阪神競馬場特徴

最終更新日

平坦と下りの多い阪神はペース配分の巧拙が勝利のカギだ!

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

阪神競馬場の特徴について解説します。人気・枠順・脚質・騎手や血統(*1)、それから阪神競馬場の重賞・コース攻略ポイントなどについて解説していきます。

(*1)血統については距離や路面で適性が違うため、このページ内にあるリンクから、各コース・各重賞のページに飛んで頂ければ、そこでさらに詳しく触れています。

阪神競馬場の芝コース特徴

阪神競馬場の特徴は2つ、内回り・外回り問わず、レースの大半は平坦か下り坂になっている事と、もう1つは直線にわりと急な上り坂があると言う事。

内回りの直線は356mと、極端に短いと言うほどでは無い。

阪神競馬場・芝1400mコース図

外回りの直線は473mとJRAの中でも長い方に入る。

阪神競馬場・芝1800mコース図

平坦と下りが多いコースなので他の競馬場のように、レース途中でスタミナを削られるポイントが無いものの、スタートから最初の直線までの距離もある程度長い事もあり、ハイペースになりやすい。

ハイペースになれば逃げ・先行馬は平坦・下りであってもスタミナを消耗し、3~4コーナーの下りで加速して来た差し馬に、最後の急坂でとどめを刺される事になる。

ここ数年、勝利数で言えば圧倒的に川田だが、個人的には福永・武・池添らも阪神巧者に感じる。人気薄で穴をあける事はまず無いが、人気馬をきちんと勝たせるのは長けていると思う。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

阪神競馬場の芝血統データ

種牡馬名馬券圏内数
ディープインパクト31
ロードカナロア13
ドゥラメンテ17
ハーツクライ11
キングカメハメハ10
キズナ11
ルーラーシップ12
オルフェーヴル6
モーリス15
ダイワメジャー4
ハービンジャー11
リオンディーズ6
エピファネイア15
ドレフォン1
ミッキーアイル2
キンシャサノキセキ1
スクリーンヒーロー4
ゴールドシップ2
エイシンフラッシュ1
ジャスタウェイ3
キタサンブラック6
シルバーステート7
ブラックタイド1
ヴィクトワールピサ3
イスラボニータ3
クロフネ3
ワールドエース2
ノヴェリスト4
マクフィ1
アドマイヤムーン2
ディープブリランテ1
メイショウサムソン1

阪神競馬場の芝重賞特徴

基本的に阪神の芝重賞は人気割れ・拮抗戦・混戦・荒れ模様だと考えて良い。比較的人気通りに決まりやすいのはアイビスサマーダッシュくらいのもの。

同じ阪神競馬場のレースでも、距離・メンバーレベル・馬場の路面状況によって、全く傾向が異なります!G1や重賞を予想する場合には、個々のレース、個々のコースの特徴を細かく知っておくと馬券的に有利!以下に一覧表にしておくので、リンク先の解説記事を読んでみて!

以下のリストは結構縦長なので、ここを飛ばして次の項目に進みたい人は阪神競馬場の開幕週特徴をクリック!

レース名距離
阪急杯阪神 芝1400m 特徴
チューリップ賞阪神 芝1600m 特徴
フィリーズレビュー阪神 芝1400m 特徴
阪神大賞典阪神 芝3000m 特徴
毎日杯阪神 芝1800m 特徴
大阪杯
春の中距離王決定戦!!!
阪神 芝2000m 特徴
阪神牝馬ステークス阪神 芝1600m 特徴
桜花賞
牝馬三冠の1番目!!!
阪神 芝1600m 特徴
アーリントンカップ阪神 芝1600m 特徴
鳴尾記念阪神 芝2000m 特徴
マーメイドステークス阪神 芝2000m 特徴
宝塚記念
夏版・有馬記念!!!
阪神 芝2200m 特徴
チャレンジカップ阪神 芝2000m 特徴
阪神ジュベナイルフィリーズ
2歳最強牝馬決定戦!!!
阪神 芝1600m 特徴
朝日杯フューチュリティステークス
2歳最強馬決定戦!!!
阪神 芝1600m 特徴
阪神カップ阪神 芝1400m 特徴

オープン特別・準重賞(リステッド)は以下の通り。

また、京都競馬場が改修工事のため、以下のレースが阪神で代替開催されます。

上記に無いレースや下級条件レースは、以下のリストから該当距離を選んでみてください。

探しているレースが上記リストに無い場合はうまめし過去データで検索して探してみてください。

阪神競馬場の開幕週特徴

JRAの競馬開催は大体8日間が1括りになっていて、開催1日目2日目の土日を「開幕週」と呼びます。開催期間中もっとも芝の状態が良い事から、競馬ファンの間では「開幕週は内枠先行が有利!」なんて言われますが、本当かどうか知りたくて、実際に馬券に絡んだ馬を集計した結果が以下の表です。

日付12345678
2022年02回01日目01021141
2022年02回02日目11001203
2022年02回03日目12301100
2022年02回04日目01140130
2022年02回05日目02410120
2022年02回06日目31211110
2022年02回07日目00021320
2022年02回08日目12210013
2022年02回09日目20202011
2022年02回10日目11031031
2022年02回11日目13220020
2022年02回12日目10022203

表を見る限りでは、開幕週にあたる1日目2日目も特に内枠の馬が特別に優秀な成績であるように思えません。

上記は2022年の2回阪神なので、1回阪神に続いての連続開催じゃないか!と思うかも知れませんが、実は1回阪神、それから夏の間たっぷりと馬場が休めた2021年の3回阪神でも、同様の傾向でした。

一般的に開幕週は芝の状態が良好なため逃げ馬先行馬に有利と言われていますが、阪神競馬場の場合は全く開幕週で逃げ馬が有利という傾向を示すデータはありません。

2021年の3回阪神でも開幕週の逃げ馬勝率は0%でした!

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

阪神競馬場の夏競馬特徴

競馬ファンの感覚としての話は別として、JRAではダービーまでが春季競馬番組なので、宝塚記念は夏季競馬番組、つまり夏競馬という事になる。

この時期の阪神競馬場は梅雨時期で降水量が1年間でもっとも多い時期になる。

阪神競馬場の気温と降水量グラフ

降水量が多いと重馬場が増え、そこでレースが行われると芝はどんどん傷む。阪神が開催される中でも最も高温多湿なタイミングで、騎手も馬も体調を崩しやすいし、馬券的には難しい時期だと言える。

夏競馬全体の特徴や傾向については夏競馬荒れる理由【当たらない】に書いたから読んでみて!

阪神競馬場のダートコース特徴

※ダートとは地面が砂で出来たレースコースの事を言います。

阪神競馬場のダートコースは最初のコーナーまでが京都よりも短く、コーナーは京都よりもきつい、先行しきれなかった外側の馬にとってはかなり不利となるコースになっている。

阪神競馬場・ダート1200mコース図

極端な言い方をすると、阪神の場合は第4コーナーの後に第5コーナーがある…と表現しても良いかも知れない。阪神の4コーナーを外からマクって前を捉えるのはかなり厳しい。

ゴールまで残り200mくらいからは上り坂になっているが、それ以外は平坦か下りでハイペースになりやすく、特に1400mだと好位~チョイ差しの馬に有利になりやすい。

それを理解していない騎手は結構多く、レースを観ていていつも「あ〜ぁ、強気に行っちゃった、最後バテなきゃ良いけどなぁ…」と思っていたら、案の定最後バテて3着にも入れない…なんてケースが多い。

自分が道でも走ってみればわかるが、上り坂で走るのは超しんどい、かと言って平地だってしんどいし、下り坂は加速がしやすいだけで、下りでも平地でもしんどい。その馬のマイペースで走らせるのが重要。

阪神競馬場のダート血統データ

種牡馬名馬券圏内数
ディープインパクト3
ロードカナロア11
ドゥラメンテ13
キングカメハメハ11
キズナ7
ルーラーシップ5
オルフェーヴル3
モーリス5
ヘニーヒューズ23
ダイワメジャー3
ハービンジャー3
リオンディーズ4
エピファネイア4
ドレフォン7
ミッキーアイル5
キンシャサノキセキ7
ゴールドアリュール4
スクリーンヒーロー4
エイシンフラッシュ3
ジャスタウェイ3
パイロ11
キタサンブラック5
ステイゴールド1
シルバーステート2
サウスヴィグラス1
ブラックタイド1
ホッコータルマエ10
イスラボニータ3
AmericanPharoah1
アイルハヴアナザー3
エスポワールシチー2
クロフネ3
ワールドエース2
アジアエクスプレス5
ザファクター9
マクフィ9
ダンカーク4
アドマイヤムーン4
リアルインパクト6
ディープブリランテ5
メイショウサムソン2

阪神競馬場のダート重賞特徴

同じ阪神競馬場のレースでも、距離・メンバーレベル・馬場の路面状況によって、全く傾向が異なります!ダートの主要なレースを以下に一覧表にしておくので、リンク先の解説記事を読んでみてください!

レース名距離
アンタレスステークス阪神 ダート1800m 特徴
シリウスステークス阪神 ダート2000m 特徴

阪神のダート重賞は2つだけ!オープン特別・リステッドは以下の通り。

また、京都競馬場が改修工事のため、以下のレースが阪神で代替開催されます。

上記のリストに無いレースは、以下リストから該当距離を選んでみて!

阪神競馬場の人気傾向

阪神競馬場の全レースを対象に、単勝人気別の勝率・連対率・複勝率を調べてみたところ、以下のようなグラフになりました。

阪神競馬場-人気傾向グラフ

グラフを見た感じ、JRA全体と比べて1~2番人気の勝率は平均的な印象。

阪神競馬場のクラス別人気傾向

阪神競馬場に限らずJRAでは未勝利→1勝クラス…と成績によってクラス分けされてレースが行われますが、実はクラスによって1番人気の勝率は結構違います。

阪神競馬場-クラス別1番人気勝率グラフ

G2の棒グラフが突出しているので、ついついそこに注目してしまいがちですが、未勝利からクラスが上がるごとに、確実に1番人気の勝率が低下している点にも注目しておいて欲しいですね。

G2は確かに阪神大賞典やチューリップ賞など、人気決着傾向のレースもあるものの、データの分母がそれほど多くは無いので、鵜呑みにしすぎない程度に参考にしてください。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

阪神競馬場の枠順傾向

多くの人が知りたいのは過去◯年…とかじゃなくて、今まさにどこの枠がホットなのか!?では無いでしょうか。今まさに阪神競馬場の馬場の傾向はどうなのか?以下をごらんください。

枠々馬場傾向(芝)

日付12345678
22年02回07日00021320
22年02回08日12210013
22年02回09日20202011
22年02回10日11031031
22年02回11日13220020
22年02回12日10022203
22年03回01日21101133
22年03回02日02211321
22年03回03日31101420
22年03回04日20321022

ダートコースについては各コースごとのページを参考にしてね!

阪神競馬場の脚質傾向

阪神競馬場の脚質の傾向ですが、全てのレースを理解する上で最も重要なのは逃げ馬です。なぜなら逃げ馬が誰にも1頭も抜かされなければ、逃げ馬がそのまま1着になるからです。

以下は阪神クラス別の逃げ馬勝率です

阪神競馬場-クラス別逃げ馬勝率グラフ

やはりクラスが上がるごとに逃げ切りは難しくなるようですね。さっきの1番人気のデータと合わせて考えると、G2では1番人気の差し馬が多く勝っているって事でしょうか。

G3でも逃げ馬の成績が良いですが、理由は以下を見ればわかります。

阪神競馬場-距離別逃げ馬勝率グラフ

逃げ馬の成績を距離別に集計したのが上記のグラフですが、外回りコースの1600~1800の距離では一気に逃げ馬の成績が悪化します。これは覚えておいた方が良さそう。

2000mで再び逃げ馬勝率が上がりますが、2000コースはスタートから最初のコーナーまでが坂&短いと言う事で、序盤のペースが緩くなりがちで、さらに1~2コーナーでペースが上がらず、向正面~直線までは平坦か下りでスタミナが減らず、最後の直線も短いため逃げ切れるという理由です。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

阪神競馬場の騎手傾向

騎手名馬券圏内数
川田将雅18
岩田望来16
横山武史3
戸崎圭太4
吉田隼人7
福永祐一14
横山和生4
松山弘平6
坂井瑠星18
武豊3
鮫島克駿7
幸英明15
西村淳也1
菱田裕二5
岩田康誠1
藤岡康太14
和田竜二22
藤岡佑介3
池添謙一7
松本大輝1
横山典弘6
三浦皇成1
富田暁9
団野大成2
浜中俊5
松若風馬4
小沢大仁2
荻野極2
古川吉洋2
秋山真一4
松田大作3
野中悠太1
国分恭介3
角田大河1

ダート

騎手名馬券圏内数
川田将雅23
岩田望来21
吉田隼人13
福永祐一10
横山和生2
松山弘平14
坂井瑠星25
菅原明良1
武豊6
鮫島克駿17
幸英明11
西村淳也5
菱田裕二3
岩田康誠3
藤岡康太10
和田竜二11
藤岡佑介4
池添謙一7
松本大輝7
横山典弘7
富田暁12
石橋脩1
角田大和2
浜中俊3
松若風馬6
小沢大仁8
古川吉洋2
秋山真一2
松田大作3
国分恭介6
川須栄彦7
角田大河9

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項