ポートアイランドステークス 過去10年データと傾向

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ポートアイランドステークス(2022/10/02・3歳以上 別定・中京・芝1600m・オープン特別(L))過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

このポートアイランドステークスはレースの位置づけとして「重要なステップレース」というわけでもなく、実際過去の勝ち馬のその後のレースもスワンステークス(G2)だったり、富士ステークス(G3)だったり、少し間隔をあけて正月の金杯(G3)だったり、ポートアイランドステークス以降に大目標が無いケースが目立ちます。

考えてみれば古馬になってもオープン特別にいるような馬ですから、当然G1やG2にはとても手が届かないレベルの馬が出走している可能性が高いわけで、ポートアイランドステークスを勝ったと言っても重賞で勝ち負けできる器とは限りません。

レースが行われれば、低レベルな出走メンバーであろうとも1頭は勝ち馬が発生するわけですから、ポートアイランドステークスを勝ってもさほど評価は出来ないわけです。

そんなレベルの近い馬同士の接戦なので予想を理詰めで考えてもなかなかこれと言った答えに行き着かない事が多いと言えます。

3歳馬は力不足のケースが多く、4歳馬は勝率や複勝率が高く馬券的にはもっとも狙い目で、5歳6歳は勝率や複勝率はやや4歳馬に劣るものの、穴をあけるケースが増えてきます。7歳以上になるとハッキリと苦戦傾向。

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が多く勝っていて、次いでノーザンダンサー系種牡馬の産駒と言ったところ。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気傾向

人気 1 2 3 4 5
1着 3 0 2 3 0
2着 1 2 3 0 1
3着 1 1 2 1 1

過去10年間の勝ち馬は1番人気~5番人気までで8頭出ています。

1番人気

単勝1番人気は3.1.1.5

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
7 3 6 エアロロノア 牡4 56 藤岡康太 1:32.9 ハナ 10-10-11 34.1 3.5 1
2 6 12 ピースワンパラディ 牡4 56 丸山元気 1:33.0 クビ 11-13-13 33.8 4.2 1
1 1 1 ロードマイウェイ 牡3 54 吉田隼人 1:32.7 3-3 34.9 3.1 1
1 7 7 ミエノサクシード 牝5 54 川島信二 1:34.0 4-4 33.7 3.0 1
8 7 10 サトノラーゼン 牡5 57 秋山真一 1:33.6 ハナ 9-9 34.1 3.3 1
4 2 2 ブラックスピネル 牡3 54 松若風馬 1:34.9 3/4 11-11 33.6 2.0 1
1 2 3 フルーキー 牡5 57 福永祐一 1:33.7 3-4 34.1 2.5 1
3 4 4 サンライズメジャー 牡5 57 四位洋文 1:33.9 クビ 3-4 33.2 3.6 1
13 1 1 レッドアリオン 牡3 53 川田将雅 1:34.2 2 8-9 36.3 2.7 1
13 2 3 フレールジャック 牡4 56 川須栄彦 1:33.9 ハナ 12-13 33.9 3.0 1

単勝1番人気の勝率は平均的で、そこそこの信頼度はありそうですね。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2021 600 260
180
310
1,770 670
1,310
930
3,870 6,740 37,740
2020 830 240
160
250
1,810 670
1,250
580
3,870 4,330 25,860
2019 310 130
140
160
690 320
380
400
1,340 1,060 4,510
2018 300 160
220
720 260
220
300
1,390 720 3,760
2017 3,250 810
280
630
9,830 2,720
7,220
2,310
25,910 57,660 451,890
2016 730 280
910
280
15,200 3,440
960
4,200
26,510 33,790 230,640
2015 250 140
990
630
7,960 2,430
1,380
10,100
11,370 40,400 195,080
2014 580 160
240
140
1,930 730
340
660
3,790 2,180 14,970
2013 8,150 1,400
230
240
23,740 5,610
5,510
660
63,110 39,050 400,150
2012 730 250
220
440
1,980 790
1,490
1,320
4,400 8,760 47,250

過去10年間で高配当決着が結構多いので、かなり荒れる、高配当発生率の高いレースだと言えます。

歴代優勝馬

1着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
1 5 9 プリンスリターン 牡4 57 松山弘平 1:32.6 6-6-6 34.2 6.0 4
1 1 2 ドナウデルタ 牝4 54 北村友一 1:33.0 6-7-7 34.3 8.3 4
1 1 1 ロードマイウェイ 牡3 54 吉田隼人 1:32.7 3-3 34.9 3.1 1
1 7 7 ミエノサクシード 牝5 54 川島信二 1:34.0 4-4 33.7 3.0 1
1 8 12 ムーンクレスト 牡5 56 藤岡佑介 1:33.0 2-2 34.3 32.5 9
1 7 11 ウインプリメーラ 牝6 56 ヴェロン 1:34.4 1-1 33.8 7.3 3
1 2 3 フルーキー 牡5 57 福永祐一 1:33.7 3-4 34.1 2.5 1
1 8 13 オリービン 牡5 56 菱田裕二 1:33.9 3-3 33.3 5.8 3
1 8 17 ドリームバスケット 牡6 56 川須栄彦 1:32.9 11-11 34.8 81.5 13
1 8 17 オリービン 牡3 53 川田将雅 1:33.4 6-7 34.1 7.3 4

過去10年間、8割は上位人気から順当に勝ち馬が出ていて、上位人気馬の信頼度は高そうです。

枠番で見てみると、内枠から勝ち馬が出る頻度が少なく、外枠の方が有利かも知れませんね。

2着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
2 6 12 ルークズネスト 牡3 55 幸英明 1:32.6 クビ 7-8-8 34.0 4.5 2
2 6 12 ピースワンパラディ 牡4 56 丸山元気 1:33.0 クビ 11-13-13 33.8 4.2 1
2 6 10 サトノアーサー 牡5 57 松山弘平 1:32.7 アタマ 10-9 34.4 3.5 2
2 4 4 ベステンダンク 牡6 57 鮫島克駿 1:34.0 クビ 2-2 34.1 4.0 3
2 6 8 マイネルハニー 牡4 56 国分恭介 1:33.2 1.1/4 1-1 34.7 6.3 3
2 5 7 マイネルアウラート 牡5 57 国分優作 1:34.7 1.3/4 4-3 33.9 41.7 11
2 3 5 マイネルホウオウ 牡5 57 津村明秀 1:33.9 1.1/4 5-4 34.3 52.1 14
2 6 9 アズマシャトル 牡3 54 和田竜二 1:33.9 ハナ 9-8 33.0 8.7 6
2 5 10 エーシンミズーリ 牡5 57 小牧太 1:33.0 3/4 5-5 35.5 7.3 5
2 4 7 ゴールスキー 牡5 56 ピンナ 1:33.4 アタマ 11-11 33.6 5.8 3

過去10年間で2着は1番人気~5番人気までで7割カバーできています。

3着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
3 4 7 レッドガラン 牡6 57 斎藤新 1:32.9 1.3/4 12-10-8 34.3 11.0 5
3 5 9 ラセット 牡5 57 加藤祥太 1:33.1 3/4 11-11-11 34.1 9.4 6
3 4 7 アマルフィコースト 牝4 54 坂井瑠星 1:32.8 3/4 4-4 34.9 5.7 3
3 3 3 リバティハイツ 牝3 53 北村友一 1:34.3 1.3/4 6-5 33.8 4.0 2
3 8 13 キョウヘイ 牡3 54 高倉稜 1:33.2 アタマ 12-12 33.5 21.1 8
3 3 4 テイエムイナズマ 牡6 58 古川吉洋 1:34.8 クビ 8-7 33.8 8.0 4
3 1 2 オツウ 牝5 54 松若風馬 1:34.0 3/4 2-2 34.7 27.7 11
3 4 4 サンライズメジャー 牡5 57 四位洋文 1:33.9 クビ 3-4 33.2 3.6 1
3 7 14 ヒストリカル 牡4 56 菱田裕二 1:33.0 クビ 15-16 34.5 6.0 3
3 7 14 ミキノバンジョー 牡5 57 太宰啓介 1:33.5 3/4 2-2 34.6 16.6 7

過去10年間で3着は1番人気~5番人気までで6割カバーできています。

枠順・脚質傾向

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
1着 2 1 0 0 1 0 2 4
2着 0 0 1 2 2 5 0 0
3着 1 0 2 3 1 0 2 1

枠番で見てみると、内枠から勝ち馬が出る頻度が少なく、外枠の方が有利かも知れませんね。

脚質

脚質 逃げ 先行 差し 追込
1着 1 5 3 1
2着 1 4 2 3
3着 0 4 2 4

馬券に絡んだ馬のうち15頭が逃げ・先行タイプの馬で、先行有利な傾向があるレースだと言えますね。

逃げ馬

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
12 6 11 バラックパリンカ セ5 56 藤懸貴志 1:33.5 1.1/4 1-1-1 35.6 103.0 13
10 3 5 ディアンドル 牝4 57 鮫島克駿 1:33.7 アタマ 1-1-1 35.8 61.7 12
13 5 8 クラウンディバイダ セ6 56 国分恭介 1:34.2 1 1-2 36.8 257.4 15
6 5 5 プリメラアスール 牝6 54 幸英明 1:34.6 1/2 1-1 35.3 35.5 7
2 6 8 マイネルハニー 牡4 56 国分恭介 1:33.2 1.1/4 1-1 34.7 6.3 3
1 7 11 ウインプリメーラ 牝6 56 ヴェロン 1:34.4 1-1 33.8 7.3 3
14 1 1 オースミイージー 牡7 56 太宰啓介 1:35.3 1.3/4 1-1 36.0 184.0 16
6 5 6 ミキノバンジョー 牡7 58 太宰啓介 1:34.2 クビ 1-1 33.8 34.2 10
17 6 12 タイキパーシヴァル 牡5 56 幸英明 1:36.0 1.1/2 1-3 39.1 102.1 14
14 8 16 ガンダーラ 牡6 57 和田竜二 1:34.2 1.3/4 1-1 35.4 84.3 13

過去10年間で逃げ切った馬は1頭だけで、それほど逃げ馬が強いとは言えないレースだと思います。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む