クイーン賞 過去データ 傾向 予想のヒント【船橋競馬】

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

クイーン賞は船橋競馬場の1800mで行われる牝馬限定のダートグレード重賞です。クイーン賞過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気は5.2.0.3

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
2 5 8 アッシェンプッテル 牝4 54 藤岡佑介 1:51.9 2.1/2 9-9-8-8 37.5 3.3 1
5 3 3 アンデスクイーン 牝5 56 O.マー 1:54.3 クビ 10-10-8-9 39.6 2.8 1
10 7 9 プリンシアコメータ 牝5 56 C.デム 1:56.3 1 4-4-3-4 43.4 2.4 1
1 2 2 プリンシアコメータ 牝4 55 岩田康誠 1:51.8 1-1-1-1 38.0 2.0 1
1 7 12 トロワボヌール 牝6 56 C.ルメ 1:53.8 4-4-3-2 40.0 3.0 1
2 1 1 トロワボヌール 牝5 56.5 C.ルメ 1:53.7 クビ 3-3-3-3 38.2 1.7 1
1 5 7 トロワボヌール 牝4 55 戸崎圭太 1:53.0 7-7-4-4 39.0 1.7 1
1 4 4 アクティビューティ 牝6 55 吉田隼人 1:52.6 2-2-2-2 38.2 2.8 1
2 8 14 クラーベセクレタ 牝4 56 戸崎圭太 1:54.1 4 4-5-5-2 39.1 2.0 1
1 7 11 クラーベセクレタ 牝3 54 戸崎圭太 1:53.2 3-3-3-3 37.7 1.5 1

こんな感じ。

波乱度

馬連が堅い印象があるわりには3連単では偏った傾向はありません。3着は人気薄が来る可能性も高いって事ですね。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2020 350 160
170
650
820 620 350
1,710
2,270
1,360 11,850 43,810
2019 780 190
140
130
1,730 1,980 470
370
280
4,780 1,580 16,750
2018 250 120
170
250
710 690 280
610
1,160
1,200 3,970 13,700
2017 200 100
120
130
300 300 160
190
290
570 520 1,700
2016 300 140
310
430
1,300 1,480 580
850
3,240
2,300 7,710 24,520
2015 810 200
110
210
790 770 330
1,100
320
2,030 2,250 13,770
2014 170 100
160
140
620 650 220
170
400
790 700 2,140
2013 280 150
660
270
6,220 6,180 1,660
510
4,520
8,500 11,920 74,100
2012 1,000 250
120
2,730
880 1,190 450
18,450
8,500
3,600 72,280 427,330
2011 150 100
200
160
610 690 310
210
560
960 890 3,120
2010 330 150
140
1,530
430 630 260
6,650
7,270
1,270 26,720 85,280

こんな感じ。

枠順・脚質傾向

枠順の傾向はやや外目の枠の馬が頻繁に馬券に絡んでいるのですが、枠順よりは先行出来るかどうかの方が結果には直結しているようです。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢 優勢

過去10年では逃げ馬の馬券圏内逃げ残り率が6割で、逃げ馬が大敗した年でも1着2着はまず先行馬で決まっているので、先行出来る馬はかなり有利と言えそうですね。差し・追い込みは大体来れて3着までといったところ。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

船橋競馬場の1800mコースの特徴については、船橋1800m特徴でも詳しく書いているので、良かったら参考にしてみてください。

予想のヒント

地方馬もバンバン馬券に絡んで来ますし、関東馬も関西馬も上位に来ます。高知競馬の12番人気の馬が3着に突っ込んで来た事もあり、ダートグレードの中でも地方馬が軽視出来ないレースなのは確かですね。

馬齢を見ても3歳から7歳まで馬券にはどの年齢でも結構絡んでいますが、勝ち切る事が多いのは圧倒的に3歳馬が多くなっています。

歴代勝ち馬の前走を見ると、JBCをはじめとするダートグレードで勝つか、負けても上位に入線した馬ばかりで、あと例外的なのは2016年のディアマイダーリンだけは中央競馬の芝のG1である秋華賞13着からの初ダートで勝ちました。

上記のデータをまとめると、とりあえず近走の実績を重視して、先行できる馬を中心に馬券を組み立てるのがセオリーとなりそうですね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む