ニューイヤーカップ 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ニューイヤーカップは浦和競馬場の1600mで行われる重賞競走です。ニューイヤーカップの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は2.3.2.3で、3連系の軸馬としての信頼度はまずまず普通レベルですが、勝ちきれていませんね。

うまめし偏差値:50 Nタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は50 Nタイプなので、特に毎年堅いとか、毎年のように大荒れになるとか、そういう極端な傾向はありません。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 720 2720 41680
2016 260 480 3510
2015 450 1100 21760
2014 560 3000 20170
2013 6610 3660 103000
2012 430 850 4310
2011 200 570 4590
2010 1250 810 23320
2009 660 1090 59430
2008 840 1020 19550

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、コースの形状的には内枠が有利なコースなんですが、実際の複勝率データを見ると、枠の内外でそこまで大きな違いは見られません。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 データ的にはフラット

ただコース自体が外枠不利である事は確かで、外枠の不利をもってしても能力が違いすぎたり展開が向けば勝てますが、多分こいつの方が強いだろう…ぐらいの力量差だと枠順の有利不利でひっくり返る場合も多いです。

浦和競馬場の1600mコースについては、浦和1600m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、先行・差しタイプが優勢で、逃げ・追い込みタイプもそれほど悪いわけではありませんが、データ的には少し劣ってますね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 優勢 優勢 劣勢

予想のヒント

ガチガチに堅いという事はあまりありませんが、大波乱の荒れるレースとも言えず、せいぜい中穴狙いぐらいまでが丁度良さそうな感じの印象を受けます。

毎年のように6番人気か7番人気前後の馬は馬券圏内に突っ込んで来ています。11頭立てで本来は内枠有利なコースである事を考えると、よく荒れている方なんじゃないかと思いますよ。

2014年は荒れました。最後方待機だった8番人気ファイヤープリンスが差し切って、3番手の1番人気パンパカパーティが2着。

2015年は4番人気→5番人気→1番人気での決着

2016年は3番人気→2番人気→8番人気での決着

2017年は1番人気→2番人気→3番人気での決着

2018年は3番人気→4番人気→5番人気での決着

荒れるというよりは1番人気が若干頼り無いといった印象。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする