六甲ステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

六甲ステークスは阪神競馬場の芝1600mコースで行われるオープン特別競走です。六甲ステークス過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は2.2.2.4という成績で、正直あまり信用しすぎるのは危険かなという印象を受けます。

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
2 7 10 サトノアーサー 牡6 57 坂井瑠星 1:34.1 アタマ 7-5 35.0 3.1 1
4 8 15 クリノヤマトノオー 牡5 56 和田竜二 1:34.3 1.3/4 12-12 33.7 4.0 1
1 4 4 ロジクライ 牡5 56 浜中俊 1:32.9 3-3 34.1 3.1 1
1 4 4 アスカビレン 牝5 54 浜中俊 1:34.2 7-8 33.8 2.6 1
5 4 8 ガリバルディ 牡5 56 シュタル 1:33.3 クビ 5-2 34.3 2.0 1
3 6 11 ヒストリカル 牡6 57 松山弘平 1:35.3 アタマ 14-8 34.7 4.3 1
3 7 14 サトノギャラント 牡5 56 北村宏司 1:36.6 1.3/4 16-15 36.1 3.1 1
6 1 1 トーセンレーヴ 牡5 57 シュタル 1:34.2 ハナ 5-7 33.8 2.9 1
4 5 6 トウショウフリーク 牡5 56 岩田康誠 1:36.5 1 2-5 36.0 2.2 1
2 3 6 クレバートウショウ 牡5 56 武豊 1:34.1 3/4 3-3 34.6 4.2 1

こんな感じ。

波乱度

ものすごく堅い配当もないし、ものすごく荒れる年もない、でも過去に出現した配当の幅は結構大きいというちょっと変わったタイプのレースだと言えます。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2020 530 190
140
980
560 790 400
4,060
2,720
1,510 13,350 47,260
2019 1,110 320
190
250
1,900 2,270 890
1,550
890
5,100 7,300 45,350
2018 310 130
130
190
350 550 230
520
380
990 1,170 3,990
2017 260 130
400
160
410 2,740 960
300
1,090
4,000 2,900 15,050
2016 420 180
470
210
470 3,190 1,320
660
1,560
5,120 6,190 28,960
2015 520 200
190
160
1,790 1,950 720
540
550
3,880 2,570 17,390
2014 420 170
300
140
460 2,450 990
340
650
3,840 2,560 14,610
2013 2,520 530
190
300
1,920 5,700 1,900
3,530
1,020
14,470 17,030 119,510
2012 1,830 490
240
560
2,330 4,670 1,420
2,820
1,760
13,200 26,120 188,100
2011 1,240 340
200
350
1,790 1,920 770
1,900
800
4,650 7,510 49,530

配当的にもあまり平穏にすんなり人気同士で決まるというよりは、10番人気ぐらいまではどれが来ても不思議は無いような傾向がありますね。

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、勝ち馬が多いのは内枠勢だけど、馬券に絡むのが多いのは外枠勢というちょっと変わった傾向があります。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

まあ勝ち馬が多いという事で内枠の方が若干有利ではあるんでしょうけど、あまりシビアに考える必要も無さそうに思います。

脚質の傾向を見てみると、逃げ馬と追い込み馬は勝ち馬が10年間出ておらずハッキリと劣勢なのがわかります。馬券に絡むのはほとんど先行馬と差し馬ばかり。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 優勢 優勢 劣勢

阪神競馬場の芝1600mコースについては、阪神 芝1600m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

予想のヒント

ローテーションの読み

4歳以上のレースですが、馬券の中心は断然5歳6歳で、7歳以上の馬が馬券に絡んだ事は2014年以降ゼロ。以前に2着が1回ある程度ですが、これが1番人気の7歳馬ですから、人気にもならないような高齢馬はとりあえず軽視して大丈夫という傾向にありそうです。

あと、関東馬はここ5年では3着に入るのがやっとという程度の活躍です。6年前の1600m戦に変更されたばかりの年は1着と3着が関東馬だったのですが、近年は関東馬が苦戦中です。

関東だと翌週まで待てば中山競馬場で芝1600mのG3「ダービー卿チャレンジトロフィー」が行われるので、重賞でもまだまだイケる!という関東馬はそちらを目指すのが自然。

なので、わざわざ関西のオープン特別まで輸送してくるという事は、重賞じゃ厳しいレベルの馬って事だと推測できます。

G3で10着になったら賞金は76万円(正確には出走奨励金)、六甲ステークスなら8着でも138万円、ダービー卿チャレンジトロフィーには安田記念やマイラーズCに出走していくような強豪が集まる事を思えば、当然輸送してでも六甲ステークスに出た方が稼ぎは増やしやすいですよね。

なので六甲ステークスに出走してくる関東馬は、基本的にはあまり怖い存在ではない場合が多いです。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

競馬で稼ぐというライフスタイル

競馬予想がむずかしい…、当たっても配当が安くてトータルでプラスにならない…、そんな悩みはサッサと解消して、あなたも一緒に競馬で稼ぎませんか?

2020/11/01 河口湖特別

824,970円

これ以上競馬で負けたくない!という人は、今すぐ下の赤い「詳細を見る」のリンク先を読んでみてください!

私からのプレゼントです!

累計1万900名以上が読んだ無料レポート『競馬必勝法はじめの第一歩』差し上げます!

このレポートだけでも充分あなたにとって有益だと思いますが、さらにメルマガを読み続けてくれた方にはこっそりと…

  • 誰でも馬券回収率が57%アップしてしまう方法とは?
  • 競馬予想会社の闇手口を全て暴露!
  • 馬券でほぼノーリスクで100万円儲けた話
  • 競馬予想アプリの罠を無断で公開します!
  • 初心者でも三連単で簡単に勝ちまくる話
  • 上級者の勝ち組だけが知ってる予想ファクターとは?

などなど、上記はほんの一部ですが、そういう表には出てこないような裏話も公開していきたいと思います。興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。1分以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない時は迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除ができます。他のサイトとは違い迷惑メールは送りませんし、去るもの追わずで気持ちよく即時に解除できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする