阪神競馬場芝2000m特徴

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

阪神競馬場の芝2000メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

阪神芝2000mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳平均以上
3歳ほぼ平均
4歳以上平均以下

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5×
6 7 8×

詳しいコース分析

阪神競馬場の芝2000mは内回りコースで、ゲートは観客席の目の前で、ホームストレッチ側からスタートして、馬場を1周するコースになっています。

阪神競馬場 芝2000mコース図

ホープフルステークス・大阪杯・鳴尾記念・マーメイドSなどが行われるコースで、天皇賞(春)や宝塚記念、翌年の皐月賞などにつながるばかりでなく、G1競走が2つも行われる事になった重要なコースです。

阪神競馬場 芝2000m 枠順の傾向

最初のコーナーまでは330mあるものの、コーナーが4回あるためインコースを通りやすい内枠の馬の方がアドバンテージがあります。

5年間 枠別勝率(単位%)
クラス1枠2枠3枠4枠5枠6枠7枠8枠
未勝利&500万105878876
OP以上90105261216

統計データでは上位クラスになれば外枠の勝率が10%を超えていて、他の枠番よりも勝率は高いと言えます。ただし、全クラス3着以内を対象にしたデータによると、複勝率では1枠7枠8枠がやや不利で、勝率の悪い2枠がトップになります。

4コーナーのカーブは結構きつめなので、差し・追い込みの脚質の馬は上手く馬群を縫って抜け出さない限りは、馬群の外を通る事になり距離損は大きいです。

阪神競馬場 芝2000m 脚質の傾向

ゴールまでの直線距離も356mなので若干、末脚だけに頼るタイプの馬の場合は「あと一歩」足りない、届かないケースが多々あるものの、最後の坂が先行馬のスタミナを奪うため、全競馬場の芝2000m平均と比べれば差し馬の成績は若干良いですね。

差し馬成績
競馬場勝率連対率複勝率
全場芝2000平均6.7%13.9%21.5%
阪神競馬場7.5%15.8%23.3%

重賞での脚質別の連対率は以下の通りです。

過去連対脚質
レース名逃げ先行差し追込
大阪杯3485
ホープフルS07101
鳴尾記念23114
マーメイドS4484

上記のデータを見てもわかるように、ホープフルステークス以外では逃げ馬は結構怖い存在で重要なのですが、それでも差し馬が連対圏に届いてしまう事がわかります。

逃げ馬成績
クラス連対率
条件クラス31.6%
オープン23.1%

未勝利から1600万下条件までの条件馬クラスと、重賞などのオープンクラスの逃げ馬連対率を見比べてみると一目瞭然です。

きついコーナーと短い直線を利して下級条件では逃げ馬が有利ですが、オープンクラスになると、それでもなお差して来る馬が増えるという事ですね。

阪神芝2000mの人気傾向

過去5年間の全169レースを対象にデータを調べてみると、単勝1番人気の勝率は33%で単勝回収率も74%程度と平凡。回収率だけで見るならば2番人気の方が優秀で、4番人気以下は急激に回収率が悪化してました。

単勝1番人気と2番人気の馬連の組み合わせを買い続けたと仮定してシミュレーションしてみると、的中率は17.9%で回収率は86.8%と、控除率を考えればまずまずの結果になっています。

過去5年間に馬連のオッズが2.0倍以下の「鉄板そうなレース」は全部で6レースあったものの、いずれもその2.0倍以下の組み合わせは不的中でした。

三連単の1番人気は的中率が2.4%しかなく、回収率も45%と寒い状態なので買わない方がマシなレベルですね。

阪神芝2000mの血統種牡馬

阪神芝2000mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

ディープインパクトを代表格にサンデーサイレンス系統の種牡馬はコース相性としては良い。そのかわり過剰人気になるケースも多く馬券的には片っ端から買えというわけにはいかない。

キングカメハメハを代表格にミスタープロスペクター系統の種牡馬はコース相性も良く、馬券的にも狙い目になりやすいが、キングカメハメハの仔であるルーラーシップの産駒は、まだデータ不足で判断が難しいところ。

出走頭数がそれほど多く無いのがもったいない感じですが、参考までにミスタープロスペクター系の種牡馬を何頭か列挙しておきます。

阪神芝2000m重不良馬場での傾向

阪神芝2000m騎手傾向

年によって騎手成績は乱高下で、例えば武豊の場合だと3割勝てる年もあれば0勝で終わる年もあったりで、統計データの画像をペタッと貼って数値を見ただけでは馬券の役に立つとは思えません。

ある程度先行できる馬が有利なコースなので、騎乗馬を先行させた回数の多い騎手を調べてみると川田・福永・武・岩田・和田・浜中・幸などの名前が上位に並びました。

主観も混じりますが川田・和田あたりは先行タイプに乗せると上手いというイメージはありますね。

福永や武は外から差すイメージが強いですが、両者ともスタートが上手いので結局先行したい時にしやすいんでしょう。

浜中や岩田はインから馬群を捌いて上がっていく技術があるので、そのあたりが序盤のポジション争いや、阪神内回りの短い直線での進路確保に役立っている可能性があります。

阪神芝2000mで行われる重賞・主要レース

コースレコード 1:57.2

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項