リゲルステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

リゲルステークスは阪神競馬場の芝1600mコースで行われるオープン特別競走です。リゲルステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探って行きたいと思います。

過去10年間(7回)の払戻金データを見てみると、1番人気1.2.1.3良くも悪くもない平均的な印象を受けますね。ただ勝率は低いので気になります。

うまめし偏差値:50 Nタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は50のNタイプ(ニュートラル)で、特に堅い傾向も荒れる傾向も出ていません。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 320 10860 275490
2017 560 770 9260
2016 1340 3860 37360
2015 220 1050 7330
2014 730 1870 33770
2013 1060 3820 231320
2012 540 500 66250

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、枠の内外での差はそれほど大きくは無さそうなので、ほぼフラットと考えて良さそうですが、データ上は若干内枠が優勢ですね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

コース形状としては外枠からの差しが決まりやすいコースではあるんですが、逃げ先行・差しとバランスよく決まってる印象ですね。

ただポジションが10番手以降の追い込み脚質の馬だと、やっぱりリゲルステークスに出てくるレベルの馬の末脚だと届かない場合が殆どのようです。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 平凡 平凡 劣勢

阪神競馬場の芝1600mコースについては、阪神 芝1600m特徴にも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

2018年

予想のヒント

馬齢的には3歳馬の活躍がよく目立ちます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする