に。

合う種牡馬、合わない種牡馬が結構はっきりしているコースなので、馬券的には狙いはつけやすいですね。

ステイゴールド産駒やクロフネ産駒は、人気を集めている時より、やや存在感が薄い馬の時が配当的な妙味ありです。

東京芝1600m重不良馬場での傾向

東京芝1600m騎手傾向

大レースの開催も多いコースで、外国出身騎手と関西騎手が来れば関東騎手の存在感はかなり薄いですね。

一概に騎手の優劣とは言えず、東西の馬質の違いが近年は西高東低傾向だった事もあるかも知れませんが…

東京芝1600mで行われる重賞・主要レース

コースレコード 1:31.3

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項