浦和競馬必勝法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

浦和競馬必勝法のポイントは逃げ馬を積極的に買う事です。浦和競馬は南関東4競馬場の中では最も直線の短い競馬場です。そのため逃げ馬の逃げ切りや逃げ粘りが多数発生する事が特徴的なので、差し・追い込みの馬はなかなか活躍出来ません。

つまり先行力のある強い馬に乗せてもらえるかどうかは騎手にとっても勝敗を分ける要因になりやすいと言う事です。

最後の直線が短いと言う事ももちろんですが、浦和競馬場のコースはどの距離設定もスタートゲートの位置から、最初コーナーまでの距離が短い事もあり、逃げを打てるほどスタートやダッシュが他の馬より秀でている馬は良いポジションを確保しやすいのです。

浦和競馬場独特の騎手の傾向

南関東の競馬場は大井競馬場での開催では大井競馬所属の騎手が多く活躍し、川崎競馬の開催では川崎競馬所属の騎手が多く活躍します。

そして、船橋競馬の開催では船橋競馬所属の騎手が多く活躍するのですが、どういう訳か浦和競馬開催時でも浦和競馬所属の騎手はそれほど目立った活躍がありません。

他の競馬場所属のジョッキーがリーディング上位になる事が多いのです。競走馬の方を見ても、浦和所属の競走馬よりも他の競馬場の所属馬の方がやはり馬券的にも信頼度が高く、浦和の馬はそれだけで軽視される事も多いです。

2008年に繁田騎手がリーディングを獲得して以降、8年間も浦和の騎手は浦和競馬のリーディング獲っとらんのんよ。金沢競馬所属の吉原騎手は騎乗機会は限られとるんじゃけど、勝率はリーディング1位2位の森騎手や左海騎手と同じぐらいあるんよ!

浦和競馬の馬のレベル

昔は浦和競馬所属の馬はお世辞にも強いとは言えませんでした。事実、地方競馬の重賞勝ち馬を見てみると、南関4場の中では浦和競馬所属馬が最も勝率が低いのです。

しかし、最近の浦和競馬所属馬はかなり侮れない存在になっています。よくよく考えてみれば浦和競馬場は南関4場の中でもっとも開催日数が少ないわけで、さらに浦和競馬開催時にも他場の馬も出走して来るわけですよ。

地元浦和の開催日数が少なくて、さらに地元で他場の馬に勝ち星をさらわれていたのでは、調教師も騎手も馬主もやってられません。他場で勝てなきゃいけないし、地元で他場の馬を負かさなければならないわけです。

もしかするとそうした厳しい環境が、浦和競馬所属馬の能力の底上げにつながっているんじゃないでしょうか。

浦和競馬必勝法につながる情報は以下のコース分析・特徴の記事にも書いてあるので、そちらもあわせてお読みください。

競馬に絶対は無い!
…けど、馬券で毎月60万ぐらい稼ぐ方法ならあります。詳細はこちら
※人数限定のため急いでください!

私からのプレゼントです!

累計8300名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。30秒以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。内容が濃すぎて解除したくはならないとは思いますが、去る者追わずで気持ちよく簡単に解除できるので、気軽に申し込んでください。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項