中京競馬場芝2200m特徴

最終更新日:2020/07/31

こんにちは、うまめし.comの北村です。

中京競馬場の芝2200メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

中京芝2200mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳なし
3歳ほぼ平均
4歳以上平均以下

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃先差し追込
1×
2×
3 4 5×
6 7 8

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

中京芝2200mコースの詳しい特徴や傾向から攻略法を考察していきます。中京競馬場の芝2200mコースはホームストレッチの4コーナー側(観客スタンドから見て左手)の一番端からスタートして、馬場を1周するコースレイアウトです。

中京競馬場-芝2200mコース図

スタートから最初のコーナーまで514mあり、充分な長さがある上にスタート後に上り坂があり、レースが長距離なので騎手はスタミナ温存の意識が働くため先行争いはそれほど激しくはなりません。

序盤のペースが上がらないし、コーナー4回なので距離ロスの少ない逃げ馬が有利に思えますが、実際には逃げ馬の勝率は極めて低く、逃げ切れる馬は殆どいません。

2歳戦には使用されないものの、中京芝2200mでは競走の殆どが未勝利戦と500万下条件のレースになっているため以下のような考え方ができます。

下級条件での長距離レースは、スタミナに自信があるから出走して来る馬よりも、短距離では他の馬のスピードに太刀打ち出来ないから仕方なく長距離に懸けているだけのケースが多々あるわけです。

そんな馬が逃げたところで、強烈な上り坂と長い直線を備えたハードな中京競馬場で逃げきる事は難しいですよね。つまり、中団前後から最後に良い脚を使える馬が断然有利になりやすいという事。

中京芝2200mの血統種牡馬

中京芝2200mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

勝利数のトップ10を見てみると、ほぼサンデーサイレンス系種牡馬の産駒で占められています。トップ20ぐらいまでに視野を広げてみると、ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が少し増えてくるぐらい。

しかし、馬券的には過剰人気と言うか、それほどファンの期待には応えられていないようで、ロードカナロア産駒も例外ではなく、2200mという距離では良さが活きてないなという印象です。

中京芝2200m重不良馬場での傾向

道悪のデータが少ないのですが、1番人気の勝率は少なくとも悪化はしていないので、人気馬にとってはさほど大きな影響は無さそうですね。

中京芝2200m騎手傾向

近年の勝利数トップはルメールですが、そのぶん馬質もかなり他の騎手よりも良いので当然の結果でしょうかね。川田・福永・武と言ったリーディング上位の上手い騎手の勝率も高いです。

上記のような上位騎手がいない時には藤岡康太が暴れだす時があるので注意したい。

中京芝2200mで行われる重賞・主要レース

コースレコード 2:09.9

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

枠単カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項