中京競馬場芝2000m
特徴と傾向

最終更新日:

YouTubeで登録者数1.8万人のうまめし競馬チャンネルを運営しているうまめし君です!

中京競馬場の芝2000メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

中京競馬場-芝2000mコース図

もくじ

競馬場特徴の一覧に戻る
札幌 函館 福島 新潟 東京 中山 中京 京都 阪神 小倉 地方 海外

中京芝2000m 重賞・OP

中京芝2000m 枠順・脚質

脚質とは?

2023年1回開催以降、中京競馬場の芝2000メートルコースの枠順別の脚質成績データを見てみると…

1枠の成績は(1着5回・2着8回・3着7回・着外53回)で、勝率は6パーセント・連対率は17パーセント・複勝率は27パーセントとなっています。 道悪実績

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:25%先行:29%差し:35%追込:17%となっております。

2枠の成績は(1着6回・2着11回・3着10回・着外53回)で、勝率は7パーセント・連対率は21パーセント・複勝率は33パーセントとなっています。 道悪実績

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:33%先行:54%差し:27%追込:0%となっております。

3枠の成績は(1着6回・2着4回・3着5回・着外68回)で、勝率は7パーセント・連対率は12パーセント・複勝率は18パーセントとなっています。

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:0%先行:37%差し:15%追込:3%となっております。

4枠の成績は(1着8回・2着5回・3着6回・着外65回)で、勝率は9パーセント・連対率は15パーセント・複勝率は22パーセントとなっています。好枠 逃げ警戒

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:57%先行:37%差し:14%追込:0%となっております。

5枠の成績は(1着9回・2着8回・3着5回・着外71回)で、勝率は9パーセント・連対率は18パーセント・複勝率は23パーセントとなっています。好枠 道悪実績

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:37%先行:32%差し:28%追込:3%となっております。

6枠の成績は(1着9回・2着3回・3着8回・着外78回)で、勝率は9パーセント・連対率は12パーセント・複勝率は20パーセントとなっています。好枠 道悪実績

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:33%先行:24%差し:24%追込:10%となっております。

7枠の成績は(1着6回・2着9回・3着8回・着外86回)で、勝率は5パーセント・連対率は13パーセント・複勝率は21パーセントとなっています。 逃げ警戒

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:62%先行:28%差し:24%追込:5%となっております。

8枠の成績は(1着8回・2着9回・3着8回・着外89回)で、勝率は7パーセント・連対率は14パーセント・複勝率は21パーセントとなっています。

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:28%先行:34%差し:22%追込:3%となっております。

下の表は枠を考慮しない脚質成績

逃げ先行差し追込
勝 率17%9%6%1%
連対率28%22%11%3%
複勝率36%34%18%4%

このデータを見る限りでは、内枠と外枠どちらが極端に有利・不利と言う事もなく、ポジションとしては中団よりは前めにつけられる馬が多く馬券に絡んでいる事がわかります。

1枠の逃げ馬が若干少ないようにも思いますが、まだもう少しデータの蓄積を待っても良いかなと言った段階でしょうか。枠順を問わず2桁ポジションの追い込み馬は厳しい競馬になっています。

枠順や脚質の有利不利は、レースメンバーのレベルによっても違って来るので、大きなレースなら重賞から個別のレースの傾向を見るとさらに効果的!

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

中京芝2000m コース分析

中京競馬場の芝2000mは中日新聞杯・金鯱賞・愛知杯などの重賞が行われるコースですが、そういう大きなレースは、このコースで行われるレース全体の1割未満のレース数で、殆どのコースデータは下級条件のレースで蓄積されています。

中京競馬場-芝2000mコース図

ホームストレッチの中ほどからスタートして馬場を1周するコースレイアウトになっています。最初のコーナーまでの距離は314mあって、これは本来極端に内枠・外枠ともに有利にも不利にもならない適度な長さだと言えます。先程の枠順データを見ても納得です。

ですが以前の統計データ上の勝率では最内枠が不利な傾向になっていて、内過ぎず外過ぎない程度の枠が窮屈にならず、距離ロスも少なく、動きやすい枠と言えそうです。

中京・芝2000mコースはスタート位置が坂道になり、向こう正面の中間まで緩やかに上り坂が続きます。これはレース序盤である程度のスピードを出さないといけない逃げ・先行馬にとっては嫌な条件と言えます。

中京競馬場-芝2000メートルコース-後方視点画像1.gif

上り坂からのスタート!例えば外枠ピンク帽の馬が先手を奪おうと思ったら、きつい上り坂をダッシュして他の全ての馬よりも前に出ないといけない!これはスタミナを削られます!

中京競馬場-芝-高低差
画像引用:JRA

しかも向こう正面を過ぎると最後の直線序盤までは下り坂が続き、ここで後方にいた馬がじわじわと加速をするのには丁度都合の良い造りになっています。

にも関わらず逃げ・先行タイプの馬の成績が悪くないのは、やはり下級条件でのレースが多く、差し・追い込みタイプの馬に強い馬が少ないからと考えられますね。

つまり重賞、例えば愛知杯(しかもハンデ戦)なんかだと、差し・追い込みタイプでも強い馬がいるし、逃げ・先行争いも激しくなり、下級条件のような前々で決まるレースばかりとは言えないでしょう。

それが如実に結果にも現れていて、まず人気同士で堅く収まる事なんて無いし、先行馬から追い込み馬まで何が飛んで来るやら予測がつきません。あれを理詰めで予想しようとするのが土台無理な話です。

しかし、これが金鯱賞になるとG1のステップに使うのに丁度良く、それなりに強い馬が出てくるので、馬券的に荒れるとしても、ある程度納得できる馬が来ます。

※2017年からは金鯱賞の開催時期が3月に変更になりました。恐らくG1昇格となった大阪杯のステップとして開催する思惑があっての事だと思います。(春開催だった中日新聞杯が昔のように年末に戻りました)

このようにレースの前提となる条件が違えば同じコースで走っても傾向は違ってきます。

中京芝2000m 人気傾向

2023年1回開催以降、中京競馬場の芝2000メートルコースの人気別成績データを見てみると…

1番人気の成績は(1着22回・2着15回・3着7回・着外13回)で、勝率は38パーセント・連対率は64パーセント・複勝率は77パーセントとなっています。

単勝1番人気の勝率はJRA全体の平均とほぼ同じで、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は83パーセント程度だと考えられます。

2番人気の成績は(1着13回・2着9回・3着7回・着外28回)で、勝率は22パーセント・連対率は38パーセント・複勝率は50パーセントとなっています。

単勝2番人気の勝率はJRA全体の平均とほぼ同じで、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は88パーセント程度だと考えられます。

3番人気の成績は(1着6回・2着7回・3着7回・着外37回)で、勝率は10パーセント・連対率は22パーセント・複勝率は35パーセントとなっています。

単勝3番人気の勝率はJRA全体の平均よりも低く、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は61パーセント程度だと考えられます。

4番人気の成績は(1着3回・2着9回・3着12回・着外33回)で、勝率は5パーセント・連対率は21パーセント・複勝率は42パーセントとなっています。

単勝4番人気の勝率はJRA全体の平均よりも低く、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は44パーセント程度だと考えられます。

5番人気の成績は(1着6回・2着2回・3着4回・着外45回)で、勝率は10パーセント・連対率は14パーセント・複勝率は21パーセントとなっています。

単勝5番人気の勝率はJRA全体の平均よりも高く、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は114パーセント程度だと考えられます。

6番人気の成績は(1着5回・2着5回・3着9回・着外38回)で、勝率は8パーセント・連対率は17パーセント・複勝率は33パーセントとなっています。

単勝6番人気の勝率はJRA全体の平均よりも高く、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は128パーセント程度だと考えられます。

下位人気のデータも見るには【ここ】を押してね

7番人気の成績は(1着2回・2着6回・3着3回・着外45回)で、勝率は3パーセント・連対率は14パーセント・複勝率は19パーセントとなっています。

8番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着4回・着外51回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は7パーセントとなっています。

9番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着1回・着外45回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は2パーセントとなっています。

10番人気の成績は(1着0回・2着1回・3着2回・着外39回)で、勝率は0パーセント・連対率は2パーセント・複勝率は7パーセントとなっています。

11番人気の成績は(1着0回・2着2回・3着1回・着外38回)で、勝率は0パーセント・連対率は4パーセント・複勝率は7パーセントとなっています。

12番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外36回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

13番人気の成績は(1着0回・2着1回・3着0回・着外26回)で、勝率は0パーセント・連対率は3パーセント・複勝率は3パーセントとなっています。

14番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外26回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

15番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外23回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

16番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外15回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

17番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外13回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

18番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外10回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

中京芝2000m 騎手傾向

2023年1回開催以降、中京競馬場の芝2000メートルコースの騎手別成績データを見てみると…

C.ルメール騎手の成績は0-0-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-2で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

坂井 瑠星騎手の成績は1-3-4-19で、1~4番人気での成績は1-2-4-6で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-13でした。

川田 将雅騎手の成績は12-6-1-6で、1~4番人気での成績は12-6-1-5で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

横山 武史騎手の成績は1-0-1-1で、1~4番人気での成績は1-0-1-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

松山 弘平騎手の成績は4-3-4-21で、1~4番人気での成績は4-3-2-12で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-2-9でした。

武 豊騎手の成績は1-0-1-7で、1~4番人気での成績は1-0-1-4で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-3でした。

西村 淳也騎手の成績は1-0-3-9で、1~4番人気での成績は0-0-3-3で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-0-6でした。

戸崎 圭太騎手の成績は0-0-0-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-3で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

岩田 望来騎手の成績は7-4-1-16で、1~4番人気での成績は3-3-1-5で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は4-1-0-11でした。

鮫島 克駿騎手の成績は4-1-0-16で、1~4番人気での成績は3-1-0-3で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-0-13でした。

田口 貫太騎手の成績は0-0-1-8で、1~4番人気での成績は0-0-1-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-7でした。

丹内 祐次騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

横山 和生騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

小林 勝太騎手の成績は0-0-0-5で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-5でした。

津村 明秀騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

松若 風馬騎手の成績は0-1-1-12で、1~4番人気での成績は0-1-1-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-12でした。

藤岡 佑介騎手の成績は2-0-1-4で、1~4番人気での成績は2-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-3でした。

浜中 俊騎手の成績は1-0-1-2で、1~4番人気での成績は1-0-1-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

和田 竜二騎手の成績は2-1-2-20で、1~4番人気での成績は1-0-1-3で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-1-1-17でした。

原 優介騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

菅原 明良騎手の成績は0-0-0-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-3でした。

西塚 洸二騎手の成績は1-2-3-5で、1~4番人気での成績は0-2-2-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-1-4でした。

武藤 雅騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

大野 拓弥騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

丸田 恭介騎手の成績は0-0-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

横山 典弘騎手の成績は2-2-2-8で、1~4番人気での成績は1-2-0-3で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-2-5でした。

岩田 康誠騎手の成績は1-0-0-7で、1~4番人気での成績は1-0-0-3で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-4でした。

勝浦 正樹騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

小林 美駒騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

他の騎手のデータも見るには【ここ】を押してね

川島 信二騎手の成績は0-0-1-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-1でした。

藤岡 康太騎手の成績は1-3-3-12で、1~4番人気での成績は1-2-0-3で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-3-9でした。

菱田 裕二騎手の成績は1-1-0-15で、1~4番人気での成績は1-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-14でした。

佐々木 大輔騎手の成績は0-1-1-6で、1~4番人気での成績は0-1-0-2で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-4でした。

池添 謙一騎手の成績は0-1-0-0で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-0でした。

幸 英明騎手の成績は0-3-5-14で、1~4番人気での成績は0-2-3-4で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-2-10でした。

北村 友一騎手の成績は0-2-0-1で、1~4番人気での成績は0-2-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

吉田 豊騎手の成績は0-1-0-0で、1~4番人気での成績は0-1-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-0でした。

三浦 皇成騎手の成績は1-0-0-2で、1~4番人気での成績は1-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

川端 海翼騎手の成績は0-0-0-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-4でした。

斎藤 新騎手の成績は0-0-1-11で、1~4番人気での成績は0-0-0-2で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-9でした。

団野 大成騎手の成績は1-1-2-15で、1~4番人気での成績は1-1-1-3で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-12でした。

吉田 隼人騎手の成績は1-3-4-18で、1~4番人気での成績は0-1-3-8で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-2-1-10でした。

柴田 大知騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

角田 大和騎手の成績は0-1-1-8で、1~4番人気での成績は0-1-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-7でした。

北村 宏司騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

古川 吉洋騎手の成績は0-1-0-5で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-5でした。

酒井 学騎手の成績は0-0-0-9で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-9でした。

黛 弘人騎手の成績は0-0-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-3でした。

秋山 稔樹騎手の成績は0-0-0-5で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-5でした。

国分 恭介騎手の成績は0-0-0-8で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-8でした。

荻野 極騎手の成績は1-0-0-9で、1~4番人気での成績は1-0-0-2で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-7でした。

角田 大河騎手の成績は3-2-1-13で、1~4番人気での成績は2-2-1-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-0-13でした。

今村 聖奈騎手の成績は0-0-0-9で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-9でした。

L.モリス騎手の成績は0-1-0-2で、1~4番人気での成績は0-1-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

丸山 元気騎手の成績は0-1-2-8で、1~4番人気での成績は0-0-1-2で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-1-6でした。

長岡 禎仁騎手の成績は0-1-0-5で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-5でした。

永島 まなみ騎手の成績は1-0-1-17で、1~4番人気での成績は1-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-16でした。

M.デムーロ騎手の成績は0-1-0-6で、1~4番人気での成績は0-1-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-5でした。

藤懸 貴志騎手の成績は0-0-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-3でした。

国分 優作騎手の成績は0-0-0-7で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-7でした。

藤田 菜七子騎手の成績は0-0-0-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-3でした。

亀田 温心騎手の成績は0-0-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

菊沢 一樹騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

松本 大輝騎手の成績は0-0-0-5で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-5でした。

鮫島 良太騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

加藤 祥太騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

黒岩 悠騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

小沢 大仁騎手の成績は0-0-0-7で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-7でした。

鷲頭 虎太騎手の成績は0-0-0-5で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-5でした。

富田 暁騎手の成績は1-0-1-13で、1~4番人気での成績は1-0-0-3で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-10でした。

江田 照男騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

河原田 菜々騎手の成績は1-0-1-11で、1~4番人気での成績は1-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-11でした。

永野 猛蔵騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

太宰 啓介騎手の成績は0-0-1-0で、1~4番人気での成績は0-0-1-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-0でした。

和田 翼騎手の成績は0-0-0-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-4でした。

城戸 義政騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

原田 和真騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

水口 優也騎手の成績は0-0-1-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-3でした。

川須 栄彦騎手の成績は0-2-0-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-2-0-3でした。

田中 健騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

的場 勇人騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

中京芝2000m 血統傾向

どの種牡馬の産駒がどの程度馬券に絡んでいるのか、種牡馬ごとに馬券に絡んだ回数をカウントしたのが以下の表です。血統の系統別に馬名を色分けしています。

ヘイルトゥリーズン系
サンデーサイレンス系
ミスプロ系キングマンボ系
ノーザンダンサー系
エーピーインディ系

種牡馬名馬券内①〜④人気⑤〜⑱人気
ディープインパクト30219
ハービンジャー26197
ドゥラメンテ25178
キズナ19118
エピファネイア19136
ハーツクライ18153
キタサンブラック17125
モーリス13130
シルバーステート1367
ルーラーシップ972
ロードカナロア871
オルフェーヴル844
ブラックタイド752
ジャスタウェイ761
ゴールドシップ615
ダイワメジャー550
イスラボニータ532
キングカメハメハ413
ミッキーアイル321
ノヴェリスト321
マクフィ220
ディープブリランテ211
スクリーンヒーロー220
リオンディーズ110
ヘニーヒューズ101
ドレフォン101
クロフネ110
キンシャサノキセキ101
エイシンフラッシュ110
アドマイヤムーン110
アイルハヴアナザー110

中京芝2000m 重・不良馬場

中京・芝2000mコースは重馬場になると、1番人気の勝率が下がっていて、ミスタープロスペクター系の種牡馬の産駒など、パワーのあるタイプの馬の活躍が少し増えます。重不良まで行くと内枠以外は苦戦が増える傾向があります。

ターフ状況

最近の枠番別連対数(芝)

日付12345678
23年04回03日13210401
23年04回04日10011322
23年04回05日11122102
23年04回06日11043210
24年01回01日14010132
24年01回02日11231013
24年01回03日20241203
24年01回04日13122012
24年01回05日23011221
24年01回06日34114001

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※当ページへのリンクや、論文・SNSでの紹介などは大歓迎です。単なるコピペパクリなど引用の法的要件を満たさない記事泥棒的な転載は禁止です。

関連記事

新着レース

おすすめ記事

サイトメニュー

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
│ ├競馬必勝法
│ ├馬連 馬単 三連複 三連単 WIN5
│ ├追い上げ競馬
│ ├競馬勝つ方法
│ ├競馬確率統計
│ ├競馬新聞おすすめ
│ ├予想ファクター
│ ├夏競馬
│ ├ダート競馬
│ ├雨競馬
│ ├競馬初心者向け
│ ├競馬アプリ
│ ├馬データベース
│ └ご案内
競馬場特徴と傾向
│ ├札幌 函館 福島 新潟 東京
│ ├中山 中京 京都 阪神 小倉
│ ├地方 海外
│ ├大井 川崎 船橋 浦和
│ ├門別 園田 高知 佐賀
│ ├名古 笠松 盛岡 水沢
│ └金沢 姫路 ば帯
うまめし競馬ブログ
 └重賞過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ