浦和・桜花賞 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

浦和競馬の桜花賞は、南関東地区の3歳牝馬の1冠目のレースとなります。浦和・桜花賞過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気の成績は3.1.3.2で大体普通レベルなんですが、勝ったのはオッズ1倍台ばかり。

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
5 6 6 レイチェルウーズ 牝3 54 本田正重 1:42.3 1.1/2 5-5-5-5 38.2 1.3 1
1 2 2 トーセンガーネット 牝3 54 左海誠二 1:40.4 3-3-3-1 38.6 1.7 1
1 1 1 プロミストリープ 牝3 54 御神本訓 1:41.6 6-6-7-6 37.7 1.3 1
8 7 8 アップトゥユー 牝3 54 阿部龍 1:44.7 2 3-3-4-7 42.0 2.7 1
1 3 3 モダンウーマン 牝3 54 山崎誠士 1:41.9 3-3-3-2 38.0 1.1 1
9 7 8 スターローズ 牝3 54 山崎誠士 1:45.0 3/4 11-11-10-9 39.6 3.0 1
3 5 5 テイクユアチョイス 牝3 54 真島大輔 1:43.3 1/2 3-3-3-3 38.8 2.3 1
3 6 7 カイカヨソウ 牝3 54 今野忠成 1:43.0 5 6-5-4-4 38.7 1.1 1
3 3 3 エンジェルツイート 牝3 54 森泰斗 1:44.6 1/2 3-3-3-3 41.0 2.0 1
2 1 1 バックアタック 牝3 54 坂井英光 1:43.0 2.1/2 1-1-1-1 40.5 2.6 1

こんな感じ。

波乱度

平均的な配当域で決着する事が多いですね。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2020 1,080 260
350
480
9,170 6,880 1,010
1,410
1,320
17,970 18,500 115,730
2019 170 110
300
140
1,610 1,450 490
210
1,100
1,710 1,850 7,250
2018 130 100
300
150
1,260 1,430 560
180
850
1,610 2,050 6,170
2017 530 210
400
250
3,910 3,270 980
560
1,360
6,210 5,330 37,410
2016 110 100
150
290
170 260 140
380
1,140
290 1,820 3,410
2015 410 170
170
240
1,050 940 440
1,130
1,310
2,010 4,980 19,570
2014 1,110 220
110
120
4,320 1,400 470
520
210
3,880 1,280 11,380
2013 830 130
200
100
4,800 5,360 810
160
420
11,260 1,190 25,550
2012 820 220
210
130
3,900 4,010 720
480
370
7,720 2,550 29,520
2011 530 190
130
300
420 700 390
1,210
820
1,740 4,570 17,550

3連単だと大体1万円台から2万円台の範囲が多いですね。

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、圧倒的に内枠が優勢です。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

脚質の傾向を見てみると、逃げ・先行馬が圧倒的に優勢で、差し・追い込みのポジションからだと、馬券に絡むのはかなり厳しい状況です。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

ダートですし、浦和競馬場の直線は短いので、どうしても差し・追い込みは不利。

2010年のショウリダバンザイは3番人気で大外枠から勝ってますが、その後に関東オークスで5着に来ており、一緒に桜花賞を走った1番人気馬は泣かず飛ばずになっているところを見ると、外枠であるにも関わらず勝てるほど強かったと言えそうです。

これは浦和競馬場の1600mコースの特徴がおおいに影響していて、詳しい事は浦和1600m特徴にも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

予想のヒント

過去の勝ち馬の多くに共通しているのは「前走ユングフラウ賞の上位馬」であるという事、そこにプラスして「桜花賞で好枠を引く事」となっています。

ユングフラウ賞以外のレースから桜花賞に出走して勝つパターンもあるんですが、勝ち馬全体の3分の2はユングフラウ賞の上位馬から輩出されています。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

競馬で稼ぐというライフスタイル

競馬予想がむずかしい…、当たっても配当が安くてトータルでプラスにならない…、そんな悩みはサッサと解消して、あなたも一緒に競馬で稼ぎませんか?

2020/11/01 河口湖特別

824,970円

これ以上競馬で負けたくない!という人は、今すぐ下の赤い「詳細を見る」のリンク先を読んでみてください!

私からのプレゼントです!

累計1万900名以上が読んだ無料レポート『競馬必勝法はじめの第一歩』差し上げます!

このレポートだけでも充分あなたにとって有益だと思いますが、さらにメルマガを読み続けてくれた方にはこっそりと…

  • 誰でも馬券回収率が57%アップしてしまう方法とは?
  • 競馬予想会社の闇手口を全て暴露!
  • 馬券でほぼノーリスクで100万円儲けた話
  • 競馬予想アプリの罠を無断で公開します!
  • 初心者でも三連単で簡単に勝ちまくる話
  • 上級者の勝ち組だけが知ってる予想ファクターとは?

などなど、上記はほんの一部ですが、そういう表には出てこないような裏話も公開していきたいと思います。興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。1分以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない時は迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除ができます。他のサイトとは違い迷惑メールは送りませんし、去るもの追わずで気持ちよく即時に解除できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする