中京競馬場ダート1400m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

中京競馬場のダート1400mコースの詳しいコース特徴を分析して、競馬予想に役立つ傾向を考察して行きたいと思います。まずは以下のコース図をごらんください。

中京競馬場 ダート1400mコース図

上記のコース図を見てもわかるように、スタート地点は芝コースのポケットから始まり、200m弱の地点でダートコースに合流します。芝スタート ダートコース 馬券の当て方 予想の仕方でも書きましたが、時々スピードの出やすい芝コースを長く走れる外枠が有利だなんて言う人がいますが、それは間違いで有意な差はありません。

その証拠に過去5年間の統計データを見ても特に外枠の成績が内枠の馬を凌駕しているかというと、全然そんな事はありません。むしろ真ん中より内側の方が好成績です。

そもそも中京競馬場という競馬場自体がローカル開催をメインに行う競馬場ですから、当然行われるレースは未勝利をはじめとした下級条件のレースが多くを占めるわけで、メインレースが1000万特別という日も少なくありません。

そこでさらにダートの路線という事は、芝のスピードではついて行けない馬が多いって事ですから、そこでたかだか一完歩二完歩多く芝の上を走ったからと言って有利になるわけがありません。

競馬 馬番 有利不利 内枠が有利で外枠が不利な理由でも書いたように、レース展開によって違いはあるものの、全体的には内枠の馬が若干有利になるのは当然の話なのではないでしょうか。

ただ注意して欲しいのは、内枠と外枠に逃げたい馬が同時に出走するようなケースで、例えば内枠の馬がハナに立ったのに、それを外枠の逃げ馬が交わして行こうと競りかけてしまう場合、そこでさらに内枠の馬が譲らなければレースがかなりハイペースになります。

スタートから最初のコーナーまでが600m以上の直線が続くわけで、こういう事態は比較的起きやすい条件が揃っています。ローカル開催が多いので若手や新人騎手も多く、斤量の原料措置があるので、ちょっとぐらい競っても…と考える騎手もいます。

そういう展開になってしまうと、今度はそれらの先行馬が直線でバテてピタッと脚が止まってしまうわけで、インコースを走ってた馬はその先行馬が邪魔で進路がありません。

すると外枠から馬群の外を通っていた差し馬が楽々と長い直線を利して上がって来るシーンも増えるというものです。

私からのプレゼントです!

累計1万900名以上が読んだ無料レポート『競馬必勝法はじめの第一歩』差し上げます!

このレポートだけでも充分あなたにとって有益だと思いますが、さらにメルマガを読み続けてくれた方にはこっそりと…

などなど、上記はほんの一部ですが、そういう表には出てこないような裏話も公開していきたいと思います。興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。1分以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない時は迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除ができます。他のサイトとは違い迷惑メールは送りませんし、去るもの追わずで気持ちよく即時に解除できます。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項