阪神競馬場ダート1200m特徴

最終更新日:2019/09/13

こんにちは、うまめし.comの北村です。

阪神競馬場のダート1200メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

阪神ダート1200mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳ほぼ平均
3歳ほぼ平均
4歳以上ほぼ平均

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1××
2××
3 4 5××
6 7 8××

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

阪神ダート1200mコースは2コーナーの終わりから向正面の直線を一杯に使うコースレイアウトになっています。 ゲートの置かれるスタート地点から最初のコーナーまでの距離はおよそ350m程度で、 同じ関西の主要競馬場である京都競馬場のダート1200mと比較すると50mほど短い距離でコーナーに進入する事になります。

阪神競馬場-ダート1200m

上図の赤茶色の部分が阪神コースで、比較の為に京都コースの内ラチ沿いを青色で重ねています。京都のコーナーはキツイので内枠の馬が有利になりやすいのですが、阪神コースは最初のコーナーまでの直線が短い上に、よく見ると阪神コースのコーナーのカーブの方がきつく、ちょうど「ヘアピンカーブ」のように強いカーブを描いている事がわかります。

最後の直線も平坦な京都とは違って阪神は上り坂になっており、長さも少し長くなっています。その分、上級クラスのレースになると最後の最後での差しが決まる場面も見られますが、基本的には先行勢が有利なコースである事は間違いありません。

また、京都では最初のコーナーが坂になっているため先行争いが長引く事が少ないですが、阪神の場合はスタートして200mは平坦で、そこから800mは下り坂が続くため、外枠の先行馬も京都ほどは簡単に諦めない場合もあります。

とは言え、やはりこのきついカーブのコーナーですから、成績は内枠の馬か、圧倒的な先行力で最初のコーナーに到達するまでの間に一気に先頭を奪いインコースを走れる馬が良いです。

なので、先行力の弱いメンバー構成になったレースでは、枠順に関係なく先行力のある馬は馬券の中心になりやすく、前半を余力を残した状態で逃げられるような展開になれば、まず最後まで止まる事がありません。

阪神ダート1200mの血統種牡馬

阪神ダート1200mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

現役時代にダートで強かった馬の産駒よりは、どちらかというと芝の短距離で強かった馬の産駒の方が活躍馬が多い傾向にありますね。

サウスヴィグラス・キングカメハメハなどは、すでに他界したが産駒の成績は極めて良好。

阪神ダート1200m重不良馬場での傾向

サウスヴィグラス・ダイワメジャー・クロフネなどの産駒は道悪でも成績良好で、ゴールドアリュール産駒も良くなる。一方でメイショウボーラー産駒は出走頭数が多いが成績はイマイチ。

馬場水分によって枠順の有利不利は起きづらいと考えて良いが、内枠の差し馬だと天候によっては馬群の中で泥水を被り続ける事になるので、泥はねを極端に嫌う馬には注意したい。

阪神ダート1200m騎手傾向

阪神ダート1200mで行われる重賞・主要レース

コースレコード 1:08.8

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

枠単カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項