中日新聞杯 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

中日新聞杯は中京競馬場の芝2000mで行われるハンデ重賞です。中日新聞杯の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は4.2.1.3で、毎年のように多頭数、そしてハンデ戦という事を考えれば、まずまず頑張っている方でしょうかね。

うまめし偏差値:52 Nタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は52のNタイプ(ニュートラル)で特に荒れる傾向も堅い傾向もなく、ハンデ戦で人気が割れるので、人気薄が来ても思ったほどの配当の跳ねが無いですね。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 370 15830 264000
2017 540 1540 23260
2016 560 4140 251670
2015 800 1810 50580
2014 3070 6010 141450
2013 890 1470 17230
2012 1370 5510 54410
2011(小倉) 5510 17240 205710
2010(小倉) 220 1780 14000
2009 300 2420 86370
2008 560 10130 335420

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、ほんの少しだけ内枠の馬の方が馬券に絡んだ数は多いですが、微々たる差なので、今のところは内外フラットに考えても良さそうです。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 微差優勢 微差劣勢

脚質の傾向を見てみると、差し天国と言っても良いほど差し馬が馬券に絡む頻度が高く、逃げ馬と追い込み馬ははっきりと苦戦傾向。先行馬は勝ち切れないもののまずまずの結果は出しているので、中心は差し・先行。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 劣勢 優勢 劣勢

中京競馬場の芝2000mについては中京 芝2000m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

2018年

予想のヒント

斤量の傾向を見てみると、53キロ以下の馬は11頭いていずれも馬券実績なし。斤量が重くなればなるほど勝率がアップしている点には意識を向けておきたいですね。

馬齢の傾向を見てみると、4歳以下と7歳以上は勝ち切れない印象。中心は5歳馬と6歳馬。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする