中京競馬場芝1200m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ここでは春のスプリント王を決めるG1、高松宮記念が行われる舞台でもある中京競馬場の芝1200mのコース特徴を分析して、馬券に役立てて頂きたいと思います。

中京競馬場の芝1200mはスタートから最初のコーナーまでが315mとほぼ京都競馬場と同じ程度の長さですが、最後の直線が412mもあり、直線部分だけで730m近くあるためコーナー部は470mしかありません。しかも上のコースレイアウト図を見てもわかるように、バックストレッチとホームストレッチは並行ではなく、F1レースなどでもお馴染みのいわゆる「ヘアピンカーブ」のような形状をしています。

それだけ外を通ってコーナーを通過した馬にとっては距離損が発生しやすく不利になりやすいコースだと言えます。しかし、統計をとってみるとわかりますが、実際には外枠の馬の方が上位に入線しているケースが多々見られます。

これはなぜかと言うと、先行した馬がバテて脚が止まって壁になった時に、インコースで馬群の中にいる馬は身動きが取れないのに対し、外枠で馬群の外にいる馬は脚が残ってさえいれば馬群から抜けだしてスパートしやすいからです。

つまり、内枠を引いたからという理由で無理に逃げれば最後の坂で脚が止まる。内枠にいるのに外の馬に先行を許すと馬群に包まれて動けなくなる。外枠から無理に先行するとスタミナを消費してしまい最後の直線でバテる。なので結局外枠から差しに構えていた馬が活躍しやすくなるという事です。

中京競馬4コーナーの攻防

最後の直線の長さが長いので、脚を残した差し馬にとってスピードを乗せやすいという事もありますし、スタートから100mを通過したあたりから3コーナー4コーナーと最後の直線の入口付近まで長い長い下り坂が続くため、コーナー部で一息入れる先行馬に対して、下り坂を利用して外から一気に加速してマクリに行きやすいという事もあります。

じゃあ外差しの馬を買ってりゃ良いのかと言うと、そんなに単純な話ではなく、やはりレースを一緒に走る出走メンバーの顔ぶれや能力なども考えないとダメです。いくら先行馬がバテたとしても、騎手がお馬鹿で外枠なのにわざわざインに潜り込んでいたり、差し馬・追い込み馬も大して切れ味の無い馬ばかりなら、当然先行馬がそのまま突っ込んで終わりです。

サクラバクシンオー産駒やディープインパクト産駒といったスピードや瞬発力が売りの種牡馬の成績は「並」と言ったところで、クロフネ産駒やスウェプトオーヴァーボード産駒のようなダートでも活躍馬を出すパワータイプの種牡馬の方がやや活躍する傾向にあります。

最後の直線の上り坂を駆け上がるには、やはりスピードだけではなく、ある程度パワーとスタミナも要求されるという事なのかも知れませんね。

競馬に絶対は無い!
…けど、馬券で毎月60万ぐらい稼ぐ方法ならあります。詳細はこちら
※人数限定のため急いでください!

私からのプレゼントです!

累計8300名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。30秒以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。内容が濃すぎて解除したくはならないとは思いますが、去る者追わずで気持ちよく簡単に解除できるので、気軽に申し込んでください。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項