中京競馬場芝1600m特徴

最終更新日:

こんにちは、うまめし.comの北村です。

中京競馬場の芝1600メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

中京競馬場 芝1600m コース図

競馬場特徴の一覧に戻る

中京芝1600m 枠順・脚質

枠番12345678合計
逃げ3201112313
先行36610373442
差し2436637536
追込120000104
合計91491710111312合計

枠順や脚質の有利不利は、レースメンバーのレベルによっても違って来るので、大きなレースなら重賞から個別のレースの傾向を見るとさらに効果的!

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

中京芝1600m コース分析

中京芝1600mのコース特徴、傾向や攻略法について考察していきたいと思います。中京競馬場の芝1600mは1コーナーと2コーナーの中間辺りにある引込線からスタートして、すぐにコーナーを迎えるコースレイアウトになっています。

中京競馬場 芝1600m コース図

こうしたスタートからすぐにコーナーを迎えるコースは一見内枠の方が有利に見えますが、実際には外枠の馬が早め早めにインコースに寄せて来るため、内枠や中枠の馬が窮屈になって不利になります。

以下のグラフをご覧ください。

中京競馬場の距離別逃げ馬複勝率グラフ

これは中京競馬場の逃げ馬複勝率を距離別に調べた結果のグラフです。

見ての通り距離が延びれば延びるほど、逃げ馬の複勝率が下がっています。つまり距離が長いほうが逃げ馬は最後にバテやすいという事です。

そうなると、以下のような状況になってしまいがち。

中京競馬4コーナーの攻防

インコースの逃げ馬先行馬がバテると、馬群の中にいる馬はスタミナが残っているにも関わらず、進路が確保できず能力を発揮できないケースが出てきます。

その一方で同じようにスタミナを温存していた馬群の外側にいる馬は、容易に進路が確保できるためバテた逃げ馬先行馬の横をスッと差して行く事ができます。

もちろん毎度毎度こんなに都合よく行く訳ではありませんが、こういうパターンが短い距離よりも起きやすいという事は覚えておいて損はありません。

中京芝1600m 人気傾向

単勝人気馬券圏内数
1番人気21
2番人気16
3番人気13
4番人気12
5番人気9
6番人気7
7番人気5
8番人気1

元々このコースは1番人気の勝率がJRAの全体平均と比べて悪い傾向にあり、さらに1番人気が関東馬だった場合は関西馬の半分ほどの勝率しか残せていません。

理由として考えられるのは関西のトレーニングセンターである栗東から中京競馬場まではおよそ120kmなのに対して、関東の美浦トレーニングセンターから中京競馬場までは410kmと馬に負担のかかる輸送が考えられます。

ただ、これは関東馬が1番人気になったレースの数が少ないため、単なる偶然の域を出ない可能性も充分考えられます。同様に牝馬の1番人気と牡馬の1番人気では牝馬の1番人気の方が成績が悪い傾向にあります。

中京競馬場は定常的にG1が行われる競馬場の中では最も下級条件のレースの比率が高く、そのため基本的には出走馬のレベルが低く実力が拮抗した人気割れのレースが多い傾向があります。

さらにローカル競馬場なので7月の夏競馬シーズン以外は第三場扱いとなり、出走馬に騎乗するジョッキーも若手や新人の比率が高く、人気馬がコケやすい条件が揃っている事が1番人気の勝率の低さにつながっています。

中京芝1600m 騎手傾向

騎手名馬券圏内数
川田将雅5
岩田望来3
Cルメー2
吉田隼人6
福永祐一7
横山和生1
松山弘平6
坂井瑠星2
武豊2
鮫島克駿4
幸英明2
西村淳也2
岩田康誠1
藤岡康太3
和田竜二4
藤岡佑介2
池添謙一3
松本大輝1
横山典弘6
富田暁2
団野大成1
浜中俊3
松若風馬3
小沢大仁1
荻野極1
古川吉洋1
秋山真一4
松田大作1

中京芝1600m 血統傾向

種牡馬名馬券圏内数
ディープインパクト8
ロードカナロア11
ドゥラメンテ8
ハーツクライ3
キングカメハメハ1
キズナ6
ルーラーシップ2
オルフェーヴル1
モーリス2
ダイワメジャー1
ハービンジャー3
リオンディーズ3
エピファネイア4
ドレフォン1
ゴールドシップ2
ジャスタウェイ4
キタサンブラック2
シルバーステート1
ヴィクトワールピサ2
イスラボニータ4
クロフネ1
ワールドエース1
マクフィ3
リアルインパクト2
ディープブリランテ1

中京芝1600mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

勝利数トップ10を見てみると、2000m以上ではサンデーサイレンス系種牡馬の産駒が独占的だったのに対して、1600mではそれほど独占的ではありません。

でも内訳をよく見てみると、勝利数の大半がSS系のディープインパクト産駒だったりします。あとはミスタープロスペクター系種牡馬の産駒の産駒がトップ10に複数いるものの…。

ロードカナロア産駒はまだ出走頭数が少なくて、断言はできませんが、他の競馬場でのケースなんかも考えると、普通に通用すると考えるのが自然でしょうね。

いずれにしてもデータを見る限りでは、何産駒かよりも人気があるかどうかの方が馬券的には重要に見えます。つまり強い馬が勝ちやすいコースと言えるでしょう。

中京芝1600m 重・不良馬場

逃げ・先行馬の勝率が大きく低下して、1番人気の成績もかなり大きく低下しています。

中京芝1600m 重賞・OP

以下は京都工事による臨時開催分

ターフ状況

枠々馬場傾向(芝)

日付12345678
22年03回07日20312220
22年03回08日22221021
22年04回01日12201213
22年04回02日11311120
22年04回02日11311120
22年04回03日13113300
22年04回04日32112001
22年06回01日13211002
22年06回02日11110222

タイム

コース 年齢 平均タイム 平均1F
中京・芝1600 2歳 95.99 12.00
中京・芝1600 3歳 95.51 11.94
中京・芝1600 古馬 94.21 11.78

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ