新潟競馬場ダート1800m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

新潟競馬場のダート1800mコースの特徴について考察します。新潟ダート1800mコースはホームストレッチの観客席から見て左側4コーナー寄りからスタートして、馬場を1周してホームストレッチに戻って来るコースレイアウトです。

ダートコースなので内側の砂のコースを使用するのですが、新潟競馬場は高低差のアップダウンが殆ど存在しないためほぼ平坦な作りになっているのが特徴です。

新潟競馬場-ダート1800m

向正面側に若干の凸凹は存在するものの、中山競馬場のようなスタミナを削る上り坂や、急加速してしまうような下り坂はなく、ただただ平坦なコース。

平坦コースなので外枠の先行馬はスタミナをあまり気にせず先手を積極的に奪いに動きます。スタート地点から最初のコーナーまでの距離が388mもあるので、内枠の先行馬は外枠の先行馬に対して抵抗するよりは、サッと身を引く場合が多くなります。

すると馬群の隊列は外枠の馬が前で、内枠の馬は馬群の中に包まれる形になりやすいわけです。大体内枠の馬はポジションが後ろになり、なおかつ最後の直線も平坦なので先行馬がバテづらく結局そのまま内枠の馬は不発に終わるパターンは多いですね。

普通に考えると先行争いで外枠馬に譲った分、内枠の馬は退いて脚を残した(スタミナを温存した)わけですから、最後は伸びて来ても良さそうなものですが、実際にはそうならないんですよ。

なぜかと言うと、新潟競馬場というのがそもそも東京・中山が開催していない夏競馬の時期に関東のメイン場として使われるか、もしくは東京・中山が開催している時に第三場のローカルとして開催するかのどちらかになります。

夏競馬の時期は強い馬は休養に入りますし、東京・中山の開催時はそちらに強い馬は流れるので、必然的に新潟競馬場には弱い馬しか集まってきません。なのでいくらレース序盤でスタミナを温存しても、差し切るような末脚を持っていないのです。

これは先行出来なかった馬全般に当てはまる事で、大体は馬群が長い縦長になり、直線で1頭が後続を突き放し、差し馬が長めの直線で上がって来るも届いて3着か2着がせいぜい…というパターンが多いのです。

もちろん、これは競走のクラスが上がれば違った傾向が出てくるのですが、その上級クラスの競走がほとんど無いって事ですね。

競馬に絶対は無い!
…けど、馬券で毎月60万ぐらい稼ぐ方法ならあります。詳細はこちら
※人数限定のため急いでください!

私からのプレゼントです!

累計8300名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。30秒以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。内容が濃すぎて解除したくはならないとは思いますが、去る者追わずで気持ちよく簡単に解除できるので、気軽に申し込んでください。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項