根岸ステークス 過去データ 傾向

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

根岸ステークスは東京競馬場のダート1600mコースで行われる重賞です。根岸ステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気が3勝と信頼度はやや低めで、2着に粘ったのを入れると6連対ですが、3着は1回もありません。

うまめし偏差値:55 Fタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は55のFタイプ(フラット)で、過去10年間の開催の内7割が3連単で2万円から10万円台の範囲に収まっています。馬連万馬券は1本だけで、3桁配当から5000円前後が多く強烈な配当はありません。

枠順傾向

枠順の有利不利の傾向はどうかというと、内枠・中枠・外枠ともに満遍なく出現している感じではありますが、大きく分けると若干内枠の方が有利かなという程度。

2017年は2枠→3枠→7枠の順で決着し、傾向にぴったりの結果でした。

馬齢傾向

馬齢を見てみるとダート路線らしく6歳以上の高齢馬がブイブイ言わせて、まだまだ若いもんには負けん!と過去10年馬券に絡んだ30頭の内半数以上の16頭が6歳以上です!

ただ、馬券の回収率という点で見ると4歳5歳の世代に分があります。

2017年は5歳→7歳→5歳の順で決着しました。

斤量傾向

斤量では58キロ以上の負担重量になると、絶対数が減るというのもあるんですが、やはりちょっと人気してても頼りない結果になるケースが多いですね。58キロ以上とかになると馬券には絡めても過去10年で1回も1着が無いって事は、まあそういう事なんでしょう。

馬券に絡んだ回数で言えば56キロ・57キロが多いのですが、パーセンテージで言うと55キロがもっとも高く、斤量は重すぎなければ神経質にならない方が無難かも知れません。

2017年は56キロ→58キロ→56キロの順で決着しました。

脚質傾向

脚質ではダートとは言え、差し・追い込みがズバズバ決まっています。逃げ馬は苦戦気味で、逃げるタイプよりは好位で競馬できるタイプの方がハマりそう。

2017年は14番手→6番手→15番手と追い込み勢が上位に。

あとは過去7年間は馬券圏内に入った馬は全て関西馬でした。

東京競馬場のダート1400mコースについては、東京ダート1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする