すばるステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

すばるステークスは京都競馬場のダート1400mで行われるオープン特別競走です。すばるステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は3.2.0.5で、信頼度は若干物足りなさがありますね。

うまめし偏差値:50 Nタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は50 Nタイプなので、特に毎年堅いとか、毎年のように大荒れになるとか、そういう極端な傾向はありません。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 730 990 17380
2016 390 720 35070
2015 460 1380 26060
2014 280 1820 56890
2013 240 880 74180
2012 2520 7740 238490
2011 770 3000 66220
2010 270 550 7800
2009 2050 3730 43980
2008 740 2710 441610

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、特に勝ち馬や馬券に絡む馬が内枠外枠どちらかに偏っている傾向は見られませんね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 ほぼフラット

京都競馬場のダート1400mコースについては、京都ダート1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、圧倒的に逃げ・先行タイプが有利な傾向があります。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

予想のヒント

過去の上位入線馬の馬齢を見ると、結構高齢の馬が活躍していて、4歳から6歳が中心ではあるものの7歳・8歳・9歳でも全然油断出来ないレースです。

逃げ馬は4勝で、10回中4回は勝っているという事は単勝1番人気の馬と同等の勝率を誇っているという事ですから、馬券に加えておいた方が良いかも知れません。

斤量では53キロから57キロまでの馬が馬券に絡んでいて、52キロより軽いようだと恐らく実力が足りない可能性が高く、58キロ以上になると酷量だと判断できます。

歴代の勝ち馬の過去成績を調べてみると、結構多くの馬が「ここのところ別に大して目立った活躍もしていないほどほどの馬」な場合が多く、いきなりすばるステークスで勝つケースが頻発しています。

つまり予想をする際に近走の成績をあまり重視していると、それが裏目に出る場合が多いという事なので、それは頭に入れておいた方が良いかも知れませんね。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする