阪神競馬場芝1600m特徴

最終更新日:2019/03/17

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

阪神競馬場の芝1600メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

阪神芝1600mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳平均以上
3歳ほぼ平均
4歳以上平均以下

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5×
6 7 8×

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

阪神芝1600mは外回りコースを使用します。スタートから最初のコーナーまでの距離が500m以上あり、そのおかげで枠の有利不利はありません。と言うのが建前で、実際には内枠の先行馬にとっては少々厳しい展開になる事もあります。

阪神競馬場 芝1600mコース図

コーナーまでの距離が長いので、先行争いが長引きやすいと言うのが理由の1つ。内の先行馬は、外の先行馬が諦めて妥協してくれるまでペースを落とせませんからね。

そして、先行馬が揃って崩れてしまった時は、内の差し馬も進路を見つけづらい場合もあり、結果的に外めの差し馬が活躍しやすい傾向にあります。

阪神の外回りコースは京都の外回りコースと比べてコーナーの進入部、直線の進入部が滑らかな曲線になっていて、コーナーの形状で自然に馬群が4コーナーでバラけると言う事はありませんが、外枠の馬が京都ほど極端な不利にもならないし直線も473mと長めのため、自ら外に持ち出して周る場合も多く、結局は直線で馬群がバラけやすいコースと言えます。

3コーナーの進入部は4コーナーに比べるとややきつめの角度になっているので、3コーナーまでに縦長の馬群になり、3角は出来るだけ小さく周り、コーナーで外をマクリ気味に上がって行って、直線ゴチャつかない外を一気に加速する…のが王道の攻略法と言えるでしょうか。

なので、それをちゃんと実現できる「阪神慣れ」した騎手が阪神では信頼度が高いですね。

阪神の芝1600mで行われる重賞はアーリントンカップを除けばチューリップ賞・桜花賞・阪神ジュベナイルフィリーズと2歳3歳の牝馬限定重賞・G1が行われるコースなので、牝馬にとって避けては通れない阪神コースへの適性が無いと2歳3歳の活躍が期待出来ません。

オークス優勝・秋華賞優勝・エリザベス女王杯優勝と3つのG1を勝ったメイショウマンボも、阪神ジュベナイルフィリーズ10着・桜花賞10着・関西TVローズステークス4着と阪神外回りでは全く活躍出来ていません。(G2フィリーズレビューは勝ったが1400mなので内回りコース)

阪神芝1600m 血統傾向

阪神芝1600mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

ディープインパクトを筆頭に、サンデーサイレンスの血を引く種牡馬の産駒は大体適性が合っていて好走率は高い。

ただし、そのぶん人気が集中する事もあって配当妙味は馬券的に必ずしも狙い目に適しているとは限らない。

サンデーサイレンス系で出走頭数も多い中ではダイワメジャー・アグネスタキオン・ネオユニヴァースなどは微妙。

サンデーサイレンス系以外だとキングカメハメハ産駒の成績が良く、人気薄で穴をあける実績もある。

あとデータの分母が少ないので今後の動向は見ないといけないが、ロードカナロア・オルフェーヴル・フランケルなどの新興勢力も人気馬の好走率はかなり良い。

阪神芝1600m 重・不良馬場

阪神芝1600m 騎手傾向

福永祐一騎手は昔から「牝馬の福永」と呼ばれるほど牝馬レースで実績があったんですが、この阪神芝1600mはチューリップ賞・桜花賞・阪神JF・阪神牝馬特別など牝馬の主要レースが多く、好成績も納得。

2018年にホープフルSがG1に格上げされるまで、武豊が唯一勝っていないG1は朝日杯FSで、これを書いている現時点でもまだ勝てていませんが、その朝日杯FSも舞台はここ阪神芝1600mなんですよね。

阪神芝1600m 重賞・OP

コースレコード 1:31.9

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├オープン特別データ
  └ダートグレード

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項