\

名古屋競馬場特徴と傾向

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

名古屋競馬の特徴や傾向について解説していきます。名古屋競馬場は1周距離が1,180mで幅員30mの右回りコース、最後の直線は240mでフルゲートは12頭となっています。

もくじ

詳細

名古屋競馬場の重賞一覧

名古屋競馬の重賞の中でも、高額賞金に設定されている主要レースは以下の通り。

コース特徴

※名古屋競馬場は1周1,180mで、どちらかと言えば小回りに分類されるコースで、ダートコースの砂は愛知県瀬戸市産の白砂、砂厚は不定でわりと頻繁に砂の補充をしているので、予想前には砂情報を要チェック!

※新・名古屋競馬場コース
新・名古屋競馬場コース図

名古屋競馬場の特徴はコーナー部分が短く、直線部分が長い。西日本の地方競馬場は1400mメインが主流だが、1500mがメインの距離、100m長いぶん他場よりもスタミナが要求されるようになる。

コーナー部分が短くレース全体のペースも早いため、マイペースで競馬できる外枠がわりと有利になりがち。

名古屋競馬場は、スパイラルカーブになってて、3コーナーはゆったりしててスピードが落ちず、4コーナーはきつくなってて遠心力で馬群が左右に散らばるから、馬群で脚を溜めていた馬が活躍できる。

旧コースとの違い

※名古屋競馬場は令和4年に名古屋市から弥富市に移転した。旧コースよりコーナー部分が短くなって、直線部分が長くなった。以前は直線が日本一短く、逃げ馬が圧倒的に有利だった、詳しくはYouTubeの動画にしているのでチェックしてみてね!

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

枠順・脚質傾向

名古屋競馬場での枠順と脚質別の成績を見ていきましょう。

1枠の成績は(1着112回・2着135回・3着124回・着外1225回)で、勝率は7パーセント・連対率は15パーセント・複勝率は23パーセントとなっています。

2枠の成績は(1着109回・2着111回・3着115回・着外1261回)で、勝率は6パーセント・連対率は13パーセント・複勝率は20パーセントとなっています。

3枠の成績は(1着125回・2着149回・3着135回・着外1187回)で、勝率は7パーセント・連対率は17パーセント・複勝率は25パーセントとなっています。

4枠の成績は(1着126回・2着138回・3着151回・着外1181回)で、勝率は7パーセント・連対率は16パーセント・複勝率は26パーセントとなっています。

5枠の成績は(1着196回・2着218回・3着217回・着外1667回)で、勝率は8パーセント・連対率は18パーセント・複勝率は27パーセントとなっています。

6枠の成績は(1着250回・2着223回・3着249回・着外1938回)で、勝率は9パーセント・連対率は17パーセント・複勝率は27パーセントとなっています。

7枠の成績は(1着334回・2着293回・3着274回・着外2081回)で、勝率は11パーセント・連対率は21パーセント・複勝率は30パーセントとなっています。

8枠の成績は(1着337回・2着323回・3着323回・着外2105回)で、勝率は10パーセント・連対率は21パーセント・複勝率は31パーセントとなっています。

下の表は枠を考慮しない脚質成績

逃げ先行差し追込
勝 率25%13%4%2%
連対率40%26%11%4%
複勝率50%38%20%8%

現状では「けっこう外枠が有利かな」という印象で、900m戦・1500m戦だと明らかに外枠馬の活躍が目立ち、1700m戦はほぼフラットですが、スタートから最初のコーナーまでが近く1枠は有利になりがち。

枠順の有利不利は砂の補充や整備によっても違ってくるので、以下の馬場傾向をチェックしてみてください。

最近の枠番別馬券数

日付12345678
2024/02/12221454513
2024/02/1331224579
2024/02/14215223513
2024/02/15303435810
2024/02/16423036711
2024/02/26203126118
2024/02/2702336757
2024/02/2843417386
2024/02/2933644646
2024/03/01153324612

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

人気傾向

名古屋競馬全体で各人気ごとの成績を調べてみると、以下のような結果になりました。(勝率は1着に来た割合・連対率は2着以内・複勝率は3着以内を表しています。)

名古屋競馬場での人気別の成績を見ていきましょう。

1番人気の成績は(1着678回・2着307回・3着182回・着外421回)で、勝率は42パーセント・連対率は62パーセント・複勝率73パーセントとなっています。

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:80%先行:74%差し:67%追込:60%となっております。

2番人気の成績は(1着340回・2着356回・3着239回・着外653回)で、勝率は21パーセント・連対率は43パーセント・複勝率58パーセントとなっています。

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:67%先行:63%差し:46%追込:47%となっております。

3番人気の成績は(1着195回・2着293回・3着254回・着外846回)で、勝率は12パーセント・連対率は30パーセント・複勝率46パーセントとなっています。

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:59%先行:50%差し:40%追込:22%となっております。

4番人気の成績は(1着125回・2着189回・3着252回・着外1021回)で、勝率は7パーセント・連対率は19パーセント・複勝率35パーセントとなっています。

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:45%先行:40%差し:29%追込:25%となっております。

5番人気の成績は(1着93回・2着134回・3着190回・着外1167回)で、勝率は5パーセント・連対率は14パーセント・複勝率26パーセントとなっています。

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:42%先行:28%差し:22%追込:19%となっております。

6番人気の成績は(1着72回・2着115回・3着174回・着外1220回)で、勝率は4パーセント・連対率は11パーセント・複勝率22パーセントとなっています。

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:30%先行:23%差し:24%追込:9%となっております。

7番人気の成績は(1着38回・2着72回・3着105回・着外1355回)で、勝率は2パーセント・連対率は7パーセント・複勝率13パーセントとなっています。

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:17%先行:17%差し:11%追込:10%となっております。

8番人気の成績は(1着17回・2着61回・3着79回・着外1395回)で、勝率は1パーセント・連対率は5パーセント・複勝率10パーセントとなっています。

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:10%先行:14%差し:9%追込:5%となっております。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

騎手傾向

名古屋競馬場での騎手成績を詳細に見ていきましょう。

JRA馬の騎手の成績は(1着20回・2着16回・3着18回・着外59回)で、勝率は17パーセント・連対率は31パーセント・複勝率は47パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は24回でした。

1番人気での成績(1着10回・2着9回・3着1回・着外4回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は70パーセントの予測となっています。

吉原寛騎手の成績は(1着0回・2着1回・3着1回・着外3回)で、勝率は0パーセント・連対率は20パーセント・複勝率は40パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は3回でした。

1番人気での成績(1着0回・2着1回・3着1回・着外1回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は0パーセントの予測となっています。

赤岡修騎手の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外0回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は0回でした。

1番人気での成績(1着0回・2着0回・3着0回・着外0回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は0パーセントの予測となっています。

吉村智騎手の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外1回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は0回でした。

1番人気での成績(1着0回・2着0回・3着0回・着外0回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は0パーセントの予測となっています。

下原理騎手の成績は(1着0回・2着1回・3着1回・着外1回)で、勝率は0パーセント・連対率は33パーセント・複勝率は66パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は1回でした。

1番人気での成績(1着0回・2着1回・3着0回・着外0回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は0パーセントの予測となっています。

岡部誠騎手の成績は(1着220回・2着159回・3着139回・着外499回)で、勝率は21パーセント・連対率は37パーセント・複勝率は50パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は331回でした。

1番人気での成績(1着133回・2着73回・3着39回・着外86回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は68パーセントの予測となっています。

加藤聡騎手の成績は(1着153回・2着118回・3着110回・着外642回)で、勝率は14パーセント・連対率は26パーセント・複勝率は37パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は146回でした。

1番人気での成績(1着67回・2着23回・3着15回・着外41回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は78パーセントの予測となっています。

今井貴騎手の成績は(1着131回・2着121回・3着114回・着外716回)で、勝率は12パーセント・連対率は23パーセント・複勝率は33パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は180回でした。

1番人気での成績(1着72回・2着33回・3着20回・着外55回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は68パーセントの予測となっています。

丸野勝騎手の成績は(1着151回・2着111回・3着116回・着外606回)で、勝率は15パーセント・連対率は26パーセント・複勝率は38パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は154回でした。

1番人気での成績(1着77回・2着22回・3着20回・着外35回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は85パーセントの予測となっています。

保園翔騎手の成績は(1着33回・2着16回・3着24回・着外179回)で、勝率は13パーセント・連対率は19パーセント・複勝率は28パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は28回でした。

1番人気での成績(1着14回・2着3回・3着3回・着外8回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は85パーセントの予測となっています。

宮下瞳騎手の成績は(1着77回・2着102回・3着128回・着外773回)で、勝率は7パーセント・連対率は16パーセント・複勝率は28パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は89回でした。

1番人気での成績(1着29回・2着12回・3着20回・着外28回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は55パーセントの予測となっています。

大畑雅騎手の成績は(1着104回・2着126回・3着98回・着外753回)で、勝率は9パーセント・連対率は21パーセント・複勝率は30パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は117回でした。

1番人気での成績(1着45回・2着23回・3着17回・着外32回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は65パーセントの予測となっています。

丹羽克騎手の成績は(1着46回・2着88回・3着75回・着外542回)で、勝率は6パーセント・連対率は17パーセント・複勝率は27パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は47回でした。

1番人気での成績(1着14回・2着15回・3着2回・着外16回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は50パーセントの予測となっています。

細川智騎手の成績は(1着75回・2着54回・3着68回・着外708回)で、勝率は8パーセント・連対率は14パーセント・複勝率は21パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は37回でした。

1番人気での成績(1着19回・2着7回・3着2回・着外9回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は87パーセントの予測となっています。

友森翔騎手の成績は(1着71回・2着73回・3着56回・着外615回)で、勝率は8パーセント・連対率は17パーセント・複勝率は24パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は59回でした。

1番人気での成績(1着32回・2着12回・3着3回・着外12回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は92パーセントの予測となっています。

塚本征騎手の成績は(1着119回・2着121回・3着113回・着外669回)で、勝率は11パーセント・連対率は23パーセント・複勝率は34パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は97回でした。

1番人気での成績(1着49回・2着17回・3着9回・着外22回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は85パーセントの予測となっています。

村上弘騎手の成績は(1着36回・2着40回・3着46回・着外284回)で、勝率は8パーセント・連対率は18パーセント・複勝率は30パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は35回でした。

1番人気での成績(1着17回・2着6回・3着4回・着外8回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は82パーセントの予測となっています。

山田祥騎手の成績は(1着65回・2着64回・3着59回・着外473回)で、勝率は9パーセント・連対率は19パーセント・複勝率は28パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は54回でした。

1番人気での成績(1着28回・2着11回・3着6回・着外9回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は88パーセントの予測となっています。

浅野皓騎手の成績は(1着65回・2着89回・3着80回・着外734回)で、勝率は6パーセント・連対率は15パーセント・複勝率は24パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は42回でした。

1番人気での成績(1着12回・2着11回・3着3回・着外16回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は48パーセントの予測となっています。

丸山真騎手の成績は(1着44回・2着35回・3着59回・着外547回)で、勝率は6パーセント・連対率は11パーセント・複勝率は20パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は26回でした。

1番人気での成績(1着10回・2着5回・3着5回・着外6回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は65パーセントの予測となっています。

加藤誓騎手の成績は(1着19回・2着23回・3着24回・着外507回)で、勝率は3パーセント・連対率は7パーセント・複勝率は11パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は4回でした。

1番人気での成績(1着2回・2着0回・3着1回・着外1回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は85パーセントの予測となっています。

木之葵騎手の成績は(1着48回・2着56回・3着55回・着外584回)で、勝率は6パーセント・連対率は13パーセント・複勝率は21パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は48回でした。

1番人気での成績(1着23回・2着6回・3着4回・着外15回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は81パーセントの予測となっています。

阪野学騎手の成績は(1着6回・2着8回・3着3回・着外88回)で、勝率は5パーセント・連対率は13パーセント・複勝率は16パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は5回でした。

1番人気での成績(1着3回・2着1回・3着0回・着外1回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は102パーセントの予測となっています。

柿原翔騎手の成績は(1着15回・2着18回・3着28回・着外272回)で、勝率は4パーセント・連対率は9パーセント・複勝率は18パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は8回でした。

1番人気での成績(1着4回・2着2回・3着0回・着外2回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は85パーセントの予測となっています。

陶文峰騎手の成績は(1着3回・2着4回・3着7回・着外57回)で、勝率は4パーセント・連対率は9パーセント・複勝率は19パーセントとなっています。1番人気~3番人気への騎乗回数は3回でした。

1番人気での成績(1着2回・2着0回・3着1回・着外0回)を維持した場合の将来期待される単勝回収率は113パーセントの予測となっています。

注目騎手

斤量の軽減システムのおかげか、距離を問わず女性騎手(宮下・木之前)の活躍は目立ちます。もちろん男性騎手も負けておらず(岡部・今井・加藤聡・塚本)あたりはよく馬券に絡んできます。

特にその中でも私は岡部騎手に一目置いています。その理由を話します。

新名古屋競馬場の開幕初日、内側の砂が深いためか、全馬が内ラチ(柵)からかなり距離をあけて走っているのが以下の画像でわかります。(一番右に写っているピンク帽ピンク服が岡部騎手)

新名古屋競馬場-開幕1日目
※画像はhttp://keiba-lv-st.jpより引用

これが1日目の最終レースなのですが、2日目の朝1レースでは…(先頭を走る黒帽の騎手が岡部騎手)

新名古屋競馬場-開幕2日目
※画像はhttp://keiba-lv-st.jpより引用

なんと内ラチギリギリのインコースを最初から最後まで走っていました。他の馬の騎手は全員が前日と同じように内ラチから距離をあけて走っていたにも関わらずです!

5番人気の馬をぶっちぎりの勝利に導きました。

馬場の整備によって砂の深さが調整されたのか、それとも元々騎手が思っていたほど内の砂は深くなかったのか、それは定かではないものの…

ともかく岡部騎手が真っ先に、名古屋の騎手で一番最初にそれを見抜いたのです!私はこれを見て感動しましたね。あぁ、これがトップに立つ人間の意識の高さなのか…と。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

血統傾向

どの種牡馬の産駒がどの程度馬券に絡んでいるのか、種牡馬ごとに馬券に絡んだ回数をカウントしたのが以下の表です。血統の系統別に馬名を色分けしています。

ヘイルトゥリーズン系
サンデーサイレンス系
ミスプロ系キングマンボ系
ノーザンダンサー系
エーピーインディ系

種牡馬名勝利回数
ロードカナロア49
マジェスティックウォリアー31
メイショウボーラー30
ダンカーク30
エピファネイア29
ルーラーシップ28
コパノリッキー28
ドレフォン27
キズナ26
ドゥラメンテ24
キンシャサノキセキ23
ダイワメジャー22
ラニ21
モンテロッソ20
ジャスタウェイ20
オルフェーヴル20
エイシンフラッシュ20
ホッコータルマエ19
ラブリーデイ18
カレンブラックヒル18
アジアエクスプレス18
アドマイヤムーン17
バゴ16
ハーツクライ16
ロゴタイプ14
ディスクリートキャット14
ストロングリターン14
シビルウォー14
ザファクター14
マクフィ13
トーセンジョーダン13
ディープブリランテ13
ダノンレジェンド13
キングカメハメハ13
フリオーソ12
シニスターミニスター12
ワールドエース11
ロージズインメイ11
ゼンノロブロイ11
ブラックタイド10
クロフネ10
クリエイター210
バトルプラン9
ネオユニヴァース9
シャンハイボビー9
イスラボニータ9
ディープスカイ8
エスケンデレヤ8
エイシンヒカリ8
ヘニーヒューズ7
パイロ7
ノヴェリスト7
ジャングルポケット7
エスポワールシチー7
アポロキングダム7
リアルインパクト6
プリサイスエンド6
パドトロワ6
ネロ6
トゥザワールド6
サウスヴィグラス6
アメリカンペイトリオット6
トランセンド5
トゥザグローリー5
ディープインパクト5
スマートファルコン5
スズカコーズウェイ5
アイルハヴアナザー5
ベストウォーリア4
トーセンブライト4
ダノンシャンティ4
タリスマニック4
サトノアラジン4
ローレルゲレイロ3
ベルシャザール3
バンブーエール3
ナムラタイタン3
タニノギムレット3
タイムパラドックス3
ゴールドアリュール3
ローエングリン2
リーチザクラウン2
ニシケンモノノフ2
スクリーンヒーロー2
インカンテーション2
アッミラーレ2
ヨハネスブルグ1
ベーカバド1
ステイゴールド1
スウェプトオーヴァーボード1
ジョーカプチーノ1
シンボリクリスエス1
エンパイアメーカー1
Tapit1
Dubawi1

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

名古屋競馬の馬のレベル

名古屋競馬所属の馬は、正直言ってレベルが高くはありませんね。もちろん名古屋でもトップクラスの馬になれば、賞金の高い園田の重賞で勝ち負けできる馬もいます。

でもダートグレードなどでJRAの馬に匹敵するほどの馬は滅多にいません。逃げ馬に厳しいコースに変えたのに、逃げ切りが連発するのを見てもわかるように、下級クラスになると本当に駄馬ばかりです。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※当ページへのリンクや、論文・SNSでの紹介などは大歓迎です。単なるコピペパクリなど引用の法的要件を満たさない記事泥棒的な転載は禁止です。

関連記事

新着レース

おすすめ記事

サイトメニュー

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
│ ├競馬必勝法
│ ├馬連 馬単 三連複 三連単 WIN5
│ ├追い上げ競馬
│ ├競馬勝つ方法
│ ├競馬確率統計
│ ├競馬新聞おすすめ
│ ├予想ファクター
│ ├夏競馬
│ ├ダート競馬
│ ├雨競馬
│ ├競馬初心者向け
│ ├競馬アプリ
│ ├馬データベース
│ └ご案内
競馬場特徴と傾向
│ ├札幌 函館 福島 新潟 東京
│ ├中山 中京 京都 阪神 小倉
│ ├地方 海外
│ ├大井 川崎 船橋 浦和
│ ├門別 園田 高知 佐賀
│ ├名古 笠松 盛岡 水沢
│ └金沢 姫路 ば帯
うまめし競馬ブログ
 └重賞過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ