習志野きらっとスプリント 過去データ 傾向

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

習志野きらっとスプリントは船橋競馬場の1000mコースで行われる重賞です。習志野きらっとスプリントの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探って行きたいと思います。

習志野きらっとスプリントの過去10年間(全8回)の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は4勝していて、各地の予選を突破してきた馬ですから、その中から1番人気になるぐらいなので信頼度は高いと言えるんでしょうかね。

うまめし偏差値:38

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は38で、これはかなりガチガチの堅い決着が多いという事を表しています。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 160 850 23130
2017 400 2020 10420
2016 380 1200 14350
2015 250 700 5590
2014 570 2460 18070
2013 110 500 1840
2012 140 200 1830
2011 350 300 1940

過去の傾向を探ると言っても、2011年から2013年まではラブミーチャンの3連覇なので、レース自体の傾向を見つけ出すにはデータが物足りない感じです。

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、外目の枠の方が馬券に絡む頻度は高く、1枠は完全に死に目になっているので注意が必要です。ただ、配当の傾向が安いのを見てもわかるように、強ければ枠が悪くても来るでしょうけどね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢 劣勢

2018年は4枠→7枠→6枠の順で決着しました。やはり「チョイ外」が有利ですかね。

船橋競馬場の1000mコースについては船橋1000m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

2着までに来るためには最初のコーナーで5番手以内ぐらいには付けていたいところで、3着には8番手9番手ぐらいでも届く場合があります。基本的には逃げ馬を中心に考えれば良いのですが、1000mでもスタミナが切れる場合もあるので絶対視はできません。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

2018年は5番手→2番手→7番手の順で決着しました。

予想のヒント

7歳8歳ぐらいの年齢でも普通に馬券に絡みますし、斤量も別定戦で各馬斤量差が激しいですが、軽ければ軽いほどとか重いほうが良いとか、これと言った傾向は見当たりません。

歴代勝ち馬のデータから3連覇したラブミーチャンをのぞくと、あとは全て前走南関東の短距離重賞から駒を進めて来た馬ばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする