アネモネステークス 過去10年データと傾向

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

アネモネステークスは中山競馬場の芝1600mで行われるオープン特別競走です。アネモネステークス過去10年間の配当・人気・枠順・脚質などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気は4.0.2.4

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
3 3 5 ルチェカリーナ 牝3 54 戸崎圭太 1:35.4 3 13-14-13 36.6 3.8 1
7 2 2 バルトリ 牝3 54 ヒューイ 1:35.9 クビ 10-9-7 36.2 2.9 1
13 1 1 アイワナビリーヴ 牝3 54 田辺裕信 1:35.9 ハナ 9-9-9 35.9 3.1 1
1 4 5 ハーレムライン 牝3 54 大野拓弥 1:35.5 2-2-2 35.2 2.7 1
1 7 14 ライジングリーズン 牝3 54 丸田恭介 1:34.7 12-15-8 35.1 3.1 1
6 1 1 メイショウタチマチ 牝3 54 柴田大知 1:35.9 1/2 8-11-11 35.2 2.6 1
1 7 14 テンダリーヴォイス 牝3 54 戸崎圭太 1:36.6 3-5-3 34.9 2.8 1
4 6 12 マーブルカテドラル 牝3 54 田辺裕信 1:36.4 アタマ 14-13-6 35.2 1.7 1
3 8 16 サクラディソール 牝3 54 横山典弘 1:35.0 1.1/4 2-2-2 36.1 3.3 1
1 7 13 パララサルー 牝3 54 北村宏司 1:39.6 12-12-13 37.2 4.0 1

こんな感じ。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2021 630 200
330
160
930 4,250 1,440
520
1,040
7,110 5,060 34,140
2020 1,790 390
570
170
2,680 11,280 3,280
900
1,500
25,020 14,470 133,290
2019 350 150
200
200
980 1,140 380
400
790
1,950 2,360 10,120
2018 270 120
150
260
540 520 250
650
890
910 2,410 8,420
2017 310 130
160
220
800 890 360
380
700
1,550 2,520 9,310
2016 650 210
2,180
200
4,660 36,190 10,570
880
7,410
61,900 60,640 479,610
2015 280 120
150
190
530 680 280
440
470
1,140 1,680 5,030
2014 2,770 820
510
720
1,230 9,500 2,480
3,290
2,950
24,280 45,680 356,450
2013 360 150
150
140
630 720 290
270
310
1,370 870 4,100
2012 400 190
650
2,780
3,810 5,590 2,050
9,820
18,100
8,700 220,280 1,061,060
2011 390 120
110
220
260 260 140
560
330
770 840 3,960

こんな感じ。

歴代優勝馬

1着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
1 5 8 アナザーリリック 牝3 54 津村明秀 1:34.8 10-11-4 36.3 6.3 3
1 6 7 インターミッション 牝3 54 石川裕紀 1:35.5 5-5-4 36.3 17.9 6
1 6 12 ルガールカルム 牝3 54 三浦皇成 1:34.4 4-4-2 35.0 3.5 2
1 4 5 ハーレムライン 牝3 54 大野拓弥 1:35.5 2-2-2 35.2 2.7 1
1 7 14 ライジングリーズン 牝3 54 丸田恭介 1:34.7 12-15-8 35.1 3.1 1
1 6 11 チェッキーノ 牝3 54 柴山雄一 1:35.5 8-6-4 35.2 6.5 3
1 7 14 テンダリーヴォイス 牝3 54 戸崎圭太 1:36.6 3-5-3 34.9 2.8 1
1 1 1 ペイシャフェリス 牝3 54 川島信二 1:36.0 1-1-1 35.8 27.7 7
1 3 5 クラウンロゼ 牝3 54 三浦皇成 1:34.7 6-5-3 35.3 3.6 2
1 7 13 パララサルー 牝3 54 北村宏司 1:39.6 12-12-13 37.2 4.0 1

2着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
2 3 4 ジネストラ 牝3 54 北村宏司 1:34.9 3/4 2-3-2 37.0 11.5 6
2 8 12 フィオリキアリ 牝3 54 藤井勘一 1:35.5 アタマ 12-12-10 35.2 20.1 7
2 7 13 レッドアステル 牝3 54 戸崎圭太 1:34.5 3/4 7-6-5 34.7 6.3 3
2 1 1 レッドレグナント 牝3 54 戸崎圭太 1:35.7 1.1/2 1-1-1 35.5 3.9 2
2 3 6 ディアドラ 牝3 54 シュタル 1:34.8 1/2 9-7-5 35.7 5.4 3
2 8 16 アッラサルーテ 牝3 54 石橋脩 1:35.7 1.1/4 1-1-1 35.8 124.3 14
2 1 2 メイショウメイゲツ 牝3 54 吉田豊 1:36.7 3/4 5-3-5 35.1 4.3 2
2 4 8 ニシノミチシルベ 牝3 54 戸崎圭太 1:36.3 1.3/4 7-5-2 35.6 14.0 3
2 1 2 ジーニマジック 牝3 54 田中勝春 1:34.8 3/4 2-3-3 35.6 4.4 3
2 5 10 マイネエポナ 牝3 54 吉田隼人 1:39.8 1.1/4 1-2-2 38.3 23.1 10

3着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
3 3 5 ルチェカリーナ 牝3 54 戸崎圭太 1:35.4 3 13-14-13 36.6 3.8 1
3 6 8 フェルミスフィア 牝3 54 丸山元気 1:35.7 1 5-7-5 36.3 4.6 2
3 5 10 ユナカイト 牝3 54 津村明秀 1:34.8 2 9-9-7 34.8 6.9 4
3 2 2 ノーブルアース 牝3 54 内田博幸 1:36.0 2 7-8-7 35.3 13.2 6
3 6 12 スズカゼ 牝3 54 大野拓弥 1:34.9 3/4 2-2-2 36.2 10.0 5
3 5 10 ペプチドサプル 牝3 54 古川吉洋 1:35.7 アタマ 3-4-4 35.5 5.2 2
3 2 3 アドマイヤピンク 牝3 54 柴田善臣 1:36.9 1.1/4 15-15-15 34.5 6.8 4
3 3 5 ウエスタンメルシー 牝3 54 武士沢友 1:36.4 1/2 13-13-11 35.2 23.6 6
3 8 16 サクラディソール 牝3 54 横山典弘 1:35.0 1.1/4 2-2-2 36.1 3.3 1
3 5 9 クッカーニャ 牝3 54 武士沢友 1:39.9 クビ 10-8-9 37.8 122.2 15

枠順・脚質傾向

枠順傾向について調べてみると、1枠の勝率が抜けていますし内枠有利な様相です。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

脚質の傾向を見てみると、逃げ・先行タイプが優勢なんですが、馬券圏内に逃げ粘ったのは人気薄の馬ばかりで、上位人気の馬で馬券に絡むには先行タイプがほとんどでした。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

内枠が有利と言えども上位に来れるのはある程度人気がある馬が殆どで、人気薄の弱い馬が内枠を引いても馬群に包まれて何も出来ずに終わるパターンが多いですね。外枠の場合は逃げや追い込みのような極端な脚質の方が上位に来ている印象があります。

つまり外枠の馬は馬群に包まれずにマイペースで動きやすい分、展開が人気馬に向かなかった時に穴馬として浮上しやすいという事でしょう。

中山競馬場の芝1600mコースについては、中山 芝1600m 傾向で詳しく解説しています。

逃げ馬

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
11 7 12 カイトゲニー 牝3 54 石川裕紀 1:36.5 同着 1-1-1 38.9 15.4 7
8 4 4 インザムービー 牝3 54 石橋脩 1:36.0 3/4 1-1-1 37.7 29.3 8
16 4 8 アヴォンリー 牝3 54 野中悠太 1:37.3 7 1-1-2 38.7 122.8 15
2 1 1 レッドレグナント 牝3 54 戸崎圭太 1:35.7 1.1/2 1-1-1 35.5 3.9 2
7 1 2 ショーウェイ 牝3 54 松若風馬 1:35.3 3/4 1-1-1 36.8 20.0 7
2 8 16 アッラサルーテ 牝3 54 石橋脩 1:35.7 1.1/4 1-1-1 35.8 124.3 14
6 2 4 パイナワレア 牝3 54 大野拓弥 1:37.1 クビ 1-1-1 35.8 114.4 13
1 1 1 ペイシャフェリス 牝3 54 川島信二 1:36.0 1-1-1 35.8 27.7 7
16 5 9 モーニングムーン 牝3 54 木幡初広 1:37.6 1.3/4 1-1-1 38.7 148.9 14
2 5 10 マイネエポナ 牝3 54 吉田隼人 1:39.8 1.1/4 1-2-2 38.3 23.1 10

こんな感じ。

予想のヒント

3歳牝馬限定のレースなので、このアネモネステークスを勝った馬は高い確率で牝馬クラシック路線に出馬して行きますが、アネモネステークスで1番人気になり、なおかつ勝った馬でさえなかなかクラシックのG1では上位には来れません。

ましてやアネモネステークスで人気がなく、展開の恵みで勝っちゃったみたいな馬はクラシックでは殆ど通用しませんから、それだけ低レベルな馬の集まったレースなので、あまり上位人気に安心して金を突っ込めるレースとは言えないでしょう。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む