レパードステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

レパードステークスは新潟競馬場のダート1800mコースで行われる3歳限定重賞です。レパードステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきましょう。

レパードステークスの過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は5.1.3.1とかなり信頼度は高めで、馬券圏内の複勝率という点では90%でした。

うまめし偏差値:47 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は47のBタイプで、基本的には比較的平穏な決着が多いんですが、荒れる時にはしっかり荒れるタイプのレースだと言えます。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 1070 23100 671670
2017 6630 95320 807250
2016 270 260 6040
2015 250 1050 49790
2014 330 5050 134570
2013 330 780 4970
2012 460 1230 7580
2011 290 570 61470
2010 330 1720 9470
2009 170 920 10050

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、3枠から7枠あたりぐらいまでが良さそうで、極端に内枠だったり極端に外枠だったりは若干不利なのかも知れませんが、全然馬券に絡んでないわけでもありませんから、あまり神経質になる必要は無さそうです。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

2018年は4枠→8枠→6枠の順で決着しました。

新潟競馬場のダート1800mコースについては新潟ダート1800m特徴でも詳しく書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向見てみると、基本的には先行馬がやや優勢ではあるものの、ダートの割には差しポジションや2桁ポジションからの馬券圏内もあって、極端に脚質によって傾向が出ているとは言いがたいレースだと言えます。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 微妙 優勢 優勢 劣勢

逃げ馬は2着が多いので悪くはないのかも知れませんが、勝ち馬が出ておらず、そのあたりがちょっと微妙かなという印象。

2018年は逃げ馬→6番手→3番手の順で決着しました。

予想のヒント

過去の勝ち馬の前走に注目してみると、やはり前走で重賞を走っている馬の活躍が目立ちます。また、過去10年間の勝ち馬の8割が「前走ジャパンダートダービー」または「前走ユニコーンステークス」組でした。

ただし、前走と今走の着順はあまり関連性が強く無く、前走の着順自体はあまり気にしない方が良いかも知れません。

以前は関西馬が圧倒的に優勢だったのですが、近年は関東馬の台頭が目立ち、これがたまたまなのか、それとも傾向の変わり目なのか、それをどう読むかも重要かも知れません。

2018年は関西馬のワンツースリーという上位独占でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする