阪神競馬場芝1400m特徴

最終更新日:2019/03/17

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

阪神競馬場の芝1400メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

阪神芝1400mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳ほぼ平均
3歳平均以下
4歳以上平均以下

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5××
6 7 8×

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

阪神競馬場の芝1400mコースは内回りコースを使用します。観客席から見て向正面左手側の2コーナー付近からスタートして、内側のコーナーを通って直線に入る馬場半周のレースコースになっています。

阪神競馬場-芝1400m

最初のコーナーまで458mと結構十分な長さがあるため、通常だと枠順の有利不利は発生しづらいように思うのですが、実際にはレースの前半が平坦と下りで構成されているためレース序盤のペースがかなり速めに流れがちです。

そうなってくるとインコースで先行力がイマイチ程度の馬は馬群に包まれてしまうか、無理をして序盤に脚を使ってポジションを取るか、いずれにしても有利とは言いづらい状況に置かれてしまいます。

阪神芝1400mで有利な脚質

先程も言いましたが阪神芝1400mはレースの序盤で平坦か下り坂しか無いため、スタミナを削られるポイントが無く先行争いがハードになる傾向があり、そして1200mよりも200m長い事もあって先行馬が最後の直線にある上り坂で失速しやすいです。

先行馬が止まる展開になると差し馬が有利になるので、ゴール前で一気に外から突っ込んで来る馬が結構います。ただ勘違いしてはいけないのは「そういう馬もいる」場合があるものの、差し馬全体が有利なわけではないって事です。

阪神芝1400mで有利な枠順

阪神競馬場の芝1400mコースでは、外枠を引くぐらいなら内枠の方が若干有利な傾向にあります。序盤がハイペースになりやすいのですが、かと言って毎回そうなるわけではありません。

なので、スムーズに内枠の馬が先手を取って、競りかけられずマイペースの逃げに持ち込まれたら、外枠の馬はただ距離損があるだけでメリットがありません。

反対に先行馬同士が競り合いになる展開になると、外枠でマイペースに行けて後半までスタミナを温存出来る馬の方が有利になります。つまり、各馬の序盤の動きを読む事が予想する上で重要なポイントになります。

阪神競馬場芝1400mの人気傾向

阪神競馬場の芝1400mでは統計データを見る限りでは単勝1番人気馬の成績がかなり悪く、2番人気の成績がかなり接近しています。

そのため昨年の1年間だけを見ても単勝1番人気の回収率は50%にも満たず、明らかに苦戦傾向なのが見て取れます。

連式馬券傾向

当然1番人気が頼りないのですから馬連1番人気の組み合わせも的中率回収率ともに芳しくありません。基本的に荒れるレースが多いと考えておいた方が良いと思います。

その一方で三連複では1番人気の組み合わせが昨年1年間で的中数3本(42レース中)と少ないものの、回収率が100%を超えているのは面白いですね。

阪神芝1400m 血統傾向

阪神芝1400mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

10年間ぐらいのスパンで見てトータルで勝率が高く馬券回収率的にも良い種牡馬はいるが、単年度での成績ムラが大きすぎます。

1200mよりも序盤が200m距離延長されて、先行争いが結構激しくなり1番人気の勝率があまり良くありません。

コースの特徴を分かっている騎手なら上手く好位で脚を溜めるのですが、わかってない騎手は先手を取ろうとムキになります。

大体そういう馬はゴール前の残り200mあたりで一杯になって後続に差されるパターンが多いんですよ。

そんなわけでサンデーサイレンスの血を引く血統の馬は、そういう差しが決まる展開になった時によく穴をあけます。

だからサンデーサイレンス系の血統の馬は人気だと、ほどほどには当たるがトータルの収支では儲からず…という事態にはまります。

阪神芝1400m 重・不良馬場

阪神芝1400m 騎手傾向

統計データの一覧をペタッと貼って「はい、この騎手が買いです」みたいな事をいうのは簡単なんですが、単年度で見るとどの騎手も成績はバラッバラですから、あまり馬券の実戦では意味が無いと思います。

勝率が良いのは馬質の良い馬(≒人気馬)に乗せてもらえる騎手で、馬券回収率が良いのはオッズが高めの馬に乗って好位につけて、かつ先行馬がバテた時に差しが決まる展開になって漁夫の利を得た回数が多い騎手です。

しかし、勝率自体は逃げ・先行タイプが上ですし、毎度毎度先行馬がバテるわけでは無いので、常に差しポジションでは騎手は勝てませんからね。

つまり騎手別の回収率は展開の影響を大きく受けるので、コースの得意な騎手を買ってればOK…という作戦はできず、運の要素が強いと言えます。

どうしても騎手だけで買い目を絞りたいという事であれば、普通に外国人か関西日本人のリーディング上位を買っておくのが無難です。

阪神芝1400m 重賞・OP

コースレコード 1:19.5

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├オープン特別データ
  └ダートグレード

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項